シークレットゲームCR

今回は「シークレットゲームCode:Revise」のレビューです。
(前作、シークレットゲームのレビューはこちら→

シークレットゲーム CODE:Revise

舞台設定は無印より10年前の設定。
ルートはALONEREBELの2つがあり、初回はALONEルートのみ。
ALONEクリア後に、REBELルートへの選択肢が増えます。
プレイ時間はそれぞれ4時間程度。
短いといえば短いけど、選択肢もないし、まあ、こんなもんでしょう。
ただ、圧倒的にキャラの描写が足りず、終盤に今まで描写がなかったキャラがいきなり出てきて「え?」ってなったり、大多数がかなりアッサリとゲームから脱落したり。
意図したか知らないけど、「油断すればあっさり脱落する」というゲームの怖さを示す一端にはなったけど、やはりところどころの描写不足は否めない。

出来でいえば、無印の方が上。
ただ、十分及第点のレベルにあるとは思っています。
全て満足行ったかと思えばそうではないけど、クリア条件とか前作と違った色を出そうとしたり色々と面白い仕掛けも作ろうとしてたのも分かるし、体験版のラストのあたりとかゾクッとくる場面も随所にはあった。
今回は無印と違って、屋外がフィールドとなっていましたが、フィールドは広い屋外よりも、限られた場所の中の方が閉塞感と緊迫感によって、緊張感がより出ると思うんだ。

今作は「理想を語るだけでなく、自ら考えて行動する主人公」「主人公の悪堕ち(?)」「ロリビッチの再来」という、無印SGでは描写のなかった部分を補おうと頑張った部分も見て取れた。
ただ、今回は、前回の手塚みたいなヒール、脅威となるプレイヤーがいなかったっていうのは若干物足りない。
黒河や伊藤はヒールっていうより、ただの下衆っていうか。
行動に理念が感じれなかったのがなあ。
あと、登場人物つながりで言うと、無印やった人には、絶対に生き残る人が必ず1人いて、それが誰かっていうのは分かるはずw
クリア後のおまけシナリオでは、無印への布石にも少し触れてたり。

それでは、最後に今回もキャラごとに簡単な雑感(主観)を。
すでに関係ないかもしれないけど、若干のネタバレ注意?


・上野まり子(A)
こんな状況でも規律を重視しようとする、典型的な委員長キャラ。
こういう状況下では、得てして反感を買って脱落するものだが……?
どこか見覚えのあるキャラにも見える。

・粕谷瞳(2)
「完全究極型メイド」
今作におけるチートキャラ。っていうか、一人だけ戦闘力が違う。
あまりこういうゲームにはふさわしくないキャラだと思ってます。
戦力は拮抗してた方が面白いし。
百歩譲って敵としてならまだしも、味方にこういう存在はいらんかった。
ただ、ラストは思うところがあれば色々かわいそうな娘。
彼女が報われる話があってもよかったと思う。

・細谷はるな(3)
今作の個人的お気に入りキャラNo1
終盤に見せ場こそあれ、両ルートともに出番が少ない。
残念だけどしかたないよ。ね、お兄ちゃん。

・藤田修平(4)
今作の主人公。
前作の総一とは、生まれも育ちも違ったキャラ。
一部では、「皆殺しだ()」とか言われているが、個人的にはそこまで不快感は感じなかった。
むしろ、主人公補正という点では総一より劣り、影が薄い感じすらある。

・萩原結衣(5)
性格も出番も若干残念な子w
普通の学園ラブコメモノに出ていれば、また違った活躍ができていたかも……?

・吹石琴美(6)
今作の、一応メインヒロイン?
主人公依存だったり、主人公に危機が迫ると突然行動力を発揮したりと、キャラ的には無印の咲実に近い感じ。
ヒロイン相手にも容赦ないのがこのゲームの常だが……。

・真島章則(7)
一見するとガラが悪そうに見えるが、手当たり次第に襲ったりすることはなく、一部のキャラからも信頼の厚いキャラ。
前作の高山さんに近い感じかな。
周りの危機や不幸を背負っちゃうあたりもw

・黒河正規(8)
今回のヒール筆頭キャラだが、先の真島に簡単にぼこられたり、中途半端この上ない。
残忍ではなく、粗暴。
まあ、反吐が出るような行動もしてくれるが、「恐怖」を与えるには物足りなさ過ぎる。
やられ際は「ざまあ」としか言いようがない残念キャラ。

・蒔岡玲(9)
寒天系黒猫キャラ。
後述する司に手懐けられている様子は観ていて微笑ましさがあり、剣術をたしなんでいたため、貴重な戦力にもなる。
製作陣のお気に入りキャラ?

・伊藤大祐(10)
ただのチンピラ。
ALONEルートではアレだけど、基本的に「小物」の認識は変わらない。
まり子じゃないけど、このテのキャラは嫌いなもんで。
REBELルートでは、初音覚醒の貴重な生贄()

・藤堂悠菜(J)

物語の序盤から、こっちを攻撃してくる一方で「協力しろ」とか言ってくる訳分からんキャラ。
その理由が分かるのはもう少し先の話。
思考能力と戦闘力のバランスは作中で一番だと思う。

・阿刀田初音(Q)
金髪ロリ(CV/キンタ)
今作の「キラークイーン」
本来の意味を体現してくれるけど、描写が足りない(´・ω・`)

・三ツ林司(K)
頭でっかちで嫌味なキャラ。
大体、こういう頭脳派キャラは自分の策にうぬぼれて自滅するのが常だが、意外や意外、見せ場も多い。
個人的には玲と一緒に報われてもよかったなあ、と思うキャラ。

・城咲充(JOKER)
終始パシられているだけで、JOKERの所有者でありながら見せ場なし。
初音ですらアレしたというのに……。


こんな感じで、今回のレビューは終わります。
個人的には、まだまだこのシリーズは出してほしいなあ、と思ってます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
13位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる