指名語り(2015年ドラフト会議) 後編

※本記事は「指名語り(2015年ドラフト会議) 前編」の続き(後編)になります。贔屓球団に対するネタが見つからない場合は前編をご覧ください。
※繰り返しになりますが、私的見解を述べているだけであって、決して正解不正解や優劣を求めるものではありません。(内容次第で相対的に比較してしまうことはあるかもしれませんが)

阪神は1位高山できましたね。これは自分の予想にどんぴしゃりでした。
ドラフト会議直前の夜にVデイリーが一番に「高山骨折」を報じたのと「オリックス1位は岡田」の記事が、
「高山骨折」=怪我人は回避してほかの選手を指名しろ
「オリックス1位は岡田」=オリックスが1位で岡田指名するなら吉田が空くから、高山を狙っている球団は吉田に流れることを期待
ってことを指しているような気がして、ますます高山っぽいなあと思いました。(この見立てが正解かは知りませんが)
2位の坂本は言われているとおり自分も指名理由がいまいち分かりません。
藤井の引退もあって捕手が補強ポイントの一つであったことは明らかですが、一時期名前の出ていた木下を見逃していくほどなのかと。(個人的には木下の実力も割と懐疑的ですが)
仮に木下が中日に囲われていたとしても2位で行くほどなのかと。高山のバーターって言われても仕方ないよなあ…。
実力でそれらの声を跳ね返してくれることを祈る。

日ハムは髙橋と小笠原の2連外しでした。
やっぱり高校生のくじは当たらないのなw
大学・社会人出身の選手が多く並んでいて、日ハムらしいようならしくないような、そんな不思議な印象を受けました。
普段ならもう少し意欲的な指名する気がしたんですけどね。
結構在籍年数の短い大社出身選手を切ったような印象あるので、その辺の入れ替わりで繋ぎの指名って感ことなのか、それとも将来性を見越した素材型の選手で眼鏡にかなう選手はいなかったということか。

巨人はドラフト前に監督問題やら賭博騒ぎやらで色んなゴタゴタがありました。
そのせいもあって「他球団に遠慮した」とか「アマ側から事前にお断りがあった」とかいろんな憶測がありましたが、一方で「元から重複嫌うし独自指名の傾向もある」という声も結構聞く(確かにここ最近の指名を見直しても、1位で色々騒がれても2位以下は結構独特だなあとは思う)ので、その辺の真偽は定かではないですね。
ただ、全体的にもう一つ下の順位でもいけたんじゃないかなあという指名が往々にしてあるのと、重信みたいな、既に在籍してる選手とプレースタイルが被りそうな選手を指名しているあたり、やっぱり腑に落ちないです。
櫻井、中川なんかは結構早くから使えそうな気がするんですけどね。
そういえば巨人は今回、育成ドラフトも含めて結構な数を指名しましたね。
今度から新しく3軍を作るらしく、3軍制度っていうシステムそのものの是非は問いませんが、今回の大量指名はいかにも無理やり頭数を揃えました感があって正直抵抗があります。
この辺は徐々に裾野を広げていったSBとの違いなのかなあと。
将来的に3軍制度っていうシステムを確立させるための礎を築く必要があって、今回はそのための指名なんでしょうが、「お前ら今回指名した選手一人一人に対して、ちゃんと1軍で戦力になるビジョンは見えているのか」と聞いてみたくなりますね。
ドラフトの指名順どおりに選手が活躍するわけではないし、本指名さらには上位指名の選手だって大して芽が出ず消えていく選手も多々います。
ただ、そういう選手たちにもドラフト指名時には何かしら将来的な期待を持ったうえで指名しているはずで、今回育成指名した選手全員に大してもそうだったのかは激しく疑問です。(個人成績を見ると特に)

SBは西スポの報道通り髙橋でしたね。
しかもくじを引き当てるという。
さらに2位の小澤とか、去年の楽天の安楽、小野みたいな上位指名の仕方でしたね。
そしてそれ以外に本指名で指名した選手はすべて高校生という徹底ぶり。
確かに今のチーム状況からいえば即戦力のせんしゅはいらないですからね。
ファーム施設も充実させつつありますし、SBだからこそできる、余裕の指名といったところでしょうか。
自分たちの指名に酔ってるような感じがして、若干の気持ち悪さもありますけど。(単なるやっかみですw)

ヤクルトは高山単独指名のシナリオが崩れたところから全てが狂っていったような印象を受けました。
高山の指名が重複してくじを外すまでは仕方ないにしても、その後の外れ1位が原っていうのはなあ。
(※後で言われて気づいたけど、若干阪神への報復指名っぽくもありますねw)
確かに妄想記事の段階では「野手よりも投手をまだまだ充実させるべき」とは言ったけどさ。
せめてオコエで来るかと思ったんですけどね。
ヤクルトのスカウト陣の眼鏡にはかなわなかったのかなあ。
2位以降が高校生中心になってるんで、「1位は即戦力で2位以降は将来性中心」っていう方針があったのかもね。

さて、最後にオリックスの話。

結論から言えば十分及第点です。
やっぱりフロント主導のドラフトに切り替わってから、明らかにいい方向に進んでるなあと思います。

上位で補強ポイント・有力選手を押さえて、
中位で将来性のある高校生を確保して
下位の社会人でバランスをとる

ここ数年でこの流れがだいぶ固まっているように感じました。
一部ではミーハー(笑)とか言われていますが、これまでが独自路線だったり補強ポイントにひたすらこだわった指名をしたりしていて、結果としてチームに穴を生む一因になったりしていたところがここ数年で変わりつつあり、「もっとミーハー路線に走ってもいいな」と思っていたところなので。
吉田や佐藤は確かに知名度はありますが、別に知名度に釣られて不相応な順位で指名したわけじゃないし、5,6位の指名で将来性に期待して冒険して選手をとることはなんらおかしくない。
言い方は悪いけど、活躍すれば儲けもの、芽が出なくても痛くない、そんな立ち位置なわけだし。
それよりも、上位3人でしっかり押さえたい所を押さえられたのが大きいです。

吉田…将来の主軸候補
近藤…即戦力投手
大城…ショートを守れる人材

近藤、大城あたりは段々調子が下降気味なところがあり、額面通りの活躍をしてくれるかどうかが気になるところですが、個人的には納得させられる指名であったと思います。
特に吉田なんかはこれまであんまりうちに縁のないタイプの選手だったわけだし。
(中途半端な三拍子選手はもういらんのじゃ)

あと、大量に指名すればいいというわけでありませんが、これから二軍を育成の場として充実させていこうっていう姿勢が見れて好感が持てます。
今年は谷、平野が引退したのに加え、坂口、馬原が自由契約、さらに鉄平、竹原、中山、前田に戦力外通告と、わずかながら復活の望みのある、くすぶっている選手をバッサリ見限って、二軍を中堅選手の肥やしの場にするのではなく、これからの選手の育成の場にしようってことなんでしょうね。
この流れを止めることなく、なんとか成功まで導いてほしいものです。
ドラフトとは別の話になりますが、あとは他球団を戦力外になった中途半端な中堅選手やおさがりの外国人を獲らない。これに尽きます。

すぐに結果が出るわけではありませんが、いつか実になると信じて来シーズン以降の楽しみにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
13位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる