休日語り(「さよならの朝に約束の花をかざろう」感想)

こんたっく。振り返れば、この3月はライブの話で2回更新しただけなんですね。
そういえば、今月は家にいる時間はほとんどお船のイベントに注力していた気がする。
.
気が付けば3月も最終週、春は出会いと別れの季節と言いますが、自分は今年も見送る側でした。
異動なしw
会社の送別会が金曜日にあって、土曜日はプライベートの飲み会→徹カラ。
日曜日はそのまま寝ていたかったんですが、既に遊びに行く約束をしていたので、一旦家に帰って2時間ほど寝てからすぐに外出。

ハンズにも行ってきました。

IMG_6354_20180329003039efd.jpg IMG_6355_20180329003041580.jpg IMG_6360.jpg

思ったより、人がいなかった印象。
まあ楽に買い物できたし、全然いいんですけどね。

そして突発的にナイターで映画(「さよならの朝に約束の花をかざろう」)を観ることに。
岡田麿里×PAってことで、公開直後から興味はあったんですよね。
TLにいるドライなergヲタも結構褒めていたのも気になった要因の一つ。

※以下、大して詳しく書くつもりはありませんが、ところどころネタバレあり。

2時間睡眠だったもので、カフェで休憩している間も気を抜くとわき腹とか足の裏がつりそうなくらいの疲労度で、正直上映中に寝るんじゃないかと思っていましたが、すっかり見入ってしまいました。
買っておいたドリンクにも一切手を付けなかったしw
多分、観ている間は4~5回くらい泣いたんじゃないかなあ。(「犬の死」「終戦直後の別れ」「最期の別れ」「スタッフロール」etc.)

確かに、評判どおりのいい映画でした。

不満とか、悪い意味で気になるようなところは特段なかったかな。
最序盤で、ファンタジーな世界観を理解するのにちょっと時間かかったくらい?
作中の出来事や設定ひとつひとつが、作品に対してちゃんと意味を持っていたように感じました。

あとは、黒い岡田磨里が顔を出して悪い方に分岐するんじゃないかっていう場面がいくつかあったんですが、それらを尽く回避しているのも印象的でした。
この辺の「ハラハラ→安堵」の繰り返しも、映画に対する最終的な好印象に影響を与えていたのかも。
正直、不倫とか近親(not血縁)くらいはやりそうだなと思って見ていました。
ergのやりすぎですかね?
まあ、NTRはありましたけどw

主要キャラの犬死(理不尽に死んでお涙頂戴的な展開)がなかったのも評価できる点ではありますが、登場人物たちの気持ちがすれ違ったまま終わるようなことがなかったのが一番よかったです。
てっきり終盤でエリアルが戦死して、まともにお別れできなかったことに対して後悔の年を抱くような展開になるのかと思いましたが、そういう流れにはなりませんでしたね。
確かに「別れ」は辛いし悲しいものですが、だからと言ってそこから目をそらしたり有耶無耶にしたりせず、今ある事実にしっかり向き合って、自分で決断して、全てやり尽くした先にある別れならきっと「悲しいだけじゃない」のかなあと思いました。

個人的には、幼少期のディタがエリアルをからかったことに対して謝罪を果たせないままエリアルが旅立ってしまう場面は超絶悶絶ものでしたし、大人になってから(っていうか結婚してから)そのことをちゃんと言えたところはスタンディングオベーションものでした。

↑のはほんの一例ですが、それ以外の要素も含めて、この作品は最終的にかなりハッピーエンドに近いグッドエンドなのかなと、自分は思っています。
鬱展開を警戒して敬遠している人は、安心して観てほしいです。
逆にそういうのが好きな人にとっても、こういう展開も物語の一つの可能性として観てもいいのではと思いました。



最後にどうしても言っておきたいツッコミを一つ











長老、あんた生きてたのかよwwwwwwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

ライブ語り(戯画 1st Live ~Sky ticket~ 夜の部)

「戯画 1st Live ~Sky ticket~」夜の部の話。
もうライブから一週間経ちますか。早いねえ。


昼の部の反省を活かしたのか、今度は入場スピードがめっちゃ速かったw
会場内では、昼の部以上の密度を感じました。

昼の部同様、歩鳥による前説からオープニングムービー的なやつ(歴代作品のパケ絵が流れるやつ)で、その時にかかる音楽が昼ではjihadだったのに、今度はイントロがWING OF ZEROだった。
途中、WING OF ZEROとjihadを行ったり来たりしたような気もするけどうろ覚え。

1曲目は昼と同様"Leaf ticket"。2曲目に"cream+mint"が来ました。

ショコラはもういつプレイしたか記憶がない(さすがにパルフェより前にやったはず)けど、プレイした当時はネット環境がない状況下にいたので、翠や香奈子の攻略に苦労した印象があります。
ちなみに、ショコラでの一押しヒロインは
他のヒロイン(香奈子)に対して負い目を感じていたり、自己嫌悪に陥りながらドツボにはまっていく感じは、今思えばどこかの誰かに似ているなあとか思ったり。
翠の方が主人公に対して暴力的というかガサツな感じで、根本的な性格は違うはずなんだけどなあ。
生みの親は同じだけどw

3曲目は昼もやった"allegretto"。自分は「Leaf ticket、allegrettoが外れてcream+mint、thymeが入ってくるかな」と思っていましたが、cream+mintを追加して他から削ることにしたみたいですね。(結局thymeはやらず)

昼の部と同じ流れでKOTOKOが再登場したところで、昼のFatallyに代わって"We survive"
この入れ替えは予想とドンピシャでした。
Unite+reactioNの追加も予想通りでしたが、きゅるるんkissが消えたのはちょっと残念。

そして再びバルドゾーンに戻ってきたところで、ようやく、待ち望んだ"WING OF ZERO"キター!!
Sign of Suspicionとの入れ替えも予想通り。
もっとこの曲の露出増えるといいんだけど、冷遇されてる感があるのは、ゲームの出来のイマイチさによる知名度の低さがゲイいんですかねえ。
ホント、勿体ないと思います。

アンコールは昼と同じ流れで、またLeaf ticketの合唱で閉めるかと思いきや、”さよならのかわりに”でした。
みんな緑のリウム用意していたのにねw(俺も)
一斉に緑から青に切り替わるライト。これは一本取られましたわw

ライブ全体の感想ですが、個人的には満足度高いです。
昼の部の感想のところでも語りましたが、自分の希望や予測とセトリがほとんど重なっていたので、外れも不足もなかった感じ。
WING OF ZEROを夜の部の1回しかやらなかったのが残念だったかなあ、くらい。
あと、もうちょっと電波曲を入れてくるかと思って「らずべりー」とか「あちちな夏の物語」が来る準備もしていましたが、そこは外れました。
まあ、それやっちゃうとKOTOKOの比重増えすぎるしやむ無しって感じですかね。


今回はわざわざ『1st Live』と銘打っているので、次回以降の開催にも期待。(30日の後夜祭を除く)
ただ、今回割と主要曲を使い果たした感じがあるので、今度は何かしらのコンセプトに則ったものにしてみるのも面白いかもしれないですね。(シリーズ縛りとか発売年代縛りとか楽曲orゲームジャンル縛りとか)

メーカー単独ライブやフェスが増えてきている昨今ですが、ここ数年はプレイ本数がめっきり減って新しめの作品やブランドは名前くらいしか把握していない自分にとっては、そういったものに参加する興味は大して湧かず。
(例えば、パープルソフトウェアなら”秋色”とか”恋桜”とか聴きたいけど、最近の作品の主題歌にはあまり興味ないから、行ったところで割に合わないとかそんな感じ)
そんな感じなので、今回のライブは最初から最後までほぼ余すことなく盛り上がれる貴重な機会でした。


戯画 1st Live ~Sky ticket~ 夜の部 セトリ(色は夜の部のみ)

01.Leaf ticket/KOTOKO
02.cream+mint/KOTOKO
03.allegretto~そらときみ~/KOTOKO
04.つまさき Movin'on!/櫻川めぐ
05.アルカディア・パレード/片霧烈火
06.スロースターター/上間江望
07.星屑プラネタリウム/上間江望
08.We survive/KOTOKO
09.Adolescence Locator/KOTOKO
10.Unite+reactioN/KOTOKO
11.CRISIS BEAT/Rita
12.恋のプロセス/Rita
13.Sakura Fanfare/佐々木未来
14.LOVE×PHASE/nao
15.楽園のメタファー/片霧烈火

16.LOVE.EXE/桃井はるこ
17.Restoration ~沈黙の空~/KOTOKO
18.WING OF ZERO/KOTOKO
19.real-Reality/KOTOKO
20.jihad/KOTOKO

Encore01.Face of Fact/KOTOKO
Encore02.さくらんぼキッス~爆発だも~ん~/KOTOKO
Encore03.唇*シンメトリー/佐々木未来
Encore04.さよならのかわりに/合唱

ライブ語り(戯画 1st Live ~Sky ticket~ 昼の部)

こんたっく。土曜日に「戯画 1st Live ~Sky ticket~」に行ってきたので、今回はその感想です。

去年のキャラ1のトークショー「メーカーライブやらないんですか?」と質問してから約1年、思ったより早く実現したなあと。
その時の回答から察するに、以前から社内で検討はしていたみたいですが。

戯画作品はバルドフォース以降のバルド作品とまるねこ作品+αをプレイしたことがある感じ。
(バルドスカイ以降の感想はこのブログの中に書いてます。)
信者ってわけではないですが、自分のPCゲーライフの中心に近いところに存在しているメーカーであることは間違いないし、主題歌もI'veが提供しているものも多数あるので、昨今のメーカー単独ライブの流れにおいて、一番ライブを開催してほしいメーカーでした。
(残念ながらSe●enは……。まあSpr●teのライブでSe●enの楽曲やられたら、それこそ怒りで発狂ものですが、歌い手不在だしユーザー層も違うしで、やることはないでしょう)

初めにざっと、ライブ前に自分が期待していたこととか心構えとか。

①allegretto、WING OF ZEROを聴きたい

去年はKOTOKO単独ライブに2回ほど行きましたが、いまだにこの2曲を聴けていなかったので。
特にWING OF ZEROは好きな主題歌ランキングのベスト10に入れてるくらいなので、是が非でもといったところ。

②きゅるるんkissでジャンボ♪♪したい
さくらんぼキッスばかりが有名ですが、リズムとテンポはこっちの方が好き。
さくらんぼキッスは割と頻繁にやってるようですが(2月のNBCでもやってみたいだし)、こっちはあんまりやってるのを見ない気がするので、今回なければ今後はノーチャンスかなと。

③LOVE.EXEで荒ぶるヲタクたちを眺めていたい

とらまつりのゲリラライブの時の印象が強すぎてw
どっかのライブで見聞きするような自分勝手なコールだのガチ恋口上だのヲタ芸だのは邪魔だし不快なだけですが、あそこまで大多数が意識統一できていて統率が取れているのは、いっそ見ていて清々しかった。
(多少大げさに動いても周りに迷惑がかからないくらいのスペースがあったっていうのもあるけど)

④キスシリーズはあんまり興味なし
バルドシリーズと並んで今の戯画の中心となっているシリーズなのは知っていますが、いかんせんプレイしたことがないので……。好きな人には申し訳ない。


ステージセッティングの遅れとか入場の不手際やらで開演は15分ほど遅れてスタート。

ヒットミーの歩鳥による前説が終わって、初っ端からいきなり流れるjihadのイントロ、ステージ上のスクリーンに次々映し出される歴代の戯画作品のパッケージイラスト、観客が持つペンライトも一斉に赤に切り替わって準備万端、テンションも上がってきたところで……


1曲目は”Leaf ticket”でした。
事前に昼夜でセトリが変わるとは言われていたので、昼はキスシリーズとかオーソドックスな恋愛ゲーの歌メインなんだろうなあと思っていて、開幕Leaf ticketも考えなくはなかったんですが、中盤くらいに来るかと思っていました。
そして、スクリーンにOPムービーも流れて、●年前にプレイした時の記憶が。
パルフェの見どころと言えば、裏ヒロインの里伽子ルートが一番なのは間違いないんですが、好きなヒロインでいうと自分は明日香なんですよね。
当時周りからも意外だと言われましたが、自分にしては珍しく気に入ったのが後輩キャラだったっていう。
もうね、恋心を花粉症になぞらえた告白のシーンで完全にやられましたわ。

これって…花粉症みたいなもんだよ
毎日毎日、会うたびに、ずっと想いは溜まっていくの
でも、ある一定の量を超えるまで、自覚症状は出てこないんだ
”好き”から”大好き”に変わりかけていること、気づかないんだ
一年で、ギリギリ、ギリギリに溜まってて…そこに、ちょっと多めの想いを抱えたから、あふれちゃったの
仕方ないよ…発症しちゃったんだもん。一度こうなったら、だめだよ
もう、治らないの。あとは、この想いと、ずっとつきあっていくしかないの


当時はクリエイターとか全然気にしたことなかったけど、この時初めて「あ、このシナリオライター上手いこと言うわ」と、クリエイターに対する感想を抱きました。それが丸戸さんだったんですよね。

2曲目は”allegretto”。目的の一つはこれで達成。
曲の入りで最初に思ったことは、「あ、"cream+mint"飛ばされたw」でしたけどw
初の生歌だったので、あまり余計なことは考えずに聴いていました。
心が晴れやかになると同時に少しだけむずがゆくもなる感じ。不覚にもジーンと来てちょっと感動。

数曲を挟んだのちに、再びKOTOKO登場。
そして、はいきました"Fatally"
KOTOKOの夏の陣のアンケで1位を取ったくらいの人気曲だし、今回のライブでもこれと"We survive"は来るのは容易に予測できたしね。
スクリーンに映し出されるムービーとの相乗効果による破壊力半端なかった。
(※言い忘れましたが、どの曲の時もスクリーンには大体、イントロ~1番はゲームのOP(ED)ムービー、2番~ラスサビは会場内、アウトロは再びムービーが映されている感じでした。)

Fatallyの後に1曲挟んだ後に、来たぞ!"きゅるるんkissでジャンボ♪♪"!!
今回自分が聴きたいと思っていた曲の中で、これが一番来るかどうか怪しかったので、一気にテンション上がりましたw

その次のRitaの"CRISIS BEAT"は予想していなかったのもあって、昼夜として一番テンション上がったかもしれないです。
オトメクライシスも懐かしすぎる……。

"LOVE.EXE"の時の会場の熱はヤバかったですね。
見たかったもの(荒ぶるヲタクたち)は見れませんでしたがw
イントロで口上入れてる人は何人か聞こえたけど、「はるこに捧げるロマンス」は聞こえたかどうかちょっと怪しい感じ。
回るヲタクたち見たかったわ~。
みんなで一緒に「E・X・E」やるだけでも十分楽しかったけどね。

そしてここから先はボスラッシュならぬバルドラッシュ。
”Restoration”"sing of suspicion""real-Reality""jihad"アンコールを挟んで"Face of Fact"!!
そしてまたしてもハブられるWING OF ZERO!!……orz

まあRestorationの次にsing of suspicion来た時点で察しましたけどね。(発売日順的な意味で)
あんなにいい歌なのに、なんでやらんのかね。
さすがに夜公演でやるだろうと思って切り替えようとしましたが、地味に引きずった。
バルド曲の時は他の曲の時と違って、ゲームの戦闘シーンも流れていましたね。
jihadのイントロのところで甲の「ノインツェーン、もう・・・終わりにしよう!!!」とか、各ゲームのラスボス突入時の演出もかぶせてくれたら最高に神だったと思う。
ネタバレになるし、高望みな要求なのは分かっていますが。

バルドフォースはPCゲーやり始めた最初期に借りてプレイしたもので(正確には覚えていないけど、10番目までにはプレイした記憶)、ルートによって主人公の立場が変わり、それによって話の展開も物語の見え方も全く変わるのが衝撃的でした。
難易度を下げてもラスボスのリヴァイアサンを倒せずに、友人を家に呼んで代わりに倒してもらったのもいい思い出ですww

余談ですが、KOTOKOのバルド曲ラッシュの時に、特別ゲストでI'veのC.G.mix兄さんがキーボード引いてて

アンコール1発目でFoF持ってきちゃって、この後どうすんのかと思ったら、ここで"さくらんぼキッス"かよww
てっきり、きゅるるんkissとの入れ替えで夜やるのかと思っていたので油断しましたw
その次に今度発売予定の新作メルキスのOPを挟み(宣伝って大事だよね)、最後に"Leaf ticket"を全員で合唱して〆。

WING OF ZEROが来なかった悲しみはありましたが、大体期待と予想通りの選曲だったのではないかと思いました。
公演時間はアンコールまで含めて2時間15分ほどだったかと。
開演時間が押していたので、この時点で夜の部の開演時間まで既に残り1時間になってました。

なかなかギリギリを攻めるなあと思いつつ、夜の部へ。(続く)



戯画 1st Live ~Sky ticket~ 昼の部 セトリ

01.Leaf ticket/KOTOKO
02.allegretto~そらときみ~/KOTOKO
03.つまさき Movin'on!/櫻川めぐ
04.Snow Symphony/櫻川めぐ
05.らぶらぶ☆れぼるーしょんなう!/片霧烈火
06.スロースターター/上間江望
07.いますぐHit me!/上間江望
08.Fatally/KOTOKO
09.Adolescence Locator/KOTOKO
10.きゅるるんkissでジャンボ♪♪/KOTOKO
11.CRISIS BEAT/Rita
12.恋のプロセス/Rita
13.Sakura Fanfare/佐々木未来
14.Another Reality/nao
15.パラダイムシフト/片霧烈火
16.LOVE.EXE/桃井はるこ
17.Restoration ~沈黙の空~/KOTOKO
18.Sign of Suspicion/KOTOKO
19.real-Reality/KOTOKO
20.jihad/KOTOKO

Encore01.Face of Fact/KOTOKO
Encore02.さくらんぼキッス~爆発だも~ん~/KOTOKO
Encore03.唇*シンメトリー/佐々木未来
Encore04.Leaf ticket/合唱
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる