シークレットゲーム×キラークイーン

今回はシークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITIONの雑感です。
結局これも2年近く積んでたのかw
多分ネタばれは一部免れないと思うので、その辺は覚悟して見てくだしあ。
ちなみに、体験版はプレイ済み。
発売前の印象と各PDAのクリア条件はこちらはこちら→

さて、今回雑感どうやってまとめようか。
難しいですね……。

ゲーム構成としては、全部で4話。
オムニバスというか、ループというか、同じ世界での別の可能性を見るというかなんというか。
選択肢は3章に1箇所のみ。
ルート分岐もここだけ。
スタート画面も変わればフルコンプだと思います。
個人的には、最初の殺風景な画の方が好きですけどw


では、PDAの順番ごとにキャラを語っていきましょうか。

・御剣 総一(A)
主人公。健速乙。以上。
これだけの紹介で終わるのもアレなんだが、正直このゲームは主人公以外のキャラのほうが頑張ってるからねw
吊り橋効果でヒロインを虜にする外道。
一部のキャラに対しては逆に疫病神。
まあ、物足りない人には物足りないだろうけど、個人的にはこのくらいでもいいかも。
ウザいと思わなかっただけいいか。

・高山 浩太(2)
傭兵上がり(?)でサバイバル能力に優れるが、総一たちと関わったばかりに……な結果になるかわいそうな人。
ぶっちゃけ、手塚と組む以外は単独行動でいる方が断然優位じゃないのかと思うw
味方にいると頼もしい。
実力はあるけど運がない人。
それでよくこれまで生き残ってこれたもんだ。

・NGSW(3)
長沢 勇治ことNGSW。(あれ、なんか違う?w)
マジ小物。厨二。ガキ。
EP4開幕時には……m9^Д^)m9^Д^)m9^Д^)ジェトストリームプギャー

・葉月 克己(4)
(精神的に)頼れるみんなのお父さん。
総一たちを守るために奮起する時は奮起する。
でも、基本的に運はない。カワイソス

・郷田 真弓(5)
一見イイ人なんだけど、なぜか総一たちと行動をとりたがらない。
エピソードによって直接攻撃したり裏で暗躍したり。
ちゃっかり生き残っちゃうルートもある。(なん……だと……。)

・陸島 文香(6)
KQ時代からのいい人。
このゲームの清涼剤。
でも、個別ルートはないww
彼女もある意味、総一の犠牲者w
しかし、それは彼女の「職業」ゆえの宿命だったのかもしれない……。

・漆山 権造(7)
かませ犬。
話の根幹に全く絡まない。
どのシナリオでも絶対死ぬ。
もはやネタバレを隠す必要がないくらいどうでもいいキャラw

・矢幡 麗佳(8)
EP2ヒロイン。
EP1ではほどほどによい顔芸を見せてくれるw
狂いっぷりはKQ時代のほうがよかったとか何とか。
ユーザー人気も渚さんに次いで高いが、スタッフからの人気も高い。
SGやメーカーの宣伝にはたびたび登場。
ちなみに、SGの応援バナーキャンペーンに同封されているメッセージイラストはこちら↓↓↓



・色条 優希(9)
EP4ヒロイン。元ロリビッチ(らしい)。
EP4になって初めて登場。
クリア後の「おまけ座談会」で「昔からの私を知ってる人には物足りないかもしれないけど〜〜」って、メタ発言やめいw(同人版は未プレイだけど、話の内容はそれとなく把握してる。)
あ、ちなみに、エロシーンないです。
KQにはあったらしいけど。
優希に関しては、キャラ、ストーリーどちらも「KQのほうがよかった」っていう声を多く聞きます。

・手塚 義光(10
ほとんどの場合、敵役で出てくるんだけど、なぜか憎みきれない奴。
だが、EP3Bでの渚さんへの仕打ちは許せん!

・綺堂 渚(J)
EP3Aヒロイン。
ふだんはおっとりぽやぽやなお姉さん。
人気投票1位(だっけ?)
しかして、その実態は……?
ある意味、高山と近いキャラかもしれない。

・姫荻 咲実(Q)
EP1ヒロイン。
っていうか、話全体を通じても一番のメインヒロインなのかな?
ああ、ちなみに、EP1以降EP4まで出番ありません。
理由はお察しで……。(総一、どんだけ主人公補正かかってんだよ。)
第一メインヒロインはのは明白なんだけど、そのほかのシナリオのヒロインのほうがEP1から(立場は変われど)繰り返し何度も登場してるから、こっちのほうに愛着がわいたり印象が残るのは当たり前ですよねw
あと、「総一マンセー」ともとれる総一至上主義的な考え方も気に入らん。
「総一さんの決めたことですから。」「総一さんがそう言うんだから、きっとそうなんでしょう。」
お前はこんな状況下でそこまで他人に依存するのかと。

・北条 かりん(K)
個人的に一番好きな女性キャラ。
今作で初めて自分のルートができる。
そして、総一が唯一○○するルートでもあるんですけどねー……。
最後の座談会のかりんのメッセージで「分かってほしい」みたいなこと言ってたけど、俺の好きなキャラのルートでやらんでも(´;ω;`)
やるせねえなあ。
ヒロインキャラはみんなそうなんですが、彼女も「総一に会うか会わないか」で「ゲーム」に参加するスタンスが大きく変わる人。
それによって生存率も。


次にストーリー、システムその他の話など。

システム画面はバルドっぽくていいね。
こういう、ゲーム内のキャラが見ている画面と同じ画面演出で臨場感を与える演出はイイと思う。
全エピソードやってみて、記憶頼りだけど、やられ方と生き残るメンツが結構KQのころと変わってるかも。
主人公があまり動かず、他の人間ばかり活躍してるし、重要な役割果たしてるけど、こういうゲームの性質上仕方ないか。

EP1はまずは導入部分という形で、総一と咲実その他の穏健派がまだあまりゲームに積極的でなく、それ以外のキャラが割と好戦的です。
敵も多い。
麗佳も暴れてくれますw
最終的に生き残るのは……。

EP2はEP1で散々好き勝手やってくれた麗佳がヒロイン。
やむを得ず主人公と一緒に行動することに。
頭がいいがゆえに主人公に対して疑いを持ったりと、ゲームに振り回される麗佳が主人公に毒されていくシナリオ(ぇ
多分、イイ話だったんだろうけど……実はあんまり印象に残ってませんw

EP3は唯一選択肢があり、ルートが分岐するシナリオ。
個人的には一番好きな話ですね。
ようやく、かりんが仲間に。
Aは渚さん、Bはかりんに分岐。
主人公はどっちも渚さんww
キャラ雑感のところでも書いたけど、EP3Bは主人公が唯一○○するルートなんだが……。
まあ、他のがご都合主義ってのもあるけど、第一印象で一番気に入ってたヒロインのルートでやらんでもいいじゃないか(´;ω;`)

EP4はグランドルートというか、参加者の最終目的がふとしたきっかけでこれまでの3つのシナリオと変わってくるので、やや毛色が違います。
これまで全く出てこなかった優希も初登場。
全員が生存を目指す、まさにグランドルート的なシナリオになります。
ただ、あのシーンはなあ……、茶番やな。
個人的に全く評価できん。
今まで他人の声によっかかって生きてきた主人公が自分で決断して立ち上がるシーンを演出したかったんだろうけど、あそこであの判断をするヒロインはただの死にたがりやな。
無理無茶無謀もいいところだ。
「作り話」ならではの選択といったところか。

ああ、でも「あの人」が決意するあのシーンはいいよね。
これまでのエピソードをプレイして正体を知っている身からすると、「あの人がいつ動くか、いつ動くか」っていうのが非常に待ち遠しかったので。


うーん、やっぱり13人のキャラと4つのシナリオを語ると長いですねw
トータルで見ると、おおむね満足できる出来だったんじゃないかなあ、と思います。
ありふれた学園恋愛ものに飽き飽きした人は、やってみてもいいかもしれません。
シリーズ通してプレイしている人にはやや不満がある出来なのかもしれませんが、十分プレイに値する作品だと思います。

ちなみに、このSG、今年の3月に第2弾として「CODE:Revise」なるものが同メーカーから発売されています。
今度は全く違う舞台で、全く違うキャラが「ゲーム」を繰り広げます。
機会があれば、こっちにも手を出してみたいと思います。


「シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION」シークレットゲーム CODE:Revise

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
13位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる