FC2ブログ

オフシーズン語り~2018年ドラフト~

久しぶりの更新になります。こんたっく。

月初に一度更新して以来今月2回目の更新になりますが、今回も野球ネタ。
ドラフトについてと戦力外の答え合わせなんかを。

まずドラフト。

今年はあまりにも事前に入札を公言するところが多かったので、自分の中で毎年恒例にしていた入札妄想記事はやりませんでした。
後出しにはなりますが、意外だと思ったのがSBDeNAが小園に入札したことですね。
公言する前はSBは根尾だと思っていたし、Deは公言こそしていなかったものの完全に即戦力の右投手だと思っていました。
Deがわざわざ3球団以上の抽選が決まっているところに突っ込んでくるとは思わなかった。
小園の名前が読み上げられた時は正直「上茶谷が外れで残るからって遊んでんじゃねーよ」と思ったくらいw
しかも外れの抽選で上茶谷引いて、結局何事もなく予定通りに済んだような展開になっていて更にイラッとしたw
他は阪神が藤原と甲斐野どっちでいくのか読み切れなかったくらいかなあ。
楽天は他球団の動向見極めた結果、根尾から降りて藤原だろうなっていうのは予想できました。
個人的には平沢の時の意趣返しを決めてほしかったですが、残念ながら返り討ち。

まあよその話はこれくらいにしておいて、自分のところの話。
毎年言ってることだけど、「指名選手から見えてくる球団が考えている補強ポイント」「その穴を今回のドラフトでどこまで手当てできているか」”自分なりに”判断した結果なので悪しからず。

まず1位は抽選で入札の小園を外したものの、外れで太田を確保。
「スラッガータイプの右打ち内野手」ということで評価が過大になりがちなのを加味しても、2位指名の自分たちの順番まではまず残っていないだろうし、外れで抽選する可能性もあったので外れ単独で指名できたのはかなり運がよかったと思っています。
「小園外れ→太田外れ→大社投手」が自分が考えうる最悪のシナリオだったので。
仮に外れの外れになっていたら、楽天、阪神、巨人あたりも来ていたんじゃないかなあと思っています。
去年のドラフト以降、小園よりも先に太田の方が名前が出ていた記憶があるので、これはこれで良かったんじゃないかと。
満点ではないけど、上々の1位指名だったと思います。







次に2位。
1位で高校生内野手を指名したので、これまでだったら即戦力投手でバランスを整えに来ていたところでしたが、まさかの頓宮でしたね。
ドラフト当日に上位指名検討の記事は出ていましたが、まさか本当に指名するとは思わなかった。
4年生のシーズンでホームラン量産している一方、打率が結構厳しいですが、最近の大学生4番は割と信用できる傾向にあるので、なんとか上手く育成してものにしてもらいたいと思います。
大学でのメインポジションは捕手ですが、多分打撃を活かすために内野手にコンバートされるんでしょうね。
その方がチームの補強ポイントも埋められるし。
個人的にここのポジションは立正大の伊藤を3位くらいでいってくれたらいいなーと思っていましたが、視察情報あんまりなかったし、次のDeがすぐ指名していたしでどっちにしろ縁がなかったですね。



3位はここで今回初の投手指名。
荒西はSBの上~中位候補にあがっているのは見ましたが、うちがチェックしているとは思わなかった。
速球派が多いチームにとっては貴重な変則右腕の指名になりました。
高卒社会人8年目ということで既に年齢が26歳。当然開幕からやってもらわないと困る投手ですね。
起用方法が先発なのかリリーフなのかはまだ分かりません(恐らくリリーフ)が、この順位でなら即戦力リリーフに枠を割いても文句ないです。



4位はここ数年の傾向からして高校生投手枠かと思いましたが、指名されたのは高卒社会人の富山。
まあここ数年で若い投手は育成含めて結構指名しているし、ほかのポジションに比べれば割と順調に育ってきているようなので今年無理して指名する必要ないのかなと、よくよく考えて納得しました。
富山も社会人とはいえ高卒でまだ若いので、準即戦力的な扱いだと考えればいい指名だったんじゃないかと思います。
個人的にはすぐ一軍でどうこうとは期待していません。



5位はここでも高校生内野手の宜保。
正直指名があるまでどんな選手か知りませんでした。
「上位指名で高校生内野手を獲れなかったら下位指名で宜保がいいかもね」っていう意見を某所でチラッと見たくらい。
軽く調べたら小柄な左打ち内野手だそうですが、投手も兼任するアスリートタイプということで太田とは違うみたい。
4番を打ってるし、当てにいかず振り切ったスイングしているのもいいなあ。
去年の廣澤も含めて、1位の太田と3人で切磋琢磨してくれたらいいなと思います。



6位は大卒社会人左腕の左澤。
ここは足りない中継ぎ左腕としてハマってくれたら嬉しいなというところ。
指名順位は富山より低いですが、こっちの方が先に戦力になってもらわないと困るかな。



7位は大学生内野手の中川。
ドラフト前は「今年の指名人数は5~6人」という話が出ていて、これ以上の指名はないと思っていたのでまさかの指名でしたね。
恐らく当初の指名予定にはなかったと思います。
右打ち内野手という貴重なポジションでもあるし、今年成績落としてなければもう少し上の順位での指名もありえたかもしれないので、あわよくば活躍してくれればラッキー、外れてもまあ……で済むこの順位で指名する分には十分おいしかったのではないかと思います。



あとは育成で大学生投手の漆原。
結果的に投手と野手が4人ずつ、半々のドラフトになりました。




以下、総評

ってなことをドラフト会議中に言ってますが、いい意味で”過去の指名とは変わったんだなあ”と思えるドラフトだったと思います。
去年のドラフトはその前の2~3年のドラフトに比べてちょっと悪い時の指名に逆戻りしてしまったかなと思っていただけに、余計に安心しました。
ようやく将来を見据えた野手の編成に手を付ける気になったか、と。
かと言って、どんでんの時みたいに一つのポジションの補強に固執するわけでなくバランスを保ちつつの指名だったのもよかったかと。
来年はバッテリーに候補が集まっている年らしいので、心置きなくそっちのポジションを指名しにいくための手当てができたところも○。
指名選手の実力からして世間的には若干辛い評価になっているみたいですが、球団の指名の方向性と自分の考えが近かったのと、それに沿った指名ができているように思えたので80~85点くらいあげてもいいんじゃないかなと思います。
小園を抽選で外した以外はすべて思惑通りだったんじゃないかと思えるくらいに。
どちらかといえば数年後を見越した指名になっているので、結果を見てこの年の指名を評価するのはだいぶ先になってしまいますが、今年のドラフトが今後のチームを変える分岐点になるドラフトになってくれたらいいなと思いました。
なかなか野手が育ちにくいのがチーム傾向としてありますが、その年の候補選手を見つつこういった指名を定期的に続けていってほしい。

長くなったので戦力外の話は改めて。 ノシ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる