年末の挨拶

こんたっく。

2012年もいよいよあと14時間となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
どんな形で新年を迎える予定でしょうか。

年内のブログ更新はこれで最後になります。
いつもなら一年を振り返るところですが、四周年の記事ですでに大まかに振り返ってるので今回はいいかな、とw

今年一年がよかった人も悪かった人も、2013年はいい年になりますように。
来年もよろしくお願いします。


それでは、よいお年を。
スポンサーサイト

聖戦-jihad-


こんたっく。

この時期に戦いと言ったらこれしかないでしょうw
冬休み入って早々ですが、今日は早速、コミケに行ってきました。
前回に続き、「2季連続2回目」の参戦です。つまり冬は初。

先週からこの一週間天気予報をチェックしていた結果、結構雨の確率高かったので、レインコートなどを用意しつつ荷物の準備。



結論から言うと、今回もこんなに準備する必要なかったww
野球観戦に行かない分、これでも荷物減ってるんですけどね。
今日はむしろ天気よかったですからね。厚着してったから、暑かったくらい。
レインコートもカイロも使いませんでした。
あと、並ばないところしか選んで回らなかったから、手袋もネックウォーマーもタオルもDSも使わなかったw
水も食料も半分も消費しなかったね。わざわざホットレモン作ってったってのにw

今日は9時半起きの10時半出発。
前回から丸々1時間遅れの行動ですね。
「どうせ是が非でも欲しいものないし、今回は企業後にしてサークル回るのが先だからいっかー」とか思ってたら、目星をつけてたサークルとか企業の商品をことごとく目の前で買い逃すことになりましたwww
「まあ、逆に諦めもつくし」という言葉が強がりにしか聞こえないくらいにw

唯一の心残りは「秒速五センチメートル」のフィルムが買えなかったことくらいですね。
あれは欲しかった……(´;ω;`)

とまあ、そんな感じで写真見ながら振り返りますか。







  

「まじかるすいーとプリズム・ナナ」
なんでここだけこんなに写真あるんだろう、ってくらい写真があります。
すでに物販終了して人がはけてて撮りやすかったってのもあったかなw
普段このブログ見てる人は俺の趣味じゃなくて若干「ん?」と思ったかもしれないけど、画がカントクなのに加えて、公式で聴けるけど結構歌が好みだったりするんですよねー。

(今回、顔隠し用の画像は気にしないようにw)



「Navel」です。
新作が発売されたばかりで、それに準じたグッズが揃ってたけど、そこまで品切れになったり混み合ってたりはしなかった印象。



「戯画」です。
戯画の冬コミセットの中にある、KOTOKOのシングル(特に「Wing of zero」)が欲しかったんですが、残念ながら当日分は売り切れ。
正直ほかのグッズがそこまでいらなかったので……。
曲の方はいずれI'veのアルバムに収録されるでしょう。



「Lump of Sugar」
ここも新作出して間もないですね。
ナーサリィライム、タユタマなど、昔は結構好きだったんですが、今はあんまり……といったところ。



ちなみに、痛PCのサンプルが展示してありました。
萌木原先生の画がイイのは変わらないんだよなあ……。



「Leaf/AQUAPLUS」
今回もブースの前でちょっと並ぶだけでしたね。
以前よりも色んなブースに人が分散する(落ち目になってきてるとも言う……)ようになったのもあるけど、人員をしっかり確保してるか人がさばけてるのかな?
駅から会場までクリアファイルずっと配ってたし。





「ねこねこソフト」と「コットンソフト」です。
配置といい並びといい、夏と全く変わってない気がするんですがww(隣もまたうぃんどみるだったしw)



「TYPE MOON」
ここもあまり混んでなかった気がする。
まあ、他の企業ブースに物販が分散してたからねえ。



「MOON STONE」
ここも10周年ですか。
「Gift」がある意味転機だったのかな。
それまでは「あした出逢った少女」とか「何処へ行くの、あの日」みたいな、若干暗い感じのゲームが多かったのに。



「LILITH」は存在感あるなーww
こんなところで堂々とアサギのデモムービー流したり、お品書展示したりさすがですわw
でも、そこにも需要はあるわけで、結構人いましたねえ。



「Lass」と「feng」の合同です。
今度、Lassも「11eyes」以降ようやく新作出すみたいですね。
しかし、自分の中では3daysで止まっているというww
Tシャツ欲しかったけど、ブースの前に着いたと同時に「本日分完売」のシールを貼るスタッフの姿が(つД`)
あれ、この光景、夏もエスクードのところで見た気がするぞ?ww





「フロントウィング」と「あかべえそふとつぅ」と「NEXTON」です。
グリザイアやってないんだよなあ。



「ハイクオソフト」
今度出るのといい、なんでいまさら「さくらさくら」なんだろうって感じなんですけどね。
それよりも、「よつのは」の「のの」グッズは結構嬉しい人多かったんじゃないでしょうか。
「ののタソ、ののタソ」言ってたあの人は今何してるんだろうな……(遠い目)



「OVER DRIVE」
ギターのピックとか、むしろギターを売ってました。
まあ、「キラ☆キラ」とか作ってるところだしw



「日本マイクロソフト」
コミPoのデモやってました。
物販はソフト売ってるからさすがに高いwせめて、絵馬が



「インフィニットストラトス」
自分が行った時にはもう終了してましたが、相変わらずの盛況だったらしいです。



「Visual art's」
えい子先生とかnaoのアルバムとかちょっと気になったんですが、結局なにも買わず。
なんでカスタムメイドの曲が入ってないんですかねえ(憤怒)



「ニコニコ動画」
こんなところにまで出張ってきましたよ。
なんか自分の戦利品を晒す放送やってたみたいです。
自分も何かネタにできるようなもの買えればやってたかもしれないですけどw残念(残念か?)


と、こんな具合に各ブースを語ってるとキリがないので、あとは写真だけ載せてさーっと流します。





















なんか「鬼父」の画が可愛くなってるんですが、あれ?w


とまあ、こんな感じです。
ここまでの記事を書くのに相当気力使ったので、購入物(戦利品)の公開はまた今度。
実家帰ったときに更新できればいいけど、できるかなあ('A`)

「3日目にエロ同人誌購入して抜くまでがコミケ」ってエロい人が言ってたけど、自分のコミケは一足先に終了です。
2日目、3日目に参加する人は無理しない程度に無理するべしww

仕事納め

こんたっく。

とりあえず今日で今年の業務はすべて終了しました。

明日はコミケ行きます。
雨っぽいのでそれらの対策もしつつ準備。
貼るカイロをあると思って買ってこなかったらなかったのだけ誤算。
あとは何とかなるだろう・・・。

ひとまず企業ブーその出店概要を見直してるけど、「どうしても行きたい」ってところがないんだよなあ。
そっちのほうが楽なんだろうけど、改めて「ヲタ度薄まってるなあ……」なんてw

短いですが今日はこの辺で ノシ

「ラスト1」と「WA2」の話

こんたっく。

気付けば今年の出勤日も残すところ明日1日を残すのみとなりました。
今日は荷物が届く予定だったので、午後は気が気じゃなかったけど、明日は一日中きっと気が抜けてると思うw
年越しで仕事持たないようにするために先週のうちにある程度の仕事は片づけたので、急な用とか新しい仕事がなければ穏やかに過ごせる……はず。


さて、話は変わりますが、「WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-」が発売してから一週間が経ちましたね。
公式アカウントがRTしてるのもありますが、チラホラ聖地巡礼でフランスまで行ってる人も見ます。
クリスマスの時期にようやるわ('A`)
coda編の始まりがクリスマスだから、原作に忠実といえば忠実なんですけどね。

ただ、未プレイの身なのであれこれ言うべきじゃないと思うんですが、一応PC版やった身として改めて思うのが「残念」だなあ、ってこと。(※ここから先、ネタバレ含みます)
2周目以降にしか出ないイベントがOPムービーでもろに出てきてるのは以前にお話ししましたが、パッケージの裏側も注目。(ここにはサンプルになる画像がありませんが・・・)
雪菜が後ろから春希に抱きついてるシーンなんですが、これintroductry chapter編の冒頭とラストのシーンなんですよ。
しかも冒頭なんかわざわざ音声カットして、セリフのキャラ表記も雪菜のところは「???」にしてまで隠してるってのに。
未プレイの人は他の人に言われるか、introductry chapter編のラストまで来ないと気付かないのかもしれないけど、個人的にこの仕様はありえねえ。
プレイ中も「あの冒頭の女の子がどっちなのか」というのを考えながら(大体のキャラの性格と展開から予想するのはあまり難しくないのですが)、プレイするのも楽しみ方の一つだったんですけどね。→
ただひたすらに勿体ない。というか、楽しみ方を一つ失くした初見さんがかわいそう。

まあ、そもそも自分はコンシューマ移植とか逆移植とか好きじゃないし、FDのような番外編というかお祭り的な感じならともかく、完結した話をいじくりなおすのも基本的には反対(「真・燐月」みたいな例外もありますが。というか、あれは自分が望んでいたルートができたので、むしろよくやってくれた)です。
そりゃあ、見る目も厳しくなりますよ。好きな作品だからこそ余計に。

ちょっと偉そうに語ってしまいましたが、言わずにいられなかったので。


それではあと一日、無事乗り切りませう(゜∀゜)


WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

プロテクト考察【オリックスの場合】

はあ〜・・・

世間がクリスマスで幸せムードなのに嫌気がさすんじゃなくて、それ以上にバッドなニュースを知らされましたよ。
平野がFAでオリックス入りだってさ。
マジふざけんなよ('A`)
普通にしとけばそのまま自由契約もあり得たのに、わざわざ補償が発生するFAで獲った意味が分からん。

「来た以上は応援する」という前提で話するけど、BW時代から攻撃面に関しては「長打ない、走れない、粘れない」であまり評価してません。
守備も派手なプレーはあるけど、ルーキー時代のポロポロしてるイメージがどうにもぬぐえない。(守備に関しては、成長してるってことがデータとして表れているので、完全に印象なのは間違いないですが)
結果として、坂口と後藤のバックアップとしてしか見れない。ゆえに「いらない」
っていうか、小島と守備位置、プレースタイルがもろかぶりなんですが。
むしろ小島の方が当たれば飛ぶ(フライアウトも多いが)、走れる(盗塁できる)っていう点では小島の方が期待値高いんですけど。
年棒は球団が出すことだから、コスパとかはあまりうるさく言いたくないけど、それでも2年3億はたけーわ。

それよりも人的補償ですよ。問題は。
これもあるから、余計平野とってほしくなかったんだよ……。
「オリのプロテクト外の選手なんかいらんわ」って言ってる人もいるけど、正直阪神の控えだって今はどっこいどっこいだと思いますよ。
プロテクトから漏れた中で最優の選手なら、多分使いどころあると思います。
というわけで、勝手に自分でプロテクトの予想立ててみました。

原則ルールは


「以下の選手は人的補償選手として獲得する事ができない。」
・プロテクトした28名の選手。
・FA権取得により日本人扱いになった選手を含む外国人選手。
・直近のドラフトで獲得した新人選手。


「以下の日本人選手はプロテクト枠に含まれなければ人的補償の対象になる。」
・支配下選手登録されたFA獲得選手。
・支配下選手登録されたトレード・自由契約選手。
・複数年契約選手。

というわけで、以上の条件から先にプロテクト以外で外れる選手をあげると、

【対象外】ミンチェ、フィガロ、ハモンド、ディクソン、バルディリス、イデホ、松葉、佐藤、伏見、武田、森本、戸田

になります。
残った選手の中からプロテクトの選手を自分なりに28人予想してみると、

【投手(14人)】木佐貫、古川、佐藤野、東野岸田、金子、西井川、中山、海田、山田塚原、前田
【捕手(2人)】伊藤斉藤
【内野手(5人)】後藤、安達、大引、三ツ俣、小島
【外野手(7人)】坂口、駿太、宮崎端、野中T-岡田深江

かな、と。
ちなみに、残ったプロテクト外の選手をあげると、

【投手】桑原、小松、比嘉平井、鴨志田、高宮、吉野近藤、?橋秀、松本
【捕手】辻、庄司、横山
【内野手】梶本、原?橋信、縞田、堤山本
【外野手】赤田、竹原、中村

こんな感じになります。(諸々の定義を間違って解釈していたらごめんなさい)
この中から阪神が獲るなら、小松か比嘉か吉野じゃないかと思います。

ちなみに色分けしているのは
「赤=プロテクト確定」「オレンジ=プロテクト有力」「青=プロテクト外の可能性あり」「緑=プロテクトの可能性あり」
です

焦点の一つはトレードの選手の扱いをどうするかですね。
個人的には東野を外したいところだけど、万が一の保険をかけてプロテクトしておくかどうか。
他に外してもいいと思う選手は井川と斉藤。
井川は外した結果獲られてもしょうがないかと個人的に諦めはつくし、捕手は思い切って伊藤一人だけのプロテクトにするのもアリじゃないかと。
リーグが違うので、戦力を削る目的の選手獲得は阪神にとってあまりメリットないだろうし。
あと、野中のところは梶本と二択になりそうな気がします。
小島、宮崎、深江の3人は、シーズン終盤の使われ方からしてプロテクトされるんじゃないかと。
個人的な願望でいうと、上のリストの中から

(IN)小松、比嘉、梶本
(OUT)東野、井川、斉藤

が理想。


ここまで書いておいてなんですが、結果は金銭で終わりそうな気がする。
願望が混ざっていることは否定しませんが、阪神も西岡と福留獲ってるんでね。
福留は平野の分でトントンっていう計算をしてるかもしれないですけど。

正直、人的補償に関してはホークスから誰を獲るかよりも、阪神に誰を獲られるかのほうが気が気でしょうがない。

お知らせ

メリークリスマス!


さて、大したプレゼントではありませんが(というか、プレゼントと言っていいか分かりませんが)、以前予告した記事をアップしました。
過去ログのどこかにありますので、是非探してみてくださいw(一応全部の記事をさかのぼればそのうち見つかるってこと)

「どうしても見たい!でも見つからない!」という方は、トップページ左に記載されているアドレスを使用してTacまでご連絡ください。
そこまでするような記事に仕上がっているかどうか不安なところはありますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

Xデー前日

イブの夜、みなさんいかがお過ごしでしょうか。こんたっく。
特に予定のない自分は、今年も「オンリーロンリーグローリー」な夜を過ごしてます。

今日は昨日に続いて、一日中年賀状作って家から出てません。
なので、特にネタになるような話題もなし。
去年は日付間違えてチキンにケーキ買ってきたり、お好み焼き作って「和風クリスマスケーキや!」とか言って遊んでた気がするw

NHKの声優三昧聞きつつ、年賀状はひとまず会社関係だけ作成終了。
予想外に送り先が多くて、買ってきた年賀はがきが足りなくなったので、近しい友人や会社の同期、先輩後輩の分はまた明日。
三昧の方はダメもとで何曲かリクエスト送っときました。
採用率が相当厳しいので期待はできませんが。

他には、今日はイバンの実ほしさにクリスマスカップに参加して試合消化したくらいですかね。
今回はダブルバトル&使えるポケモンは伝説ありなんですが、メンバーはWCSと同じメンバーで。
さっさと1試合消化したかったんですが、初戦から切断ですよ。やってらんねー。しかも試合終了の結果が出た後。

(相手)カポエラー、パルキア、グラードン、白キュレム
(自分)ボーマンダ、ラグラージ、ハッサム、草ロトム

このメンツで乱数に助けられてるくせに負けるとか、センスないからやめた方がいいな。というか、切断するなら潜るな。
せっかく会心の逆転劇だったのに('A`)
勝敗決してるのに最後までやった挙げ句、結果出た後に切断とかやってらんねー。
切断はホント通報制にしろって。
何度も言うけど、この辺が改善されない限り、今後ガチで参加するつもりは一切持てん。

気付けば外もすっかり暗くなりましたね。
それでは、よいクリスマスイブを ノシ

休日語り

クリスマス前の連休に入りましたね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
予定はお決まりでしょうか。
幸せモードでしょうか。
Tacのココ(23日、24日の予定)、空いてますよ。

くだらない前振りでした。こんたっく。(挨拶)

今日は昼過ぎまで寝ながら雨が止むのを待った後、ちょっと買い物に出かけました。
昨日とは違ってまともなモノを買いにw
個人的にはいいものが見つかってよかったんですが、家に帰った後にちょっと気になるところを見つけまして……。
とりあえず、ダメもとで明日問い合わせてみようと思います。
対応してくれるようならまた出かけざるを得ないのかな……。
今日出かけたから明日明後日はひきこもれると思ったのに(つД`)
それとも、可能なら仕事帰りに寄ろうかなあ。
あまり遅くまで残業しなければ、今は年末で営業時間延びてるから行けるだろうし。
その分、平日の帰りが遅くなってしまうけど。

買い物だけ済ませたらさっさと帰る予定だったんですが、今日は偶然都合があって、その後大学時代の部活のメンバー数人と飲むことに。
同級生とは先月の結婚式の時に会ったけど、後輩に会うのも卒業以来だから約3年ぶりになるのかな。
やっぱり、全く変わらんねw
みんな就職先が決まったようで、よかったよかった。

帰りの電車では近くでリバースする人に遭遇してテンションダウン('A`)
ワインなのかカシスなのか、赤かったんで一瞬吐血したのかと思って、そっちの意味でもビビりましたよ。
被弾しなかったのが幸いでしたけどね。
嫌なモノ見た一方で「ネタ的においしいなー」とか若干思ったりw
うーん、この思考回路。ショート寸前どころの話じゃないね。
いや、これ以上話広がらないんですけどねww


さ、明日からどうやって過ごすかなー()
年賀状も作らないと('A`)

アキバ巡り

こんたっく。

ようやく一週間終わりですね。
今週はブログの更新も皆勤ですよ。(水曜の更新は日をまたいじゃってますが)

今日は仕事の帰りに諸々物色しにちょいとアキバへ。
結構イイ掘り出し物が見つかってホクホクでした。
ここには晒せませんけど、ひとつだけ晒すなら



スカイライダー(旧)見つけました。☆-(ノ゚∀゚)八(゚∀゚ )ノイエーイ
昔はパワーアップ後の方が鮮やかな色で好きだったんですけどね。
今はこっちの方が渋くて好きかも。
ショウケースにあった1/8スケールくらいのやつもちょっと欲しいと思ってしまった。
15kくらいするのを見てさすがに回避しましたけどwいや、でもちょっとだけ「出してもいいかも」と思った自分がいたw

と、ここまで振り返った時点で今日一か所寄ってくるの忘れてたw
今度はショウケースも欲しいなー、とか思い始めたりもしてますが、次行くとしたら年明けかな。


その他にも、今日は結構イベント(?)的なモノがありました。
まず、エスクードから今日発売になった「ヒメゴト・マスカレイド」の発売記念ガラポン。
これは着いた頃には終了してましたw
残念に思う一方、それだけ人が集まったのがなんか嬉しかったり。

次に「マテリアルブレイブ Ignition」(戯画)の公式体験会。
ソフマップの店頭でやってたのでフラッと並んでやってきました。
やってみた感じは、ちょっと動きがもっさりしてるような?
体験版のステージはサクッとクリアできる程度の難易度でしたが、難易度を体験版だけで語るのは野暮でしょう。
そして、体験会の参加特典をもらってきました。



缶バッジです。
絵柄はヒロインの中から自由に選べたんですが、最近某スレで「大人になったな〜(原画家の絵柄が変わった影響を特に受けた)」といわれていた「つぼみ」でww
個人的にはバルドスカイDive1の頃の絵柄に戻ってきているのでいいんですけどね。
Dive2→Xの変化の方がよっぽどひどかったw
けど、続きものであるならば、ロリ絵ならロリ絵で、むっちり絵ならむっちり絵で絵柄は統一してほしいですよね。

最後は、「PASTEL CHIME3」(アリスソフト)のプレビューガイドブック。



これもソフマップの店頭(マテブレ体験会のすぐ横)で配布してました。
主題歌のショートバージョンなどが収録された、プレビューCDも中にありました。



おにぎりくんの絵はいいね!
それにしても、リリアム(左下のピンク髪)がナリカに見えてしまうんだよなあw
中の人が青葉りんごだったら完璧だったんですが、民安です、はい。
ランスも闘神都市も大○○シリーズも、最近は若干勢いを失いつつあるような気がしますが、今作でその勢いを取り戻せるか見どころです。
これでダメなら残るは超昂シリーズしかなくなってしまう・・・。

この3連休をどうやって過ごすか(基本予定なしw)考えつつ、今日はこの辺で ノシ

『ヒメゴト・マスカレイド』応援中!

戯画『マテリアルブレイブ イグニッション』応援中!


アリスソフト“パステルチャイム3 バインドシーカー”応援中!



 

適当語り

こんたっく。

今日も寒いですね。
やっぱり昨日から寒さが変わった気がします。
今冬初めてヒートテックはいていきましたが、ちょうどよかったくらい。

さて、唐突に仕事の話なんですが、上司がまた入院しました。そして手術
なにこの急展開( ゜Д゜)
年内はこのまま不在だそうで、まだ業務に支障が来たり慌ただしい様子もありませんが、今後どうやることやら……。
年末年始の休みは予定通り取れそうですが。

今日も終われば今年も残すところあと10日ですね。
やり残しのないようにして気兼ねなく新年を迎えたいところ。
街中もせわしくなると思うので、くれぐれも変なことに巻き込まれないように気をつけたいです。
明日はクリスマスを過ごすための「何か」を買いにアキバに行こうかなー、とw
コミケのカタログもあれば買ってこようと思います。

適当語り

お腹痛い。寒い。死にそう。死ぬ。

こんたっく。

今日は仕事の後会社の飲み会行ってました。
なかなかいいお店だったんだけど、明後日で閉店っていうwww
カウンターでしゃぶしゃぶ食わせてくれたり、お酒も日本酒の果汁割とか種類豊富で結構良かったんですけどね。
ロックでガッパガッパ飲んでたせいで、帰りの電車でお腹にビッグウェーブ到来ですよ。
「乗るしかないこのビッグウェーブに」とか言ってる場合じゃない。
その波に乗ったらやばいからw(セルフツッコミ)

それにしても今日は寒かったですね。
朝家出てから、風の感じがなんか違うなー、と。
ようやく冬って感じだけど、明日以降、ずっとこんな感じが続くとなると辛いねw

転職

といってもDQやゲームの話じゃないですよ。残念。

今日はちょっとだけ真剣な話。
断っておくと、自分がするっていうわけじゃないです。

正直ここで語るかどうか悩むところではありますがこの前の忘年会の二次会以降で同期から「転職」の話が出ちゃったりとかしちゃったり。前々からあった話ではあるし、実際去年も……ね。

まず先に言っておきたいのは、今の時代転職くらい当たり前だし、悪いことだとか後ろ向きなことだとかは全く思いません。
自分の大学時代の仲間と話したり、かつて大学時代にやったことで「これなら活かせる」と思っていた自分の武器(持ち味)を100%活かせているかと考えたとき、ちょっとだけ自分も似たような悩みを持ちます。
実際、この話を切り出したやつの今いる部署は少々特殊な事情があって、不憫だと思う部分もある。
と同時に、今の自分が職場の中では恵まれているんだと感じます。

こういう悩みが出る人ほど、仕事に対して真剣だし頭いいんだと思います。自分の中で描く高い理想があるからこそ悩むっていうかね。
「生活していくための稼ぎを得る」だけでいいのか、「仕事を通して何かを成し遂げたい」のかとか、仕事への意識・捉え方でだいぶ変わるんだと思います。「ただ仕事が嫌だから辞める」とかそんな単純な理由じゃなくて。
そういう意味では、若い世代の方が上の連中よりもちゃんと会社の行く末について考えているし、危機感も感じてるんですよ。
ただ惰性で最低限やればいいことやってるだけの人たち(中にはそれすらできないで高給取りな奴もいる)よりはよっぽどまともですよ。

そういった考えや環境を全部踏まえたうえで、個人的に今は「我慢の時期」かなと思います。「去年と今年の自分を比べたとき、成長したか」ときかれれば「縦には成長していない(目に見えるスキルの成長やレベルアップはしていない。むしろ去年の経験でやりくりしてる)けど、横には成長した(仕事の範囲・知識・視野は広がった)。」とも言える。これも考え方の一つ。
正直今の会社の現状、先行きを見ていると腑に落ちない点はありますが、現状に不満を感じているからこそ、それを変えるチャンスを得られる立場をみすみす手放す手はないな、と。
もちろん、その機会が必ず回ってくるとは限らないし、来たとしてもいつになるのか、その時になって上手く立ちまわれるかというリスクや不安はあります。
でも「社内情勢が悪いから」とか「自分の望んだ仕事ができないから」とかの理由で辞めるのは、やっぱり自分の中では逃げなんですね。
やるならトコトンやりあった後で、打ちのめされてから去りたい。
そんなにカッコいいことにはならないと思いますけどねwむしろ泥臭いくらいでいい。
少し形は違えども、かつて描いていた将来の自分ややりたかったことを簡単には投げたくない。
普段周りの人には誰にも言いませんが、やるからにはそれ相応の野心は常に持っていたいですね。
逆にそういう熱が冷めたときが辞めどきの一つなのかも知れない。

あとは、単純に「簡単に現状からの脱却を決断できない」っていうのもあります。ぬるま湯につかるのを良しとしているつもりはありませんが。
年齢を重ねれば重ねるほど色々なかせができて身動きもとれなくなると思うので、早い判断が時には必要だし、動くなら今のうちっていうのも分かるんですけど、そんなにうまく立ち回ることもできない。

こういう話が出ると、その気はなくとも「やっぱり自分も……」なんて考えたくもなりますが、「どうせ一度しかない人生なら燃えて散って花火」ってTUBEも歌ってるじゃないですか。
会社がなくなったら、それこそ今度は趣味の世界で生きてみたいと思いますwそれだけ
そう簡単に燃え尽きるのも散るつもりもありませんが。
自分ももう社会人なんだし、何かを決断・行動するには常に大小のリスクがあるし、それに伴って責任も生まれますが、それを気にして何もできなかったら、今自分たちが批判してる連中と自分も何も変わらないんですよ。

そんなことをふと思う、(24)

適当語り

「年下の女の子に思いっきり甘やかされたい!!」

いきなりの暴言&完全なるエロゲ脳で本当にごめんなさい。こんたっく。(挨拶)

いやね、「理不尽なことには相手が誰だろうと食ってかかる」性分が久しぶりに発動して若干自己嫌悪ですよ。
自分が悪いとは思ってないけど、もう少しうまいやり方はあったなあ、と。
それで、なんか切り替えたいなーと思いましてw


さてさて、昨日色紙用のフレーム買ってきて、剥きだしだったサイン色紙をようやくちゃんと飾ることができたので記念にパシャリ。



決して手前のフィギュアたちがメインではないw
これだけ好きな選手のサイン持ってるのって結構幸せなんだなー、と思いつつ悦に浸る。

短いですが今日はこの辺で ノシ

適当語り

こんたっく。
先週は更新ペースを取り戻したかと思いきや、また一週間ぶりの更新になってしまいました。

この一週間はとくに語ることなし!(えー

月曜は実家に帰っていた関係で有休取ったのと、金曜に会社の忘年会があったくらいですかね。
今年は店の手配や出し物なんかはしなくてよかったんですが、結局当日手伝うことに。なんだかなあ。
出し物は、後輩が先週になって急に肺炎で離脱して、「最悪、Tacさんに出てもらうかもしれないです」とか言われたけど、当日になって離脱してた後輩も復帰して、無茶ぶりされることもなくてつつがなく終了。
別に、「振られた方がおいしかった」とか思ってないからな?w


他の話題といえば、萌えゲーアワードの大賞に「この青空に、翼を広げて」(PULLTOP)が選ばれたことくらいですしょうか。
ちなみに、銀賞は「グリザイアの迷宮」(フロントウィング)「真剣で私に恋しなさい!S」(みなとそふと)
妥当って言えば妥当ですね。やっぱPULLTOPつえーわ(2007年に「かにしの」で大賞受賞)、と。
先週出た新作「俺と彼女と恋人と。」もなかなかよさそうな感じ。
ただ「この青空に〜」ってくると「この青空に約束を-」(戯画)の方がいまだに先に思い浮かんでくるんですよねえw
最近はめっきりPCゲーのプレイ数が減った自分ですが、最近はこっそり裏で進めてるのが一本だけあったり。
今度同じメーカーから出る新作が気になってなったもので。(右側のバナー見れば推測できるかと)
今のところ一周終わらせましたが、まあ及第点かな、と。
レビュー(雑感)は気力があればいずれ。

「ture tears オールナイト上映会 in 六本木ヒルズ」に行ってきました

こんたっく。
今日は12月8日に行われた「ture tears オールナイト上映会 in 六本木ヒルズ」について語ろうと思います。
まず、タイムスケジュールはこんな感じ。



「オールナイト」の言葉通り、深夜から早朝にかけての時間帯ということと、本編はもう何回も見ていた事もあって、正直眠気が一番の不安材料でした。
長丁場でしたが、休憩時間の短い間に仮眠取ったりして、上映中も何とか寝ずに乗り切ることができましたw


さて、話は前後しますがトークライブについて語ります。(正直うろ覚えなので、若干質問内容とか回答が間違ってたりするかもしれないです。分かる方、教えてくださいm(__)m)

まず登壇者ですが、プロデューサーの永谷さん石動乃絵役の高垣彩陽さん湯浅比呂美役の名塚佳織さん仲上眞一郎役の石井真さんの4人。
最初の印象は「名塚さんでけぇ!」(←若干失礼)
ヒールのせいもあってか、一番大きかったんじゃないでしょうか。
それとイメージしていたのと雰囲気が違ったけど、髪型のせいかな?どうも髪を丸めてるイメージが強いので。
石井さんは終始カミカミな感じでしたねw一番緊張してる感じでした。
ちなみに、座席位置は左から永谷さん、名塚さん、高垣さん、石井さん



まず最初の質問は「一番印象に残ったシーン」
回答はそれぞれ

石井さん…13話で眞一郎が泣きながら「アブラムシの歌」を唄うシーン
名塚さん…5話で比呂美が眞一郎を部屋に招いて「おせっかいな男の子ってバカみたい」と言うシーン
高垣さん…1話の乃絵初登場シーン

石井さんの13話のあのシーン、アフレコでは声が枯れてしまうからという理由であの部分だけ別撮りしたらしいです。
そして、実は歌詞を間違えていたことが発覚。
確かに、放送当時に「あれ?なんかリズムと合ってないし歌詞違くね?」と違和感を覚えつつも、きっとそういう脚本だったんだろうと思っていましたが、まさか本当に間違えていたとはw
でも、あれはあれでいいんじゃないですかね。
あそこで綺麗に唄われるよりは、多少リズムとか音がズレてる方がなんか必死さというか熱が伝わってくると思いますし。

名塚さんのあげた5話のシーンってちょっと意外だったかも。
同じシーンをモノローグを変えて2回繰り返す手法が印象的だったという理由ではありましたが。
確かに、あれも初見の時は「放送事故か?」って思いましたからねw
印象に残るといえば残りますねw確かに。

自分が印象深いシーンってどれかなーと考えてみたんですが、けっこう悩みますね。候補は

?10話、眞一郎が自転車に乗って追いかけるシーン
?12話、踊りの最中、眞一郎の瞳の中に乃絵が映っているシーン
?13話、竹林で眞一郎が比呂美に(ry

見事に後半に集中してますねw
眞一郎が乃絵を選ぶのか比呂美を選ぶのか、誰のために何を考えて行動しているのか、自分の中ではどれも非常に気になるシーンでした。
その中であげるなら、?になるのかなあ、と。
前述の理由に加えて、過去の夏祭りでの「おいてかないで」があったうえでのあの場所で、っていうのが個人的には凄く感じ入りました。

次の質問は「演じたキャラクターの5年後の姿」
ちょうど大学卒業の時期ってことになりますね。回答は以下の通り

石井さん…絵本作家にはまだなりきれていない。まだ夢の途中
高垣さん…学者とかマイナーな職業
名塚さん…OL。バリバリのキャリアウーマン

眞一郎は情熱を持って自分のやりたいこと(絵本作家)に向けて努力してる途中だけどなかなか結果が出ず、「実家の仕事をそろそろ……」と言われてるだろう、とは石井さん談。
乃絵がマイナーな職業についてるだろうっていうのはなんか納得。
感性が非常に強いですしね。多分普通の仕事はしないんだろうなあ、と思います。(個人的には写真家とかエッセイストとかどうですかね?)
比呂美がOLっていうのも納得。
実際比呂美はきっと一人でも生きてけると思うんですよね。
それが一番の幸せかどうかは別にして。一番は仲上酒造で働いてくれれば(ry

ここで石井さんに新たな質問「5年後の乃絵と比呂美、結婚相手に選ぶならどっち?」
結果は比呂美。高垣さんはむしろ選ばれないことを喜んでいましたが、乃絵の母親ですかあなたはw
そして、石井さんは放送当時愛ちゃんが一番好きだったそうです。
理由は「(乃絵と比呂美の仲がギスギスしていて)愛ちゃん相手の時が一番落ちつくから」
確かに、あの3人の中では愛ちゃんが普通っぽいもんなー。
眞一郎の好みのセーター勝手に買っちゃう健気なところとか。
各々が愛ちゃんの魅力を語る中、高垣さんから「当時は愛ちゃん(+演じていた井口裕香さん)にそこまで興味なかった」発言がw
当時の撮影現場では、キャラクター同士の繋がりがほぼそのまま声優さん同士の繋がりになっていたらしいです。(高垣さんは兄の純役の増田さんとほとんど一緒だったらしい)
確かに、劇中での乃絵と愛ちゃんの絡みって、麦端踊りの練習の時くらいでしたかね?

そんな撮影現場ですが、声優さんの間でも各話のタイトルが誰のセリフなのか毎回予想していたらしいです。
やっぱり、誰でもやりますよねw
他には、「キャストに結末(眞一郎が誰とくっつくか)を前もって教えることはせず、アフレコ本で知ってもらった」とか「P.A.Worksが初の下請けだったこともあって、収録は毎週ではなく隔週だった」こととか、そんな裏話も聞くことができました。
ああ、そういえば1月のBD−BOXが出る前に、嘘かホントか分かりませんがLD化の話もあったらしいです。
パ○オニアの生産ラインが止まっていて断られたらしいですけどw

他にあった質問は「ttを見て感じたこと」「5年経ってttの見方がどのように変わったか」

名塚さん…学生の頃は非常に多感であるということ。今は、自分が母親になったこともあって眞一郎の母親目線で見てしまう
高垣さん…乃絵のように真心で感じるようになったこと。最近になってようやく客観的に見れるようになったこと
石井さん…初めは優柔不断でなかなか結論を出せずに悩む眞一郎を同じ目線で見ていたけど、最終話で「全部ちゃんとした」眞一郎を見て、「追い抜かれた」と感じたこと。

名塚さんの「眞一郎の母親目線で見てしまう」っていうのは、思わず笑ってしまったw
「自分の大事な子供が仲のいい異性とあんな感じだったら嫉妬してしまうかも」とかw
でもそうか、子供産んだんだもんなー。
石井さんは初めの頃は結構自分に近い目線で眞一郎のことを見ていたみたいですね。
ただ、一つだっけつっこませていただきたい。「ttみたいな経験、男ならありますよね?」って、んなわけあるかー!!
そうそう三角関係の当事者になれるかってのw
それと、石井さんは「自分が演じるキャラは父親に恵まれる」って言ってましたね。
ttでも父親のおかげで絵本作家を諦めることもなかったし。
他の作品でいうと、ファフナーとかGleeとか。
石井さんがファフナーと言った瞬間の場内の異様な盛り上がりww

それ以外には、舞台になった富山に関する話題とかもありましたね。
あとは、原作ゲームの製作元であるLa'crymaさんとの約束事や決めごと(「真実の涙」「女の子が涙を流す」)の話とか。
高垣さんの打ち上げの時の話とか色々。(高垣さんのttへの思い入れは周知の事実ですけどね)
14日のイベントでの質問事項をギャラリーから募集したりとか。
最後にCD−BOX化と設定資料集の告知も含めて、1時間半のトークショーはあっという間に終了。
(すいません、後半の内容端折りましたw)


さて、トークショーの後はいよいよ上映会です。
この時点ですでに15分以上押してた気がする。
映画のスクリーン、音響で見ると全然雰囲気違いますね。ある種の感動を覚えましたよ。
ただ、OP、EDの時間は眠気も相まって苦痛だった。カットしろっていうのも無理な話なのは分かるけどさw

既に何回も見た話ですが、繰り返し見るとまた違う印象を受けたりします。
「あれ、愛ちゃんこんなに話に絡んでこれなかったっけ?」とかw
今ttを見ている自分と、放送当時ttを見ていた自分が抱いていた印象、感想、微妙に異なるそれらを同時に感じるという変な気分でした。
あと、他の人の考察とか感想を頭に入れているから感じ方が違うっていうのもあるかも。
(「石が足りない」=「(乃絵を好きだという)意思が足りない」とか、「口を半開きにしていることが多い比呂美は、一見完璧を装っているがその実隙を見せていることが多い」とかね)
でも、13話で体育館の床に反射している(らしい)パンチラシーンはいつも見逃してしまいますねw

ただ、あくまで恋愛という観点からttを見た場合、特に比呂美好きの立場から見た場合の、「5〜6話くらいまでどんどん自滅していって、10話で盛り返してこのまま逃げ切れるかと思いきや、12話で雲行きが怪しくなって、13話Aパートで負け戦を覚悟してからのBパートで大勝利」っていう、自分の中の心の起伏、ドキドキ感は、今ではもう味わえない、初見ならではの特権ですねw
(13話の「待ってる」とか、絶対これ眞一郎来ないパターンじゃん(´;ω;`)と当時は思ってましたからねw)

あと、比呂美は他の全ての作品通じて、自分の中では最強ヒロインであることを改めて再認識。
色々後付けで属性埋め込まれたり、ttのお色気(?)シーンをほとんど請け負ってたりしていますが万人受けする萌えキャラではないのに、なんでこんなに惹かれるんだろうね。
5年経った今でも、一言でこのキャラの魅力を他人に伝えられるような言葉が見つからないんですよね。
「とりあえず見て感じてみろ。合わないなら、それは仕方ない」としか言えない。
一言でttの魅力を伝えることができないことに近いものがありますね。
それでも何か言葉でまとめるなら、一番は「アニメキャラらしからぬ人間臭さ」なんだと、自分では思っています。
大体こう言うと「は?そんな二次元キャラに何でリアル求めてんの?」なんて言われてしまいますが、嫉妬、不安、恐れ、抑圧etc.そういう負の感情というか内面が(スタッフによって)さらけ出されているところに、魅力を感じてるんだと思います。(なんだろう、保護欲とかそんな感じ?でもなんか違う気もする……)
ちょっと話それますが、似たような理由でアマガミの絢辻詞も好きなんですわ。
この二人、結構似てる気がするんですけどねえ。
しかも演じてる声優さんはどっちも名塚さんっていうw


少し会場の雰囲気なんかを。
会場内は600人ほど収容できる劇場だったと思いますが、ほぼ満員。
トークショーだけ聴いて終電で帰る人も一部いました。
思いのほか初見さんも結構いた(2割弱くらい?)ようですが、声優目当てなのか分からないですけど、知らないアニメのオールナイト上映回来るのって結構危険なんじゃないですかね?w
万が一内容が合わなかったらあとは苦行でしかないと思うし。(声優目当てなら、演じてるキャラだけずっと追ってれば満足なのかもしれないけど。)
あと、周りの反応を聞く限りでは、思っていたよりも比呂美好きな人が多かった。
これ、自分の中ではちょっと意外でした。

余談ですが、トークショーの最後で永谷さんが「今年は5周年記念イヤーとして、どんどん仕掛けていきます。」と言っていました。
できるだけ追っかけていきたいですが、転勤だけが不安材料。
ますます異動したくなくなってきたw(ま、避けられないんですけどね)
まずは、1月末のBD-BOX、3月末のCD-BOXですね。それ以外の仕掛けにも期待したいです。

やっぱり、true tearsは最高だ!!

アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる