指名語り(2015年ドラフト会議) 後編

※本記事は「指名語り(2015年ドラフト会議) 前編」の続き(後編)になります。贔屓球団に対するネタが見つからない場合は前編をご覧ください。
※繰り返しになりますが、私的見解を述べているだけであって、決して正解不正解や優劣を求めるものではありません。(内容次第で相対的に比較してしまうことはあるかもしれませんが)

阪神は1位高山できましたね。これは自分の予想にどんぴしゃりでした。
ドラフト会議直前の夜にVデイリーが一番に「高山骨折」を報じたのと「オリックス1位は岡田」の記事が、
「高山骨折」=怪我人は回避してほかの選手を指名しろ
「オリックス1位は岡田」=オリックスが1位で岡田指名するなら吉田が空くから、高山を狙っている球団は吉田に流れることを期待
ってことを指しているような気がして、ますます高山っぽいなあと思いました。(この見立てが正解かは知りませんが)
2位の坂本は言われているとおり自分も指名理由がいまいち分かりません。
藤井の引退もあって捕手が補強ポイントの一つであったことは明らかですが、一時期名前の出ていた木下を見逃していくほどなのかと。(個人的には木下の実力も割と懐疑的ですが)
仮に木下が中日に囲われていたとしても2位で行くほどなのかと。高山のバーターって言われても仕方ないよなあ…。
実力でそれらの声を跳ね返してくれることを祈る。

日ハムは髙橋と小笠原の2連外しでした。
やっぱり高校生のくじは当たらないのなw
大学・社会人出身の選手が多く並んでいて、日ハムらしいようならしくないような、そんな不思議な印象を受けました。
普段ならもう少し意欲的な指名する気がしたんですけどね。
結構在籍年数の短い大社出身選手を切ったような印象あるので、その辺の入れ替わりで繋ぎの指名って感ことなのか、それとも将来性を見越した素材型の選手で眼鏡にかなう選手はいなかったということか。

巨人はドラフト前に監督問題やら賭博騒ぎやらで色んなゴタゴタがありました。
そのせいもあって「他球団に遠慮した」とか「アマ側から事前にお断りがあった」とかいろんな憶測がありましたが、一方で「元から重複嫌うし独自指名の傾向もある」という声も結構聞く(確かにここ最近の指名を見直しても、1位で色々騒がれても2位以下は結構独特だなあとは思う)ので、その辺の真偽は定かではないですね。
ただ、全体的にもう一つ下の順位でもいけたんじゃないかなあという指名が往々にしてあるのと、重信みたいな、既に在籍してる選手とプレースタイルが被りそうな選手を指名しているあたり、やっぱり腑に落ちないです。
櫻井、中川なんかは結構早くから使えそうな気がするんですけどね。
そういえば巨人は今回、育成ドラフトも含めて結構な数を指名しましたね。
今度から新しく3軍を作るらしく、3軍制度っていうシステムそのものの是非は問いませんが、今回の大量指名はいかにも無理やり頭数を揃えました感があって正直抵抗があります。
この辺は徐々に裾野を広げていったSBとの違いなのかなあと。
将来的に3軍制度っていうシステムを確立させるための礎を築く必要があって、今回はそのための指名なんでしょうが、「お前ら今回指名した選手一人一人に対して、ちゃんと1軍で戦力になるビジョンは見えているのか」と聞いてみたくなりますね。
ドラフトの指名順どおりに選手が活躍するわけではないし、本指名さらには上位指名の選手だって大して芽が出ず消えていく選手も多々います。
ただ、そういう選手たちにもドラフト指名時には何かしら将来的な期待を持ったうえで指名しているはずで、今回育成指名した選手全員に大してもそうだったのかは激しく疑問です。(個人成績を見ると特に)

SBは西スポの報道通り髙橋でしたね。
しかもくじを引き当てるという。
さらに2位の小澤とか、去年の楽天の安楽、小野みたいな上位指名の仕方でしたね。
そしてそれ以外に本指名で指名した選手はすべて高校生という徹底ぶり。
確かに今のチーム状況からいえば即戦力のせんしゅはいらないですからね。
ファーム施設も充実させつつありますし、SBだからこそできる、余裕の指名といったところでしょうか。
自分たちの指名に酔ってるような感じがして、若干の気持ち悪さもありますけど。(単なるやっかみですw)

ヤクルトは高山単独指名のシナリオが崩れたところから全てが狂っていったような印象を受けました。
高山の指名が重複してくじを外すまでは仕方ないにしても、その後の外れ1位が原っていうのはなあ。
(※後で言われて気づいたけど、若干阪神への報復指名っぽくもありますねw)
確かに妄想記事の段階では「野手よりも投手をまだまだ充実させるべき」とは言ったけどさ。
せめてオコエで来るかと思ったんですけどね。
ヤクルトのスカウト陣の眼鏡にはかなわなかったのかなあ。
2位以降が高校生中心になってるんで、「1位は即戦力で2位以降は将来性中心」っていう方針があったのかもね。

さて、最後にオリックスの話。

結論から言えば十分及第点です。
やっぱりフロント主導のドラフトに切り替わってから、明らかにいい方向に進んでるなあと思います。

上位で補強ポイント・有力選手を押さえて、
中位で将来性のある高校生を確保して
下位の社会人でバランスをとる

ここ数年でこの流れがだいぶ固まっているように感じました。
一部ではミーハー(笑)とか言われていますが、これまでが独自路線だったり補強ポイントにひたすらこだわった指名をしたりしていて、結果としてチームに穴を生む一因になったりしていたところがここ数年で変わりつつあり、「もっとミーハー路線に走ってもいいな」と思っていたところなので。
吉田や佐藤は確かに知名度はありますが、別に知名度に釣られて不相応な順位で指名したわけじゃないし、5,6位の指名で将来性に期待して冒険して選手をとることはなんらおかしくない。
言い方は悪いけど、活躍すれば儲けもの、芽が出なくても痛くない、そんな立ち位置なわけだし。
それよりも、上位3人でしっかり押さえたい所を押さえられたのが大きいです。

吉田…将来の主軸候補
近藤…即戦力投手
大城…ショートを守れる人材

近藤、大城あたりは段々調子が下降気味なところがあり、額面通りの活躍をしてくれるかどうかが気になるところですが、個人的には納得させられる指名であったと思います。
特に吉田なんかはこれまであんまりうちに縁のないタイプの選手だったわけだし。
(中途半端な三拍子選手はもういらんのじゃ)

あと、大量に指名すればいいというわけでありませんが、これから二軍を育成の場として充実させていこうっていう姿勢が見れて好感が持てます。
今年は谷、平野が引退したのに加え、坂口、馬原が自由契約、さらに鉄平、竹原、中山、前田に戦力外通告と、わずかながら復活の望みのある、くすぶっている選手をバッサリ見限って、二軍を中堅選手の肥やしの場にするのではなく、これからの選手の育成の場にしようってことなんでしょうね。
この流れを止めることなく、なんとか成功まで導いてほしいものです。
ドラフトとは別の話になりますが、あとは他球団を戦力外になった中途半端な中堅選手やおさがりの外国人を獲らない。これに尽きます。

すぐに結果が出るわけではありませんが、いつか実になると信じて来シーズン以降の楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

指名語り(2015年ドラフト会議) 前編

こんたっく。
土曜日の休日出勤でなんとか繁忙期の峠は越えました。
ちょこちょこした案件は残っていますが、最近ほど帰りは遅くならないし休日出勤することもない(はず)。
割と穏やかな気持ちで11月末のイベントを迎えられそうです。

さて、先週はプロ野球ドラフト会議がありました。
木金は仕事が忙しくて記事を書いてる時間がありませんでしたが、土曜日の休日出勤があまりにも自分のやることがなさ過ぎて、もてあました時間で記事の内容を考えていたら、結構な長文になりましたww
あまりにも長すぎたので2回に分けます。

※先に断っておきますが、私的見解を述べているだけであって、決して正解不正解や優劣を求めるものではありません。
(内容次第で相対的に比較してしまうことはあるかもしれませんが)

まず初めに、今回の1位指名選手の妄想はなかなかの的中率だったんじゃないですかね。
外したのは巨人(×高山○櫻井)ロッテ(×髙橋○平沢)広島(×上原○岡田)オリックス(×岡田○吉田)の4球団。
これでも今まで一番いい結果ですw
ドラフト直前になると本命視されている選手ばかりなので、さほど意外ではないですけどね。
広島はオーナーが岡田を賞賛するコメントが出ていましたが、「今さら上原に乗り換えるかー?」と懐疑的だったのと、オリックスの吉田も瀬戸山の言葉をいまいち信じ切ることができませんでした。
前日くらいからは「1位は吉田で行くのかな。っていうかもう行けよ」と自分も結構周りの雰囲気に流されてしまっていましたけどw
月曜日に瀬戸山が「打てる野手がほしい(1位吉田)」の発言があってから、各球団の動きが急加速したような気がします。(単にドラフト会議の当該週を迎えただけかもしれないですけどね)
巨人の櫻井は割と個人的に納得というか。
ここの投手能力に差はあれど、「先発投手として」櫻井に一番の魅力を感じていたというのなら、分からない話でもない。巨人の2位までは残ってなかっただろうし。
それでも、外れ1位くらいならいけただろうし、他に優先して獲りにいっていい選手がいたとも思いますけどね。
その辺は球団の戦略だから何とも言えませんが。
ロッテについては予測不可能w
「横槍指名はある」とは確かに言いましたが、まさ情報が出るまでまさかそっちに行くとは思っていませんでした。
明確な補強ポイントがない(どのポジションもそこそこの人材じゃそれっているが、補強不要と言えるポジションはない(強いていうなら捕手くらい))ので、「将来性のある野手(平沢)」「将来性のある投手(髙橋、小笠原)」「即戦力投手(熊原、多和田)」「打てる野手(吉田)」どれが来てもおかしくないなーと。
今は鈴木がレギュラーですが、平沢が一軍に出てくるころには30歳過ぎるくらいになってるでしょうし、うまく育てばいいバトンタッチになりますね。
正直吉田がかぶらなくてよかったなあと思いました。

以下、各球団の印象。

楽天は抽選で平沢を外してオコエに行きました。
てっきり熊原に行くと思ってたんですけどね。
2位でもスルーしたので初めから行く気はなかったぽい。うちにとってはありがたかったですが。(楽天が熊原を指名していたら、おそらくDeNAが2位で近藤指名していたはず)
将来的な野手という点ではそこまでずれていませんが、どうも平沢は単独でいけると高をくくっていたような気がします。
全体的に見ると、初めから今年は野手中心って決めていたようにも見えますが。
2位の吉持は平沢が1位指名できなかった代わりにショートを守れる選手を獲ったって感じですかね。
世間的な評価で言えばちょっと指名順が早いような気がしますが、楽天がどうしてもショートを欲しいというのなら仕方なかったのかも。
吉持は中日が指名検討していたらしいし、3位の指名順が回ってくるまでに大城(立大→オリックス)、柴田(国学大→DeNA)が消えていたので結果的にめぼしいショートが残っていなかった可能性が十分あったので。
ただ、個人的には2位指名が早いところはポジション度外視して実力のある選手から優先して指名していくべきだと思いますけどね。
次の指名順(3位指名)までに20人ほど先に選ばれるわけだし、この差は結構大きいと思います。
ポジションごとの調整は下位でいいんじゃないかと。

DeNAは今永と熊原を1位、2位で両獲りしました。
散々言われてるとおり、DeNAの最重要課題は投手力なのでこの指名はよかったんじゃないでしょうか。
3位の柴田は守備が売りのショートですが、去年指名した倉本がよっぽど期待外れだったってことなんですかね。
あと気になったのは、5位に綾部を指名しているのを見るとDeNAもこのくらいの順位で吉田を指名したかったのかなーなんて思います。
初めから綾部の方が候補だったっていう可能性もありますけど。

中日は1位の抽選で髙橋を外しましたが、2回目の抽選で小笠原を確保。
左右の違い違いはありますが、そこまで大きな痛手にはならなかったようで。
髙橋は朝倉、中里、伊藤、鈴木の系列で中日っぽい感じがしたので、高橋の抽選は中日が当てるもんだと思ってたんですけどね。
2位の佐藤は恐らく楽天に吉持を持ってかれた報復指名な気がしますw勝手な個人の推測ですけど。
3位の木下は一時期複数球団が外れ1位が噂されるほどの評価を受けていましたが、この順位になりました。
中日の囲い込みがあったかは定かではありませんが、実際どうなんですかね。(阪神、巨人、SBと、外れ1位候補に挙げていた3球団が3位指名まで総スルーしています)
中日も現状では絶対的な捕手がいませんが、果たして松井、杉山、桂と争っていけるのか。
あと、ドラフト当日は気にならなかったんですが、指名選手一覧を見返してみると相変わらず高校生少ないですね。(本指名は小笠原のみ。育成指名は1人。)
別に「高校生=将来」と安易に結びつけるつもりはありませんし、無駄に高校生を指名すればいいってもんじゃありませんが、気にするファンはヤキモキしそうですね。

西武は予定通り多和田を単独指名。
それ以下の指名選手については、世間的な認知度が低い選手が並んでいるので「独自路線」とか言われていますが、見ればドラフト前から指名候補として名前が挙がっていた選手がチラホラいるので、球団からすれば予定通りで一安心といった感じなんじゃないでしょうか。
(川越はじめ、従前の評価からすると確かに指名順位高いなあなんて感じてしまいますけどね)

広島は1位指名を去年のドラフト直後からずっと有力視されていた上原から岡田に切り替えてきました。
マエケンや黒田の去就が不透明な状況ですし、4年生時に調子をあげてきた岡田の方に魅力を感じるのも無理ないですね。
あとは球団が岡田をどう見てるかですね。
大学、社会人卒の選手だと一律して即戦力と評されがちですけど、自分は、岡田はまだまだこれからの素材型選手かなあと思って見ています。
よく言われている変化球の物足りなさもありますが、それよりもセットポジションになったときの投球のひどさが結構印象的でした。
裏を返せば、その辺の課題が解決できれば一気に活躍しそうな気がするんですけどね。

ロッテは1位で平沢を指名して以降すべて投手。
去年のドラフト会議の自分の記事を見てみると「ロッテはもっと投手の指名にウェートを置いた指名の方がよかったのでは?」なんて言っていますが、球団側もさすがに今年はそういう自覚あったんですねw
2位の関谷はいい時の調子を取り戻せば結構やれるかと。使いどころは中継ぎ、セットアッパーですかね。
3位の成田は当初社会人に進むなんて話もありましたが、甲子園で評価を上げて直接プロ入りになりました。
「ちょっと過大評価しすぎなんじゃない?」なんて声もありますが、実際に投げっぷりを見ると期待したくなりますよね。
4位の東條は個人的に思い入れのある選手。
おととしにオリックスから指名された東明はバイトの仕事内容上無名の大学時代から観ていた選手ですが、この東條については桐光学園で1年生デビューしたときから結構観る機会の多かった選手です。
ただ、最近の映像を観る限りは東明と違って活躍の期待は薄いかなあというのが正直なところ。
成長するにつれて体は大きくなっていますが、反対に投球フォームはかなりギクシャクしています。
サイドスローなんで変則型といえば聞こえはいいですが、球は荒れてるし正直どうなのよって感じ。
高校の時も1年のデビュー以降伸び悩みました(桐光学園の選手が3年時に向けて伸びてこないと思ってるのは大体このせい。松井とかよくそのままプロ入りできたもんだ。決して悪い監督ではないと思うんですけどね)が、正直デビュー当初が一番よかったなあと思ってます。

ちょうど半分書いたので、ひとまずここまで。

勝手にドラフト会議1位指名「妄」想 2015

今週は引き続き仕事が忙しいので、いまのうちに2年ぶりにドラフト1位指名の妄想記事書こうかなあと思ったんですが、なんか今年は確定的な情報少ない気が。
本会議まで数日あるしこれからもっと情報出てくるかもしれないですが、やっぱり今年が不作だからですかねえ。
「高校生に有力候補が~」とか最近見かけるけど、単に甲子園&U-18戦で評価上げた選手が多いだけであって大学生が一番人材集まってる気がします。
それでも今年に入ってから調子落とす選手が軒並みで、その辺が指名(指名予想)の難しさに拍車をかけてるのかな。
ここ最近を見てると、4年秋に成績伸ばしてくる選手がそのまま活躍する傾向が強いように感じるので。
今年で言えば大商大の岡田とか立命大の桜井とかくらい?
地方リーグなのを危惧する声もありますけど、最近は地方のレベルも上がってるし無双できているなら問題ないんじゃないかなーと思ってます。
判断材料として信頼しきれないところはやっぱりありますけど。
首都圏内のリーグは野手の方が活発な気がします。

まあ長い前置きもほどほどに、いつも通り妄想交じりの予想なのであくまで参考までに。
過去を振り返ると、的中率も50%程度しかありませんw
多分チーム事情とか指名情報とか拾いきれていないと思います。
思うところがあってもガチツッコミは禁止の方向で。

先にまとめて一覧で

ヤクルト・高山
SB・小笠原高橋(西スポに記事が来たので訂正)
巨人・高山
日ハム・高橋
阪神・高山
ロッテ・高橋
広島・上原
西武・多和田
中日・高橋
オリックス・岡田
DeNA・今永
楽天・平沢

ヤクルトは高山が今のところ最有力なんですかね。
今年は2位指名が一番遠いので手堅くいく道もありますが、野手の埋まってないポジションを最優先したいらしいので。
個人的には外国人揃いのリリーフ陣とか考えると、投手でいいんじゃないかなあと思うんですけどね。

今年圧倒的戦力でリーグ優勝を決めたSBですが、戦力が戦力だけにドラフトも余裕をもって高校生指名に踏み切れますね。
新しいファーム設備もできるみたいですし、うらやましい限りです。
多少失敗しても許される状況なので恐らく高橋か小笠原にいくかと。
去年右の松本獲ってるので今年は小笠原かな。
二年続けて肘痛持ちを獲ることになっちゃいますけどw
捕手で木下っていう可能性もあるのかもしれないけど、細川、鶴岡、高谷押しのけて一軍でいきなり使うつもりでなければ手は出さないかなあ。
SBに関しては王の発言と当日の西スポの予想を見れば間違いないので、事前に誰を指名するかはそのうちわかるでしょう。

巨人はこれまでであれば東海系列の小笠原で間違いないかと年度初めは思っていましたが、貧打っぷりと原の退任でそう簡単な話にはならなさそうで。
というか、今年は報知から出る情報が少ない気が。
端から見てると投手陣もいうほど整備できてる気もしないんですけど(嫌味な言い方をすれば、原も上手く退いたなあと思います)、投手か野手なら今年は野手を優先させてくるのかな。
元から野手の上位指名には躊躇しない球団だし。

日ハムは例年通り、その年の評価の高い選手を指名するということですんなり高橋にいくかなと。
それ以外の話もあんまり聞かないしほかにコメントのしようがないw

阪神は先日「1位候補は高山、小笠原、高橋の3人」という記事があったのでそれを信用して。(阪神だけに飛ばし記事も多々あるけど、メンツとしてはまあ自分も納得できるメンツだったので)
加えて監督が金本に決まったので、即戦力に傾いた結果高山になるのかなあと。割と安直な考えですが。
さすがに今回の1位指名は金本の意向を重視するだろうし、その金本がほかの選手を欲しがったりするなら別の話。(吉田とか他の大学生投手とか)
藤井の引退了承して手薄な捕手事情考えて木下かもと考えましたけど、どうなるんですかね。
そこは梅野で我慢するのかどうか。

ロッテはいまいち戦力の充実度とか補強ポイントがわからん。
投手も野手もそこそこ人はいるような気はするんだけど、充実してるかっていうとそうではない気がするし。
去年は中村1位で野手中心だったから今年は投手中心になるのかなあ。
伊東が続投になったわけだし、継続して上位を狙いにいくなら大学生投手(熊原)なんだろうけど、この球団も結構ハッタリ多いからなあ。
かといって野手で上位有力なオコエや高山の外野手にいくかって言われると微妙だし、内野だと茂木で去年の中村と若干被るし。
結構よその指名邪魔しにいく印象もある(失礼)ので高橋かな。熊原っていうのも考えたけど。

広島は地元指名で上原かな。
4年になって本人が調子落としてるのも相まって、今年になってからそれらしい情報聞かないけど。
かといって他に候補になるような選手も聞かないし、上原で大方決まってるんじゃないかね。

西武は多和田かなあ。
野手陣の充実度は言わずもがなだし、投手陣の強化にはうってつけでしょう。
所属校的な意味でも違和感はない。
一時期はオコエなんて声も聞きましたが、それよりは投手の補強優先かなあ。
オコエが西武に行ったらどんな選手になるか見たい気もしますけどねw

中日は地元の高橋になるのかな。
他には谷繁の後釜としてトヨタの木下を推す声もあるらしいですけど。
あとは落合がなんていうかですけど、最近いまいち立場がよろしくないようなのでどうなるんですかね。
チーム的にはあまり落合に全権任せない方がいいような気もするからそれでいいんじゃないかと思いますけど。

オリックスはつい最近「野手の有力選手がほしい」的なコメントしたらしいですが、「平沢1位」と同じでブラフだと思ってます。
本命は変わらず岡田かな。
岡田が外れ1位でも残ることを見越しての野手1位(吉田?)の線もあるかもしれないですけど、その1位指名が通った後2位まで岡田は残らないでしょうし。(むしろ今永の方が可能性あると自分は見ています)
ただ、野手が補強ポイントとして重点的に見ているのは間違いないと思います。
2位以降、残っている中からポジションにこだわらずいい選手を優先的にとっていってもらいたいです。
賛否あるでしょうが、個人的には1位が用通り岡田ならまあいかなと。(むしろ十分では)
確かにセットでの投球とか変化球を見ると「うーん」とはなりますけどね。
オリックスの場合はバリバリの即戦力とか将来性を見越した未完の大器を獲るよりも、半年~1年二軍で鍛えてから使い始める準即戦力を集める今のやり方でもいいと思うんですけどね。
ここぞの超目玉選手が出た時には動いてほしいですけど。

DeNAは今永か小笠原の二択だと思うんですけどねえ。
やっぱりなんといっても投手の補強が第一だと思います。
故障持ち&故障明けですけど、押さえておきたいポイントには違いないと思うので。

楽天は平沢1位を宣言してますけど、そのまま行くんじゃないかな。
平沢を1位で獲りにいくべき選手なのかどうかは置いておいて。(意味深)
これまで楽天の1位は投手オンリーの伝統を気にしている人もいますが。
万が一他の指名に流れるとしたら熊原になりますかね。
2位の指名が一番最初なんだし1位熊原2位平沢(指名済みだったら茂木)っていう指名も十分可能だと思うんですけどね。


まあざっとこんな感じですかね。
有力な指名情報が出れば、当日までにちょくちょくいじります。

今週は22日のドラフト会議前にミリオン3rdの当落発表もあるし気が気じゃないですね。
しかも21日って仕事のヤマ場第2波が直撃っていう。
ドラフト会議当日は、会社のPCでF5連打してます。多分w

外れ外れのち当たり

3連休もあっという間に終わりました、こんたっく。

この3連休は結局土曜日の朝いちで歯医者行った以外はひきこもってましたね。
まあ来週末は休日出勤で嫌でも外に出ることになるだろうしな()

先週はLTD01のリリイベ、ドラフト会議観覧権、大アクアプラス祭座席確定と、いろいろイベントの抽選結果が判明してました。
前2つはあえなく「用意することができませんでした」でしたけ。
まあ元からそんなに期待してなかったしね。

大アクアプラス祭の方は、もう春先の公式最速先行で両日席取れてふりこみも済ませていたので、ようやくといったところ。
発券自体はまだ先ですが、webで座席情報だけ公開されてました。
こういうこともあるんだなあと。
振り込みから間隔空きすぎてイベントの実感なかなかわいてこなかったんでよかったんですけど。
ちなみに、推測される座席位置はこんな感じ(配置図(拾い物)は他イベントのものなので、あくまで参考)

4yfvg.gif 

両国国技館の座席配置図で調べると、アリーナA,B構成のしか見つからないんですが、自分の1日目はアリーナCったあったんでこんな感じなのかなあと。

2日目がまさかの大当たりでしたね。
多分3列目にはいられるんじゃなかろうか。
1日目がアリーナ席とはいえ、ほぼ最後列になりそうな感じ。
そこまで列数があるわけじゃなさそうだから、他のライブのアリーナ最後列ほど見づらいということはないと思いますが。

あとは物販情報も解禁されたそうで。http://aquaplus.jp/20event/
デザイン等はまだ未公開ですが。
大きく分けると全体、イラストレーターごと、作品ごとに作られてるみたいですが、WHITE ALBUM2の単体商品はかずさオンリーみたいですね、残念。
作品の代表としてかずさと雪菜のどっちか1人をメインに持ってくるかって言われたらかずさでしょっていうのは理解できるし、しょうがないんですけどね。
フルグラTに目覚まし時計と、グッズも何種類かあるわけで使い分けてくれてもよかったのに。
東鳩2はTシャツがこのみ、時計がたま姉と使い分けてしてきてるわけだし。(米中の人の事情は置いておく)
単体商品の中で気になるのは瑞希の目覚まし時計くらいかな。
デザインも未公開だしあんまり買う気もないけど。

いずれにせよ、11月に向けて生きる活力を得たのは間違いない。
改めて楽しみだ。

あとはPAの15周年ライブ行きたいなあってのと、11月上旬中にキュアメイドカフェ行っておかないとなあってところかな。

今回はなんとか3連休取れたけど、今度の週末は休日出勤は免れないだろうなあといったところ。
年末年始やイベントがあればそこで有休使うし、元からこの時期忙しくなるのは承知の上なんでいいんですけど。


そいういえば10月になって早や2週間、自分がこっちに戻ってきてからあっという間に半年経ってしまいました。
当初自分がこっちにいるのは2年だと思ってたんですが、部署の都合で実は3年いることが濃厚だとか。
つまり、オタクライフの寿命が1年延びたってことですねw
次に転勤するときは、転勤先での立場上今みたいに野球観戦で大阪遠征だのイベントの翌日は有休取るといったことが気軽にできなくなるので、今のうちに楽しまないとな!!

麺語り

10月最初の更新になります、こんたっく。
繁忙期前最後の週末でしたが、あっという間に終わっちゃいましたね。

最近は家の中でやりたいことやってると、あっという間に時間が過ぎちゃうんですよね。
今日も昼寝とかできる余裕なかった……。

土曜日は新宿の「大つけ麺博」に行ってきました。

IMG_6070.jpg 

この前行ったラーメンフェスタとは別のお話。

IMG_6072.jpg IMG_6071.jpg

1杯目は「肉そば けいすけ」
都内の店行ってもしょうがないだろって声が聞こえてきそうですが、わざわざ足を伸ばしていくこともないのでこの機会にということで。
結論から言うと、1杯目に一番いいところに行ってしまった。
濃い目の醤油と麺の絡みが最高でしたね。
おかげで、このあと食べるラーメンがどれも物足りなく感じてしまいましたw
 
IMG_6076.jpg IMG_6074.jpg

2杯目は塩。
麺は結構しっかりもちもちしていてよかったんですが、どうにも1杯目の濃い目の醤油を食べた後だと、塩スープだと物足りないですね。
いや、十分美味いことは美味かったんですけど。

IMG_6079.jpg  IMG_6078.jpg

最後はつけ麺で。
1つ前に食べた塩が淡泊だったので、「せっかくだしなんか特徴的なのにしよう」っていうことで買ってきたんですが。
さすがに、トッピングにマグロとブルーチーズは特徴的すぎやしませんかねえ?
トッピングなしの状態のスープはまずまず。
そこまで濃すない感じ。
で、問題のトッピング。まずはマグロ。
すり身の中にショウガを加えてあったようで、思ったより生っぽさや臭みもなく食べることができました。
マグロの味が濃いので、麺にもスープにも負けない。意外とありだった。
問題のブルーチーズですが、勇気がなかったので先に一緒に行っていたししょーに食わせることに。
意外と大丈夫と言うので自分も食ってみると「まんまカルボナーラだ、これwww」
もちもち麺とチーズが絡み合って、その印象しかありませんでしたw
面白い味の楽しみ方だし、食えるけど、ラーメン(つけ麺)としてはどうなのよ?っていう感じ。

他に、一緒に行ったししょーが買ってきたもの一覧。

IMG_6080.jpg IMG_6077.jpg IMG_6073.jpg

この3つの中だと2つ目のつけ麺(肉が山盛りになってるやつ)がよかったですね。
割と普段から自分が食べなれてる味に近いっていうのもあったのかもしれないけど。

10月の下旬まで週ごとに出店が変わるのでまた行ってみたいけど、自分は無理そうかなあ。
興味がわいた人は行ってみればいいと思います。
お昼の時間をずらして2時ころに行きましたが、あまり待たずに購入できました。

IMG_6081.jpg 

最終的に2人で計6杯完食。
無理すればまだいけなくはなかったけど、さすがにこの辺で。


その後は新宿で家電量販店や駅地下をぷらぷらと。

IMG_6086.jpg

 IMG_6089.jpg

ビッカメの液タブコーナーでこんなのも見つけました。↓↓↓

IMG_6082.jpg 

最新話直後なのにw

IMG_6096.jpg 

でもって、今日はその時買ったディスプレイケースでレイアウト作業をば。
いつもの(?)風の戦士空の戦士で。

S0194026.jpg 

棚の大きさに対して横幅短いかなーと思っていましたが、スタンドと卓上カレンダーと並べるとちょうどいい大きさに収まりました。
それよりも、奥行き気がもっとほしかった。
壇があるのは承知の上だったけど、台座が置ききれないんだよなあ。
あと、できればもう1体セットしたかった…。
それ以外はまあいいかなと。


今週からまた忙しくなるのに加えて、しばらく歯医者にも通わないといけなくなったとさ。
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
9位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる