アニメ「WHITE ALBUM2」第8話 雑感

「WHITE ALBUM2 CONCERT」参加のため、録画だけして先送りにしておいた8話。
コンサートの余韻にまだ浸っていたくて、でも今日しか見る日ないということで、観念して観ました。


「ちょっと屋上こいよ」

とどちらかが言ったかどうかは定かではありませんが、屋上のシーンから始まりOPカット。

雪菜が言った「あの時」は、「かずさと話をしながら春気が転寝するまで」~「雪菜が春希を起こすまで」の間の出来事ですね。
何があったかは伏せます。

晴れて春希と雪菜は付き合うことになり、無事卒業も決まって3人で卒業旅行。
目的地に向かう車内での「white love」はなかなかの破壊力でしたね。
WHITE ALBUM2で聴くと、歌詞の意味が一気に重みを増す気がしますww
そのうち、雪菜のカバーボーカルコレクションとか出たりするんだろうか。

一見するとラッキースケベ(?)ありの楽しそうな雰囲気にも見えますが、水面下では互いに「3人でいること」を必死に演じ続けていましたとさ。(特に雪菜が)
その輪の中からいち早く抜けようとしたかずさは、やっぱり真のヒロインなのかなあと、今さらながら思ってしまいますw
(抜けたがった真意を理解するには一筋縄ではいかないし、未来の話ではそうでもなくなるんですけどね。良くも悪くも少しだけ大人になるせいかな。)

そんな8話。


話の展開的には、今週が今までで一番好きというか納得いくというか、「らしい」感じがしました。
終盤のヤマ場に向けた助走的な回だったからですかね。
ここからが本番ですよ。

今週は「3人でいること」がどれだけ残酷で辛いことなのかを投げかけるキッカケになった回だと思います。
ただ、3人でいることが辛くなったのは学園祭の後に春希と雪菜が付き合い始めたからじゃなくて、それよりずっと前、春希のギターとかずさのピアノが出会って、その音に雪菜の歌声が出会った時からのこと。(アニメだと、その間にかずさが春希にギターを教えてることになってるんだっけ?)
もう最初から破たんしてたし、上手くやれるはずもなかったんですね。
でも、この3人でなければ、そもそもこの物語だって起きなかったのも事実。(いや、ゲームだからとかいうメタ発言じゃなくてねw)
全員が何かしら嘘をついていたり、隠しごとをしていたり、見落としていたり、負い目を感じていたり、最初から危ういバランスの上でなりたっていた関係。

で、ここでいう「全員」には、自分の中では武也たちも含みます。
メインは当然春希たち3人ですが、その3人にとって少なからず影響力を持っているので。
今週のカラオケ行った帰り道での武也たちのやり取りを見れば、少しは理解してくれるんじゃないでしょうか。
(武也や依緒の本格的なおせっかい(100%善意のおせっかいではなくて、確信犯的なおせっかい)はまたCC以降の話。)
春希はもちろん、かずさや雪菜も含めて全員に罪があって、過ちを犯している。
でも、それが過ちだなんて気付けるはずもなく、誰も過ちだなんて決めつけられない。
(ゲームやアニメのキャラといえど)どこかしら欠陥があって当たり前なんですが、欠陥が当人たちにとって致命的なんですよね。
それでいて、自分より相手を気遣うふりをしてやっぱり自分が一番可愛くなってしまうのが余計に拍車をかけてしまいます。

少し話がそれますが、ふと丸戸さんの過去作である「パルフェ」の翠ルートの「男と女の間に友情は成り立たない」という必死のやり取りを思い出しました。
主人公の気持ちの行き先は分かっていて、身を引かなきゃいけないと思っていてもやっぱり縋りついていたい。
その時の翠の心情が、今の雪菜の心情と結構シンクロしてるんじゃないかと思ったり。(まあ、翠の場合はキスだけじゃ済まなかったし、やり方ももっと卑怯でしたけどw)
原作をプレイしていた時ですら思い出さなかったのにね。
昨日コンサートで色々感情が甦ってきたからかなあw


最後に余談ですが、OHPにある「届かない恋、届いた」は早いうちに見た方がいいと思います。
原作組の人にとっては大半が分かりきっていたことですが、アニメから入った人たちにとっては補完できる部分が多々あると思うので。


今週の雑感は、雑感の割にやたらとまとめるのに苦労しました
それでは、また来週。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ありがとう
水ロトムは以前から人気で、ファイアローは今作からの新鋭ですかね?
努力値を振り切ったパーティーを作ったことがなく、試作段階なので、まずは作ってみます。
ありがとうございます。
2013/11/27(水) 08:48 | URL | ポケパカ #mQop/nM.[ 編集]
No title
努力値は「きのみ」でリセットできますよ。
調べれば必要なきのみや、それを作るための組み合わせが出てきます。

コマタナ→キリキザン、ダブラン→ランクルス、マリル→マリルリですよね?(レアコイルはジバコイルもレアコイルもどっちもあり得るので触れませんが)

評価なんて大それたことはできませんが、最近のメジャーポケモンと照らし合わせて水ロトムやファイアローがきついのかなと思いました。
マリルリで何とか出来るにしても、マリルリに負担かかりすぎな気がします。
あとは実際に対戦で使ってみて、自分で補完すべきところを判断するしかないと思います。
2013/11/26(火) 22:52 | URL | Tac #-[ 編集]
ポケモーン(^O^)
Wikiのとくこう振り用モンスをとくぼう用と勘違いした結果。
お分かりですね?(^-^)
真っ白になりましたー。
でも残せたモンスが1体いた(ダブラン)ので、ミツハニー枠を埋めるモンス(レアコイル)にしましたー。
記載した内容とは異なりましたが、ダグトリオ、コマタナ、ダブラン、ルチャブル、マリル、ミツハニーから、一時的にダブランをレアコイルに。
結果はダグトリオ、コマタナ、ダブラン、ルチャブル、マリル、レアコイルの6体です。
素早さは振らず、HBd(HDb)にaかcです。
以前のトリルパとか速さとかをご指摘頂いたのを参考に組みました。
今回のはどうですか?
お返事待ってまーす(^o^)/
2013/11/25(月) 19:51 | URL | ポケパカ #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
3位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる