トレード

今日は昨日の野球界のニュースの中でおそらく一番ホットな話題である、オリックスと日本ハムのトレードについて語ろうと思います。
自分の中では割と真面目に書いてるつもりですが、全ての事情を知っているわけではないし、ファンとしての主観や願望も混ざったものであり、あくまで妄想の範疇を出ないものではありますが、よろしければお付き合いください。


まず、どこから話始めたらいいのかにすら困りますが、今回のトレードのキッカケから考えます。
今回のトレードですが、中心になっているの間違いなく糸井でしょう。
個人的には日ハム(更に言うならそのフロント)から持ちかけた話だと思います。
簡単に言うなら、今オフにポスティングやら契約更改でもめた経緯があるので、その厄介払いの意味合いが一番強いのではないかと。
「年棒(金銭)の問題なら、来年のポスティングでペイできるんじゃ?」と思うかもしれませんが、昨今の日本人野手の評価では十分な元は取れないと判断したのか、あるいは、去年と今年でダル、田中と抜け、一方的に選手が抜けるばかりで主力選手の育成、補充が間に合っていないという認識を持ったのかもしれません。
日本ハムサイドからすれば、いずれポスティングで糸井が抜ける予定が1年前倒しになっただけで、金銭を得る代わりに金子の後釜に大引を補充できたという見方もできますね。
オリックスでは糸井のポスティングを認めるかどうかというのもポイントですね。トレードで来た以上、そう簡単に認めることはしないと思いますが。

その交換相手の大引ですが、貴重な生え抜き選手として新人時代からずっとショートのレギュラーとして出場していたので、こちらも惜しむ声や意外に思う声は少なくないです。
何より選手会長に就任したばかりだし、トレードで放出されるなんて誰も思わなかったことでしょう。自分もそうです。
「ファン心理からすれば大引の放出はあり得ない」という一方で、「戦力としては致し方ない」というシビアな声があるのも事実です。
あと、先ほど「新人時代からずっとショートのレギュラーとして出場」と言いましたが、実際にシーズンをフルで活躍したことって一度もないんですよね。
死球による骨折や打撃不振、今シーズンは腰痛など、理由は様々ではありますが。(まあ、糸井も近年は怪我で離脱したりしてるんですけどね。)
新人時代からずっと起用し続けているのに一向に上向かない成績にファンがヤキモキしていたのも事実です。
本当は大引はもっと打てると思うんですけどね。
ツボにハマった時の長打力も持ってるのに、変にチームバッティングにこだわろうとして自分の可能性を押し殺してるような、そんな風にも見えました。
これに関しては、これまで何回か話題にした通り「大引を将来どんな選手にしたいのか」という一貫したビジョンを持てずに起用し続けた首脳陣にも責任はあると思いますけどね。
「出塁を求める1番打者にするのか」「繋ぎの2番打者にするのか」「打線の中心となる3番打者にするのか」「ポイントゲッターとなる6番打者にするのか」「守備に専念させて8番打者にするのか」「上位につなぐ9番打者にするのか」
今でこそ「大引が1番とか3番とかねーよwww」という話になると思いますが、入団したころはそれだけの可能性を秘めている選手だと自分は思ってました。(「お前の見る目がない」と言われればそれまでですけどw)
リップサービスもあると思いますが、コリンズも「ジーターになれる逸材だ!」と評価してましたしね。
坂口の1番起用抜擢とか、平野の抑え転向案(故障により実現せず)とか、今思えばコリンズって地味に見る目はあったんだなあ、と。

話がそれました。

まあ、そういうのを抜きにしても、守備での貢献はともかく打撃面での成績を残せなかった、成長を示せなかったということを考えれば、トレードで出されても仕方ないと思えるんですよね。
ただ、安定してショートのスタメンで出れる選手っていうのは価値が高いですし、オリックスにとってもまさしく出血覚悟のトレードではあったことでしょう。
なんとなーく大引は選手生命が長そうな感じがするので、今後も長期にわたって選手として活躍することができれば、日ハム大勝利のトレードになるかもしれないです。
オリックスで活躍してくれるのがベストだったけど、他のチームに行くことで選手として成長してくれるのであれば、それはファンとして素直に喜びたい。

あと、オリックスからすれば木佐貫の放出も結構痛手です。
昨年は勝ち星がつかなかったり途中で離脱したとはいえ、規定投球回到達&リーグ9位(13人中ですが)、来シーズンも完全に先発の頭数としてカウントされていた投手ですからね。
いくら東野を獲ったとはいえ、それが担保になるとは思えないですし。
岸田を先発に戻すとはいえ、寺原もいなくなったし、下手すれば来年も先発ローテは火の車ですね。
あと、岸田は何より故障離脱が怖いw

となると、重要になるのが糸井と共にトレードでやってくる八木ですよね。
ルーキーイヤーこそ新人王を取る活躍をしたとはいえ、その後の成績は若干不安定。
ただ、貴重な左の先発候補としてオリックスは当然期待するでしょう。
オリックスとしては、糸井の活躍以上に八木の働きがこのトレードの成否の分かれ目かもしれません。
来シーズンのローテーションは「金子、西、岸田、マエストリ、ディクソン、東野、井川、八木、前田、海田」が候補になりますかね。
新人王争いをしていた八木と平野が同一チームっていうのもなんか不思議。

あとは赤田ですが、外野の飽和状況や膝の状態もあって、オリックスでは来シーズンも相当厳しい立場にあったと思うので、これは赤田本人にとってはいいトレードなんじゃないかなあ、と思ったり。
日ハムでは主に代打、外野のバックアップという役割になるでしょうか。


と、ひとまずこんな感じです。
現時点でオリックスと日ハムのどちらが得をしたのか?と聞かれると、正直分からないです。
「短期的に見ればオリックス、長期的に見れば日ハム」という形に落ち着くんじゃないかなあ、と。
ファン心理としてみれば、応援していた選手が出ていくのはさびしい(特に、自分にとって大引は入団当初からずっと活躍を見続けてきた最初の選手といっても過言ではないくらい思い入れのある選手ですし)ですが、今のままチーム状態が停滞するくらいなら、時にはこういう劇薬も必要だとは思います。

余談ですが、今回のトレードを見て思ったのが「なんかマーリンズみてえだなあw」と。
それ以前の平野、馬原獲得に加えて「短期間のチーム強化を目指して戦力を充実させようとしているところ」とか。
その後の反動を考えると怖いですけどね。まあ、本家のインパクトには遠く及びませんがw

あと、「坂口の怪我からの回復具合をあまり信用していないのかな?」とも思いました。
平野を獲ったのもそう思わせる一因ではあります。
過信はできないし、保険が得られるならそれにこしたことはありませんが、その代償とのバランスをいかに取っていくかですね。
そこは、ファンによっても見方が分かれるところだと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
まあ
強くなればいいですね。
2013/01/24(木) 09:56 | URL | ポケパカ #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
そうですね。
プロスポーツですから、結局結果が一番ですね
2013/01/26(土) 18:48 | URL | Tac #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
2位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる