萌えゲーアワード語り

珍しく連日の更新です。

何もしてないのに土曜日からブログのアクセス数がちょっと伸びていて、気になって調べたら、萌えゲーアワード2016の結果が発表になっていたみたいですね。
受賞作の雑感をいくつか書いていたから、それを見に来た人達がいたのかなと。

ちなみに、自分が書いていた雑感は以下の3つ。

「銀色、遥か」(tone work's)→雑感1
「働くオトナの恋愛事情」(あかべぇそふとすりぃ)→雑感1
「サクラノモリ†ドリーマーズ」(MOONSTONE)→雑感1

軽く振り返りつつ、それぞれについてコメント。

「銀色、遥か」は割と妥当かなと。
雑感の中でも自分にしては珍しくシナリオ面について褒めちぎったような記憶があります。
ただ、そこでも指摘しましたが、テキスト量のあるシナリオにとっては割と致命的な「話の起伏のなさ」が足を引っ張るだろうなとは思っていて、そういったとこをも含めて他の人にどこまで評価されるかなと思っていましたが、それなりの評価は得られていたようで。

「働くオトナの恋愛事情」も、なかなか見ないコンセプトと設定を活かして、いい雰囲気の作品に仕上げてくれたので自分の中では割とお気に入りの作品。
ただ、受賞したジャンルが「エロス系作品賞PINK」なのは、なんか気持ち違うw
他に該当するものがなかっただけかもしれないけどね。
決してエロが売りというわけじゃないというところは、これから手を出そうと思ってる人には勘違いしてほしくないかな。

「サクラノモリ†ドリーマーズ」は……うーん、どうなんだろうww
キャラ萌え作品が多くはびこる昨今では割と目新しく映った&自分の中の「MOON STONEというメーカーが作る作品といったらコレ」という感じの作品にはなっていたけど、ここまで評価されるほどかというとちょっとどうかなあ。
システムやプレイ環境周りも、昔からあるメーカーとしてはどうなのっていうところも目についたし。
そういえば「2」が出るんだよなあと思って公式見に行ったら、まどかメインの作りになるんですね。
多分ユーザーからの要望が結構あったんだろうなあと推測。
人にとっては結構嬉しい一作になるとは思いますが、自分が手を出すかとなると、うーん……。


他に記事にまとめていた作品にはBALDR HEART聖鍵遣いの命題がありましたが、こちらは特にノミネートされず。
BALDR HEARTは分割したりせずに一本でまとめていて結構悪くないと思ったんですけどね。
ただ、こういったところに顔を出すにはパワー不足だったか。
聖鍵遣いの命題は明らかに続編ありきというか、話の中身が一般的なゲームと比較すると体験版に毛が生えた程度の内容しかなかったので残当。


その他の受賞作品について、思いつく限り一言ずつ。

「ワガママハイスペック」
頭のネジが飛んだ知り合いが推してた作品なのもあって、萌えゲーアワード内のユーザー投票でトップを獲得した時もネタにしか見えなかった。しかし、大賞まで取るとは……。確かにゲーム以外の色んなところに顔を出していたなあという印象はあった。その辺の楽しみは、ゲームをやっていない自分には分からなかったんでしょうな。

「まいてつ」
発売前から「まあヒットするんだろうな」という感じはあった。FLATとしての新作は?

「千恋*万花」
なぜか自分の周りはゆず信者が多い。ただ、自分の好みとはちょっと違う。

「Re:LieF」
やるやる詐欺で結局やらずじまい。発売前の販促とかには結構顔出してたんですけどね。過去の傾向からして、ここまで評価されてしまうと自分の中で変なフィルタがかかってしまうので、残念ながら今後やる機会はないと思う。

「ハナヒメ*アブソリュート」
体験版はやってみたものの、ゲームバランスがいまいち「?」な感じだったので購入回避。その辺改善されてこの評価なんですかね。

「放課後3」
「1」は確かもう10年以上前の作品ですよね?古参の抜きゲーメーカーが元気に新作出してるの見ると、なぜか安心するw

「オトメ*ドメイン」
体験版始めていきなりヒロインがボトラーしはじめたので速攻ゴミ箱行き。主人公が女装してることから元々キツイだろうなとは思っていましたが、思わぬ方向からKO食らいましたww


【総括】
タイトルに「*」使うの流行なの?


久しぶりにゲーム語ってるついでに気になる新作情報を2点

前作の「あかときっ!」も結構好きだったので楽しみにしてます。
その前に「Re;Lord」の最終章出るんだっけか。まだ2を途中で積んでる段階なんですよねえ…(目そらし)

んでもって、もう一つ

はあ~~(ため息)
またスタッフ入れ替えかよ、勘弁してくれよ。
「働くオトナの恋愛事情」→「働くオタクの恋愛事情」ほどの差はないけどさあ。
せっかく良さげなジャンル見出してもこういう扱いで浪費するのはなんか勿体ないなあと思ってしまうわけで。
結局、唯々月たすく呼び戻した「新妻LOVELY×CATION」もバグの話ばっかりで肝心の作品の評判聞かないしでなんだかなあ。


最後に余談ですが、4月に出る新作どうなったんだったかな~と思って今更HP見に行ったら、Lassが本格的にダメそうで悲しい。
ミドルプライスで純愛と凌辱エロ出す路線は見込みあると思ったんだけどなあ。
http://lass.jp/lasspixy/puremarriage/serika/index.html
スポンサーサイト

適当語り

こんたっく。

気が付けばGWから早や2週間、つまり最後の更新から2週間3週間経ってしまったわけですね。
しかし、これといってブログの記事にするようなネタもなく……。

今後は定期的に北海道の片田舎まで出張に行かないといけないことになって「うわー、面倒くせー」ってことになったくらい?
マイルカード作らないと()

あとはこの土日がいずれも30度近い暑さを見せて、そろそろ仕事着もポロシャツに替え時かななんて思うんだけど、朝晩の涼しさと何より電車の中の冷房の寒さを考えると、まだちょっと躊躇してしまいますね。

う~ん、ネタがないw

1語り(バルドヒロイン人気投票&トークショーまとめ)

やっぱり明日も休みにしておけばよかったなあと思いつつ、こんたっく。

前回に引き続きキャラ1&コミ1の感想。
今回は昨日行ったもう一つの目的、戯画ブースで行われた「バルドヒロイン人気投票&トークショー」について簡単にまとめます。
若干うろ覚えの箇所があったり、記事にまとめる都合上、実際の発言と多少異なる箇所があるかも。
※掲載の許可はメーカーさんに条件付きでいただいています。


人気投票はキャラ1の戯画ブースで来場者が直接行う形式。
票数は100超、中にはバルドシリーズ未プレイでキャラのビジュアルで決めて投票した人もいたとか。
結果は10位から順番に発表。

10位 渚千夏 4票

9位 西野亜季5票
8位 シゼル6票
7位 リャン7票
6位 水坂憐8票
5位 鈴宮凪9票
4位 水無月真11票
3位 水無月空16票


2位 月詠22票


1位 桐島レイン23票


レイン1位やったぜ(←レインに入れた)

票数が100超ということで、得票の割合で見ると若干偏りが出ちゃってますが、母数が増えても多分順位はこんな感じになるんでしょうね。
個人的には千夏がもう少し上に来ると思っていたのと、リャン、真が思ったより検討したなっていう印象。
月詠も思ったより票集めたなあと。
その月詠ですが、ディレクターのMUSASHIさん曰く「レインの人気を超えるキャラにしたくて、狙って作った」キャラだそうです。
それ以外に一部のキャラに対してあったコメントを紹介すると

亜季→そういえば西野って苗字でしたね
憐→このキャラもこんな苗字だったなあと
真→シナリオが難産だった

とのことでしたw
その他、思い入れのあるキャラには選外ですがユーリの名前を挙げていました。


人気投票の結果発表後は、MUSASHIさんによるバルド開発に関わる話。
まずはじめに、バルドシリーズは戯画の開発スタッフが何人か抜けた時期に、「若手で一本作ってみよう」として生まれたもの。
MUSASHIさん自身は当時は戯画の正社員ではなく、グラフィッカーとしてメカデザインを担当。
今はディレクターという立場上、自身が最後に機体のデザインに携わったのはスカイゼロの咲良だそうで、これまで担当した中で一番のお気に入りはスカイのカゲロウだそうです。
お金のことについてもちょっと触れていましたが、月収や成果物に対する報酬の金額の数字を聞くと、今とは違う時代の話といえどちょっとびっくりしました。(安いことに)

ちなみに、製作期間は通常のPCゲームの製作期間が半年程度が標準なところ、バルドスカイが1年半以上、バルドハートも1年以上かかってるそうです。
スカイは製作途中でボリュームと開発期間の長さから分割することに決めたとか。
シナリオのプロットみただけだと話の流れがつかめなくて、ライターに聞いてもライター自身時々頭がこんがらがるらしいし、ゲーム2本分くらい作ってる気分になるそうですが、そりゃそうなるわなと。

あと、バルドスカイを作り終えた後スタッフの中でもかなりやりきった感が出て、以降はバルドスカイがバルドシリーズの新作を作る際の大きな壁になっていったとのこと。
まああれだけのものを作っちゃうと、ハードル上がってなかなか次にとっかかりづらいのも無理ないよね。
そうした製作陣の心境とか考えると、バルドスカイの後に全く新しいバルドじゃなくて、スカイの世界観を引用した作品でワンクッション挟んだのは、シリーズのことを考えればよかったのかもしれない。
スカイゼロは尊い犠牲だったということでw
ちなみに、自分の中のスカイゼロの評価は「バルドシリーズとしては及第点だけど、バルドスカイとしてはダメ」みたいな感じ。
ふと自分の過去の感想見返してみたけど、もうスカイゼロ2から3年経ってるんですね()

一通り話が終わった後は、オーディエンスからの質疑応答の時間もありました。(担当違いっぽい質問は割愛)


Q.バルドシリーズ制作にあたって、まず一番初めに何を決めるか(シナリオ、キャラ、バトルシーンなど)
A.シナリオの隠し部分から

Q.バルドハートの「ハート」の意味は
A.魂、霊魂

Q.バルド世界でのウィルスの値段は
A.シュミクラムが高価なものであることは劇中の描写でも触れているとおり。ウィルスは……作ろうと思えば作れてしまうので、そこまで高くないんじゃないでしょうか

Q.戯画単体あるいはパートナーブランドも含めた単独イベント(ライブ)の開催は検討しないのか
A.社内でも画策した人間はいるが、現状や実現の目処についてハッキリしたことは言えない

Q.シュミクラムの立体化(プラモデルなど)の予定は
A.要望が多ければ検討するかも

Q.主人公機以外の機体を操作できる機会がほしい
A.あってもいいとは思っているが、プログラマーに聞いてみるとそこまで簡単にできる話でもないらしい。頑張り次第?


最後に、次回作について


「これまでのバルドシリーズとは大きく違う何か」「完全新作といえる……のか?」といった曖昧な感じの表現でしたが、一応何かは作ってる途中らしいです。
ただ、決定事項ではないので、公式からの正式な告知を待ってほしいとのこと。
今回のトークショーの内容をネットに掲載するにあたっては、次回作に関する断定的な表現は避けるように言われました。
まあ言っちゃったら出さざるを得なくなるわけで、現段階ではお蔵入りだってあり得るわけですしね。
菊池政治氏の起用についてもノーコメント。
スタッフの方でも考えてはいるような、含みのあるニュアンスでしたが。


といった感じで結構充実した内容でした。
確定ではないけど、バルドシリーズの新作を出す気はあるみたいなので、気長に待っていきたいと思います。

1語り(キャラ1&コミ1)

GWに突入し9連休の人もいるかと思いますがいかがお過ごしでしょうか、こんたっく。
というかもう5月ですね。4月はあっという間でした。

自分は2日だけ仕事に行きます。
ぶっちゃけ行ってもやる仕事ないから休んでもよかったなあと今更。
他には草やきう行ったりオフ会あったり(予定)で、言うほど引きこもりにはならなさそう。

そんな中、今日はビッグサイトで行われたCharacter1(キャラ1)とコミ1に行ってきました。
実はどっちも初参加。
キャラ1は割と最近始まったのは知っていたけど、別に行ってまで欲しいものはないなあと思ってスルーしてました。
しかし、今回は話が違う。

全ては「小木曽雪菜オンリーセット」のために。

といっても、つい2~3日までサポートチケットの存在すら知らなかったんですけどねw
(※サポートチケット:一般の開場時間より1時間早く入場&買い物できる、ようは優先入場券)
先行販売の販売期間の期限も迫っていたので、短時間で買うかどうかの判断を迫られ結局購入。
結果的にはこの判断が大正解でした。(後述します)

サポチケ引換が始まる8時にビッグサイトに着けばいいやくらいの気持ちでいましたが、5時過ぎに目が覚めたのでそこからまったり朝の準備。
6時くらいに家を出て7時半くらいには着いていたかと。
サポチケ交換以外は待機列で寝ていたので、入場までは割とあっという間でした。
さすがにコミケに比べてそこまで並んでる人もいなかったしね。

優先入場の時間帯だったっていうのもあって会場全体的にはまだ人がまばらな感じでしたが、ブースによっては既に列が。
自分も開場してすぐに目的のAQUAPLUSブースに進むも、ここも列ができてました。

IMG_0559.jpg

オンリーセットは初めから1限。さすがにこの辺は学習したようで。
ただ、列さばきの悪さは相変わらずといった感じでした。
途中まで2列で並ばせておいて、レジ前で1列になるところにスタッフ置いとかないとかどいうことやと。
順番がごっちゃになってたし、そりゃ怒鳴る人が出てもしゃーないわなと。
あと、オンリーセットはバラ売りなしのセット売りしかないんだから、はじめからセットにしておきなさいよと。
アクキー封入の確認したかったってのはまあ分かるんだけど。
1限だったので自分は並び直してもう1回買いましたが、2回目に並ぶときには一時的に外に出ました。

無事に2つ目を入手した後は戯画ブースで人気投票してきた後、会場内を一通りプラーっと。
それなりに並んでたのはビジュアルアーツ、オーガスト、みなとそふと、spraite、AQUA PLUSですかね。
残念ながら他に買うものは見つかりませんでしたが、痛車の展示が目を引きました。

IMG_0563.jpg IMG_0566.jpg IMG_0571.jpg IMG_0569.jpg IMG_0597.jpg IMG_0596.jpg IMG_0598.jpg IMG_0599.jpg IMG_0600.jpg IMG_0601.jpg IMG_0605.jpg IMG_0606.jpg IMG_0607.jpg  IMG_0589.jpg IMG_0591.jpg   IMG_0590.jpg
IMG_0592.jpg IMG_0595.jpg

で、一般入場が開始してしばらくして雪菜オンリーセット完売のアナウンスが。

IMG_0575.jpg

慢心せずにサポチケ買っておいてよかったなあと。
もう少し在庫用意しても良かったんじゃね?と思う一方、一般入場で買えなかった人が文句を言う権利は今回はないですね。
そのためのサポチケなんだし。
ただ、「会場価格」という表記があったことから通販の可能性はあるかもしれないですね。
あとは夏コミまでに再生産する可能性も考えられるかと。

そのまま流れてコミ1の会場へ。
まともにサークルチェックしておらず、絶対欲しいものとかも決めてなかったので、端から全部見て回ってみました。
見て回ってるうちに「そういえばこんなの新刊で出るとか言ってたなあ」とか思い出してきたり。
まあそういうのって大体どこも売り切れてるんですけどね()
去年の夏コミ~冬コミにかけて出たものでで、書店委託でもなかなか見かけなかった既刊をゲットできたのはよかったのかな。

その後は知り合いと合流してマックで飯食ってミニライブ観て戯画ブースでトークショー見て終了。
さすがにちょっと疲れた。

IMG_0612.jpg

というところでひとまずここまで。
規模的にはコミケ、ワンフェスほどではないにしろ、電気外(街)祭よりは盛況してる感じで、個人的にはこのくらいの規模が一番いいなあと思いました。
企業も余計な一般企業が混ざってないし。

戯画ブースのキャラ人気投票結果発表&トークショーの内容は別記事で。 ノシ
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
6位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる