BALDR HEART(バルドハート) プレイ雑感(まとめ)

こんたっく。

今回でプレイ前に疑問だった点と答え合わせをまとめて、バルドハートのレポはひと段落する予定。追記修正は後からちょこちょこするかも。(当然ながらネタバレあり

各ルートの様子を知りたい人はそれぞれの記事を見てください。(※詳細には期待しないこと)

1周目(月詠ルート)
2周目(茉緒ルート)
3周目(ユーリルート)
4周目(凪ルート)


今回は ①みさきの正体 ②妖精の正体 ③兵装少女の正体 とその他について触れます。

①みさきの正体
蒼(若かりし頃の航一郎)への執拗な愛に溺れ、最終的にはラスボスになってしまったみさきでしたが、彼女のそうした感情も生まれた時に他人に植え付けられたようなもので、可哀想といえば可哀想な存在。
プレイ途中で「みさきも航一郎の妻(岬)の器なのでは」と推測しましたが、これに関しては外れでした。みさきは「殻に収まる側」だったようです。
ということは、みさきは岬(この言い方ややこしいw)なのかといえばそういうわけではなく、ぶっちゃけると岬の魂を呼び出すときに集まった有象無象の赤の他人です。
強いて言うなら、凪の妹(になるはずだったモノ)ですかね?

十数年前の鈴宮一家誘拐事件の時に、凪に岬の魂を押し込めようとして天本はアカーシャーを起動します。
その時、岬の魂以外のものも引き寄せられ、それらは凪に入ることなく凪の母親のお腹の中の胎児に宿ります。
(一緒に捕まった凪の父親と母親は既に殺され、その時母親のお腹の中には胎児がいました)
そうして生まれたのが「みさき」

みさきはその場で航一郎を殺してしまいますが、晩年の航一郎と岬の夫婦仲は冷めきっていたとはいえ、岬は航一郎に殺意など持っておらず、本当にみさきが岬だったのならば航一郎を殺すはずがなかったというわけ。

②「妖精」の正体
それでは岬の魂の呼び寄せに失敗していたのかというとそうではなく、岬の魂もちゃんと呼び寄せられていました。
じゃあ一体岬の魂はどこに行ってしまったのか。
もうお分かりでしょう。妖精こそが岬だったのです。
先の状況でみさきを見た岬は凪の持っていた人形を憑代として復活したというわけでした。
若干幼かったり言動が阿呆っぽかったりするのは、魂を呼び寄せられやすくするように余計なものを削ぎ落したせいとのこと。

新免夫妻に子供がいたことが語られたとき、「妖精=新免夫妻の子供」かと思いましたが、男だったということで即否定されてしまいましたw
まあその子供ってヴィルヘルムなんですけどねww
身体をフルサイボーグ化したのも、身体を失ってなおネットで生きながらえようとする親へのあてつけだったとか。
この関係性は完全にノーマークでしたな。

③「兵装少女」の正体
30年前の甲華学装隊のメンバーです。


繰り返します、30年前の甲華学装隊のメンバーです。


18章でのカトウ戦の前にこのことが分かった時は正直震えました。
1章で妖精の力を介して蒼がシュミクラムの武器の力を取り戻す場所が甲華学装隊のシュミクラムが置かれていた場所(彼女たちの臨終地)だったことにも意味があったんですね。
そう考えると実に感慨深い。これは上手いことやったなと思いました。


以上、個人的なネタバレまとめでした。


ネタバレついでにもう一つ。


今作のキャッチチコピーに「見えるものを疑え。見えないものを信じろ。」とありますが、作中にもその考えにつながる部分があります。
極端な例えをすると、『AとBの2人がいて、AはXの存在を信じて目の前にXがあると認識しているけど、BはXの存在を信じていない。そうすると、Aには目の前にXがあるように見えて、Bには見えないという話。』
要は概念というか意識の問題ですね。
4周目の10章でフレイアが消滅する際、フレイアが自分が死んでいると認識したせいで急激に存在が薄くなったのもそのせいだし、現実世界の凪が人によって見えたり見えなかったりするのもそのせい。
妖精が人によって見えたり見えなかったりするのも、亡者の存在も然り。
ちょっと解釈が強引な気もしますが、このシリーズの登場人物たちってネットの世界に慣れ親しみすぎているせいか、意識とか思い込みに対する抵抗感が薄い気がするので、まあこれはこれで成り立つ話なのかなと。


そういえば、4周目クリアしてサバイバルモードが開放されたのでさくっとステージ100までやってみました。

9155fd649b108d5e1fa58240726c637d.jpg ed20bcf4a58cb1d2c103f315c9b93001.jpg 9cc4a8f1d11dd855036c097ca926ffe9.jpg 5b7e5d47c9ee6ca2bd1caabe56ac623c.jpg

具体的にどのステージでゲットできるかまでは忘れましたが、最後の愛紗がたしかステージ60だったので、コラボ兵装がほしい人はひとまず60を目標に頑張りましょう。
80まではクリア報酬として壁紙がゲットできましたが、それ以降100までは特になし。

ちなみに、4周目クリア時の自分の装備とランキングはこんな感じ。

d1a7267339a814297f67a02ae84400fc.png

26221bfaea8de13fadbddb7eb6a5fcdf.jpg 

一応これでもちゃんと空中コンボつながります。
これまで愛用していた「スライディングキック」にとうとう別れを告げることに……。
なんか今回突進力物足りないなあと。

遠距離/ダッシュ技は割となんでもいいかなと。
ダブルサブマシンガン以外は大してこだわりないです。
もふりんは名前はともかく設置武器としては割と使えるんじゃないかと個人的に思ってます。

ちゃんとした装備を参考にしたいなら、もっとガチな人のを参考にしてくださいw


話題に出すタイミングがなかなかなかったので唐突になりますが、音楽も全体の盛り上げに一役買っていました。
カッコイイの一言。
EDテーマはEDの割にアップテンポだったりカッコよすぎる気もしますが、アクション映画とかだと本編の興奮そのままにこういった感じで〆るものもあるし、アリですね。


さて、そろそろ全体のまとめ。


今作の総プレイ時間は4周目クリア(他エンド未回収)時点で17時間半ほど。
1周あたりのプレイ時間は1~3周目が4時間、4周目が7時間が目安になるでしょうか。
インストール時の容量が6GBくらいだったのを見て一瞬おやっと思いましたが、ここ最近のバルドシリーズに比べるとプレイ時間はやや短め。
単純にプレイ時間だけを見ると物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
バルスカもバルスカゼロも分割でようやく完結したくらいで、物語全体のボリュームで負けるのも致し方ないかもしれません。
でも、今作できっちり世界観を作って物語の解決までやり切った点を自分は評価します。
どっちもバルスカゼロの時に自分が散々ダメ出しした点だっていうのもありますけどね。

話もちゃんと1つの作品として作られていたんじゃないかなと思います。
ディザーサイトを見た時の第一印象は「今までより随分ポヤポヤした雰囲気だけど大丈夫か」っていうのが正直なところでしたが、世界観やキャラ設定が徐々に明らかになり、体験版をやるにつれ「アレ、これ案外いけるかも?」に印象が変化、最後に製品版をプレイして満足、という感じでした。
「良作~秀作」くらいの評価はしてもいいかと。
謳い文句の一つだった「女性キャラとの交流」がこれまでよりできていたかどうかはちょっと疑問符が付きますが。
その辺の交流に関しては、キャラの性格もあってエド(バルスカゼロ)の方がよっぽどやれてたんじゃないかなw

しっかり燃えるところは燃えられたし、キャラの見せ場もあったしよかったんじゃないでしょうか。
キャラの見せ場に関して言えば、主人公やヒロインよりもサブキャラの方が強く印象に残っていますけどねw
プレイ途中雑感からの繰り返しになりますが、フレイアがキャラとして本当によかった。
萌えとか抜きにして、久しぶりに純粋に好きになれたキャラでした。
「バルドル中枢破壊のために1人残るシーン」「甲華学装隊の閧をあげるシーン」「大勢のチャウグナルの前で絶望しかける蒼の前に復活して現れるシーン」etc.
彼女だけでいくつ見せ場を作ったことやら。
元甲華学装隊の一員だったことや既に死人だったこととか、スタッフからしても動かしやすいキャラだったってのもあるんでしょうけどね。
当初はもっと敵として憎らしく立ち回ってからの味方パターンかと思っていましたが、2周目からという早い段階で主人公サイドに超協力的でしたねw
嬉しい誤算といえば嬉しい誤算……なのかなあ?w

あと、散々嫌い嫌い言い続けてきた直翔ですが、4周目で「あ、こいつただの社畜やんけ」と思うようになってからはそこまで毛嫌いするほどじゃなくなりましたwでも嫌いなことに変わりはない。
まさかジルベルトにすら劣るライバルキャラが生まれるとはね……。
そもそもコイツをライバルと読んでいいのかすら疑問ですね。


バルドハートの今後についてですが、一応今回で完結できているしサバイバルモードもついてきてるしで、続編とかはなさそうな感じかな?
あっても番外編のファンディスクくらいか。
公式のアンケにも出すつもりですが、前日譚として30年前の甲華学装隊をメインにしたストーリーで一本作ってみてほしいんですよね。
せっかくあれだけのキャラがいるわけだし。
バルドハートの本編に繋げるためにはバッドエンド不可避ですが、そういう展開もこのご時世だと結構ウケそうな気もします。

戯画 『バルドハート』応援中!

BALDR HEART(バルドハート) プレイ途中雑感 その4

こんたっく。バルドハート4周目終わりました。
ひとまずこれで全ルート攻略完了ですかね?

プレイ時間は7時間ほど、最後だけあって他のルートの倍の長さがありました。
といっても、これまでのバルドシリーズだとこのくらいが1周の標準プレイ時間だった気もしますが。
終盤は「これでグッドエンド行かなかったら選択肢まで遡ってやり直すの面倒くせえなあ」と思いながらやってましたw
チャプター名確認するたびに緊張していて、21章のチャプター名が「みさき」だった時は焦ったw


さて、ここから先は4周目をざっくりまとめた話になりますが、相変わらずネタバレの考慮はしてません
これまでは大したネタバレじゃありませんでしたが、さすがに最後だけあってそれなりに重要なネタバレもあります。(まとめ方が雑なせいでネタバレに見えないかもしれませんw)
全てを細かく書くつもりはありませんが、これから自分でプレイしようと思ってる人は見ないことをおススメします。


4周目の分岐は5章の途中から。
6章で野神サナトリウムに侵入します。
これまでは学園生がテロ容疑で直翔に捕らえられてそれを救出(ユーリルートではカンナとの勝負で焦って捕まったユーリを救出)する展開でしたが、このルートでは野神サナトリウムの存在を察知し、こちらから乗り込みます。
このときの個人的な注意点ですが、セットアップでの装備直しはちゃんとしておいた方がいいかと。
自分は兵装少女の親愛度上げ用の装備でいったんですが、戦闘回数が結構あるのである程度ちゃんとした装備でいかないと終盤ジリ貧になるかもしれません。(まあプレイヤーの腕の問題でもありますが)
セットアップ画面からやり直そうと思っても、そこまでの道のりが割と長いのでそれも面倒。
結局やり直さずにゴリ押しましたが、おかげで骨が折れましたw

で、フレイアと再会して月詠も含めて4人で戦艦に侵入して、府嶽に捕まって、脱出して。
無事蒼と凪を救出できたところで、元から死人だったフレイアが消滅してしまいます。
助けに来るタイミングといい、自分がすでに死んでいると自覚して他のメンバーを生かそうとする行動といい、最後の散り際(敵にやられたわけじゃなりませんが)といい、カッコよすぎる……。
閧のシーンもグッときますね。

その後、蒼の故郷である丘埜村で過去の記憶違いや出生を確認したり、府嶽幹部との会議の中で新免航一郎の目的と蒼と凪が航一郎とその妻岬の殻であることが判明。
まあここまでは予想通り。
で、そっから先なんですが、実は航一郎は既に死んでるんですね。(CGありますが、ちょっと心臓に悪いかもw)
じゃあ誰が航一郎に成り代わって動いてたかというと、犯人はエージェントのカトウ。
もっというと、カトウは天本が従来の肉体から寄生先を変えた姿。要するに、実質天本。
リンカネーター(端的に言うと死者を呼び戻す装置)を使って意図的に輪廻転生を繰り返し、生きる人間の取捨選択を行おう、っていうのがざっくりとまとめた天本が考える真のアカシック計画。(ですよね?)

アカシック計画の発動による死者の蘇りを防ぐべくカトウとの直接対決も交えつつ奮戦するも、結果的に地獄門は開いてしまいます。
しかし、そのまま戦艦が門に突っ込んですぐさま封印。
多少の義性はあったものの、学園に戻ってめでたしめでたし。




……と、そんなに上手くいくわけあるめえ。




一見幸せそうな学園生活もみさきが見せた夢。
夢に違和感を持った蒼はなんとか正しい意識を取り戻しますが、そこは既に地獄絵図。
凪は戦艦が地獄門に突入した時、みさきとの融合を避けるために一か八かでエスの海へ呑まれており、霄視点で過去を見ながら、妖精のサポートを受けつつ無事凪をエスの海から救出。

ところが、エスの海から逃すまいとチャウグナルを使ってみさきが蒼達を襲ってきます。
あまりの敵の数の多さとチャウグナルのパイロットが元は航一郎や蒼と同じタイプのデザイナーズチャイルドであることを告げられたショックで戦意を失いかけますが、そこに現れたのは、フレイア
この後、ノイモーントの起爆時にしつこく蒼達と一緒に脱出しようとしてくるみさきを捨て身で阻止しようとしてくれるし、いやもうどんだけ見せ場作るんですかね、この人は。

しかし、残念ながら再び地獄門の扉が開けられてみさきと最終決戦。

CqwPG6FUIAA.jpg 

まさかのFC空振りましたww

それはともかく、なんとかみさきを振り切り、凪のリアルボディも見つかって、今度こそちゃんとめでたしめでたし。



いやホントに(笑)




展開や詳しい説明端折ったり、一部話が前後したりしてますが大体こんな感じ。
解釈や記憶違いあったらごめんなさいm(__)m
最終ルートだけあって、ついつい他のルート以上に語ってしまいました。
実際にプレイした人にしか伝わらない部分もあるかと思いますが、それはそれ。
気になる人は実際にやってねということでw


次の記事で個人的なメモとして一部のネタバレをまとめつつ、バルドハートのプレイ記事は〆にしたいと思います。

戯画 『バルドハート』応援中!

BALDR HEART(バルドハート) プレイ途中雑感 その3

3周目のユーリルートが終わりました、こんたっく。
プレイ時間は4時間ほど。
物語も徐々に核心に近づいてきているせいか、それに応じてプレイ時間も若干延びた感じ。

ユーリは個人的にメインヒロイン4人の中では一番好きなキャラです。
アキバでの体験会の時にバッジをもらった縁も多少影響ありますが、やっぱりサポートをこなせる相棒キャラはいいよね、と。

あと、このルートでトリックスターの正体が明らかになります。
まさかこんな奴だったとはね……。
茉緒ルートで犠牲にしてしまったことへの申し訳なさがががが。
ちなみに、ルート進行中にトリックスターとヤるかどうか選択肢が出ます(つまりトリックスターは女)が、選択肢次第で若干エンディングに変化が出るみたいです。
ユーリに操を立てるのもいいですが、素直に手を出しちゃっていいんじゃないかなあと思います。
選択肢が前過ぎて遡って分岐を回収するのは今は面倒なので、ヤらなかった場合どうなるかは知りませんが、この終わり方はこれで好き。
今のところ、今まで一番ホッとします。

エンディングといえば、このルートのエンディングで初めて妖精が蒼に対してお別れを告げるようなシーンがあります。
最後に妖精に似た姿をぬいぐるみを拾うという若干ほろ苦い演出も。
これまで妖精たちが物語の真相にどう絡んでくるのかはあまり気にしてませんでしたが、やっぱり何かしらの縁があるんですかね?
次のルート以降で明らかになっていくんでしょうか。


そういえば今回、一つ前の記事で触れた内容がことごとく当たりますねw

・蒼の記憶違い(記憶の改ざん?)
村を襲撃したのはベオウルフ(正確には村の研究施設?)←ちとこの辺記憶が微妙。4周目やってたらチャウグナルらしいし。

ついでに、みさきを手にかけたのはヴィルヘルム。

ユーリがデザイナーズチャイルドだったことは茉緒ルートの道中で明らかになってましたが、主人公もデザイナーズチャイルドであることがわかります。
で、主人公はただのデザイナーズチャイルドではなく、「殻」と呼ばれるもの。
ネットにいる何者かがリアルに戻るための器として作られたものといったところでしょうか。

じゃあ誰が蒼を殻として作ったかといえば、素直に考えるなら府嶽トップの新免航一郎なのかなと。
蒼からしたらいつの間にか事件の中心にいていい迷惑でしょうが、ようやく存在感出てきましたねww
ついでに言うと、30年前の事件で死んだ霄も蒼と同じ目的で作られた殻なんだと思います。
月詠(絢夜歌)がたびたび蒼のことを霄と呼んだりするし。
霄が「自分じゃない何者かになりそうだから殺してくれ」(セリフ曖昧)って絢夜歌に言ったのも、誰かが殻に入ろうとしていた瞬間じゃないのかな。

で、みさきや凪は航一郎が海神を抜けだすときに一緒に駆け落ちしてきたセクサドールなんじゃないかなあという予想。
このルートでは最終盤、捉えられた凪の元にたどり着いた時には既に殻として誰かの意識を植え付けられる直前で残念ながら助けられない模様。
ヴィルヘルムもその前に突破口を開くために犠牲になってます。

CqwPG6FUIAAwR.jpg

このルートのラスボスは岩永中将。
この人自身は別に悪役ってわけではないですけど、成り行きというか立場上。
バルスカの勲にバルスカゼロのヴィクトールといい、3周目にむさいオッサンがボスを務めるのは宿命なんだろうかw
(フォースだと誰が該当するんだろう。クレイジーサイコレズBBA?)


次は順番的にもこのルートで救えなかった凪ルートですかね?
霄のことも含め、30年前の事件にももっと踏み込んでくれるといいな。
あとは、最後の最後に匂わせた妖精たちのこともどこまで明らかになるのか。

戯画 『バルドハート』応援中!

BALDR HEART(バルドハート) プレイ途中雑感 その2

2周目終わったので休憩がてらつらつらと、こんたっく。

2周目は茉緒ルートでした。
自分の予想だとユーリが先だったんですけどね^^;
学園生3人が先なのか、それとも公式のキャラの並び通り凪が最後なのか。
個人的には凪が最後の方がしっくりくるんですけどどうなんでしょう。
ちなみにプレイ時間は1周目と同じく3時間半ほど。

1周目では凪の演説中に凶弾に倒れた茉緒だったわけですが、このルートでは蒼の気づきによって一命をとりとめます。
その前の、視察団のところで1周目にはなかった蒼への裏任務の依頼とか、1周目とは違った展開で動き始める様子にはイイヨイイヨーと思いながら見ていました。
ちなみに、直翔は茉緒を銃で狙ったのを最後にこのルートでは一切出番がありませんでしたwざまあwww

CqwPG6FUIAAwR7f.jpg 

ラスボスはまさかのリーマンでしたよw
ただ、意外性はあったものの盛り上がりには欠けます、残念。

装備もある程度育ってきましたが、同じ装備ばっかり使っているので各ルートの未回収部分を回収しつつ、色んな装備試して他のフェイも開放していくべきなのかなあ。

さて、今回は茉緒ルートだったわけですが、サブキャラのフレイアも結構話に絡んできました。
発売前のキャラ紹介の時点からキャラ設定と見た目で結構気に入ってたキャラですが、自分の中でますます評価が上がりました。
見た目クールでカッコいい系なんだけど、自分自身結構過去にとらわれていて内面も実は割と情熱的で。
ルートのラストもバッチリ決めてくれました。
(バッドエンドルートの場合、フレイアがその役目を担っていないということは、その後の描写も加味すると凪とユーリが犠牲になったんだろうなあ……)
個人的なわがままを言うなら、もう少し敵の立場で強敵として立ちふさがる姿を見せてから先のルートで仲間になってくれたらよかったなあと。
これから先のルートで敵として暴れてくれてもいいですし、月詠と共闘する場面も見たい。

あと、1周目の時に話に出てきた「海神側の内通者」ですが、このルートであっさり明らかになりました。
予想通り暮沼だったのは拍子抜けでしたけどねw
それよりもフレイア(紅音)の父親だったのと、その実の娘に対して欲情する変態野郎だったってことの方が意外でした。
娘の口から、娘の下着でマスかいてたことバラされるとかかわいそうすぎるわw


さて、ひとまず2周終わったわけですが、ヒロインの個別エンドはともかく、この作品としてのエンドはどこに持ってくるのかが気になってます。
理想は30年前の事件の真相とか島の施設の秘密とかすべての謎が明らかになって、海神も復興してヒロインたちと島で幸せに暮らしていくのが大団円なんでしょうが、海神がどう見ても既にオワコン化してるのでそうはいかないんだろうなあ。
フレイアが、ベオウルフ隊が若干怪しいみたいなこと言ってましたが、どこかでベオウルフ隊ひいてはヴィルヘルムと戦う展開もあったりするんですかね。
そういえば蒼を村の襲撃の中から拾ったのはヴィルヘルムらしいですが、実は村を襲っていたのがベオウルフ隊っていう可能性もあるんですかねー。

ここまで来てふと思ったのが「主人公目立たない」なと。
主人公陣営の中ではトップクラスの武力の持ち主で主戦力ではあるんですが、ユーリとかトリックスターとかのサポート組の方が有能かつよっぽど輝いて見えますw
あと、あんまり自分からこうする/こうしたいっていう主義や主張が見えてこないせいもあるかも。
やっぱりバルドの主人公は記憶を失ってナンボなんですかねえww
蒼もところどころ記憶が曖昧な部分があるらしいので(本人は「トラウマに関わる部分は治療時にわざとぼかしてくれたんだろう」と言ってますが)、これから名誉挽回の可能性もなくはないですけどねw

戯画 『バルドハート』応援中!

BALDR HEART(バルドハート) プレイ途中雑感 その1

こんたっく。

いよいよ「BALDR HEART」の発売日となりました。
今日は幸い午後から秋葉原で仕事があったので、6時前に終わった後そのまま回収。

Cqx04KYUIAAAHiI.jpg 

Cqx04KWUsAATWFm.jpg 

今回は店舗特典でスマホアクリルスタンドが欲しかったので、とらのあなで購入。
思ったよりかっこよかったので満足。
主人公機だと今まで一番好きなデザインかもしれない。

とまあ、前置きもそこそこに本題。


※毎度お馴染みのプレイ雑感という名のぷちレビューですが、いつも通りプレイして思った事つらつら書くのでネタバレに配慮はしてません。見るときは自己責任で。


早速ですが1周目終わらせました。
1周目は最もメインヒロイン的扱いをされている月詠ルート。
プレイ時間は3時間半ほどでした。
思ったより短い、というかシリーズの1周目のプレイ時間としては最短記録じゃなかろうか。
ダイブの回数も基本的に各章で1回(戦闘回数はバラけるけど)って感じだったしね。
これまでみたいに、周回するごとにプレイ時間も徐々に伸びていくんですかね?

体験版の時にも言いましたが、今度は主人公じゃなくてヒロインが記憶失ってますww
一応、正体というか元の存在は判明しますけど、なんで今の月詠の状態になってしまったかまでは明確に言われませんでした。(ですよね?)
若干匂わせるような発言や重要そうな施設は出てきましたけどねー。
アセンブラとかまた懐かしい響きが……。
この辺は今後の他のヒロインのルートで明らかになっていくのかな?

あとは主人公陣営の戦況が思わしくないとはいえ、1周目から立ち絵キャラまでバッタバッタ死んでくのにはちょっと驚きました。
あり得る展開だとは思いましたけど、「学園生」っていう立場だしそう簡単には死なないだろうと思って油断してました。
またルート変わると死ぬメンバーが変わったりするのかな、なんて思ったり。
海神側に敵の内通者がいるっぽいみたいな話がありましたけど、素直に疑うなら暮沼ですかねえ。
代行の座を狙ってそうというありがちな思惑に加えて、学園生を何かと前線に出そうとしたりして扇動しようとしてるし。
意外性を狙うなら凪っていう可能性もありそうですけど。


ルート分岐と思われる最後の選択肢はバルドらしいなと。
熟練のエロゲーマーならどっちが正しい選択肢かは簡単に分かるかと思いますが、バッドの方は割と胸糞悪いですね。
これまでのシリーズだともっと悲惨なエンドがあったにはありましたけど、このエンドで感じるのはそういった絶望感というよりやるせなさといった感じ。

f8fa6ae47d0af76ac06d0a7f1a3ed213.jpg 

ラスボスは自分程度の腕前でも初見クリアできるレベル。(※難易度ノーマル)
開幕早々コンボっぽいの食らって若干面食らいましたが、最悪遠距離からのチキンプレイでなんとでもなります。
最後はこだわりのFC〆。

EDはハッピーエンドといえばハッピーエンドですが、未解決の事項もまあまああったりして、万事解決で手放しでめでたしめでたしという感じではなく。
この辺は1周目ヒロインの悲しいところですねw


あと、ED曲はあんまりED曲っぽくない感じでした。
カッコよすぎて、なんか「これからも戦いは続いていく」みたいな印象。
実際今から周回プレイしなきゃいけないので、これはこれでいいのかもしれないですね。
曲自体は結構好き。


思ったより書くことなかったですね~。
1周目だしこんなもんといえばこんなもんかなと思いつつ2周目へ行きます。
1周目はちょっとしかでばんありませんでしたが、フレイアがいいキャラしてそうな感じがして今後の活躍に期待。(サブキャラだし敵陣営だけど)
このあとは、ユーリ→茉緒→凪の順にルート開放されてく感じですかね?
ユーリと茉緒は逆かもしれませんが、ラストは立場的にも凪じゃなかろうか。

月曜日までにフルコンプしたいけどいけるかなあzzz

戯画 『バルドハート』応援中!

適当語り

週末の旅行でだいぶ疲弊してます、こんたっく。

何があったのか詳しい話はいずれ。
気力があればまとめますが、週末からerg消化に入る予定なので明日明後日で更新されなかったらそのままお蔵入りということで。

で、今週末発売のergですが個人的に割と粒ぞろいの月だなあと。
多分今年で一番プレイ本数多くなるかもしれない。

一応候補の4つ。

戯画 『バルドハート』応援中! 
『生命のスペア』を応援しています! 『銀色、遥か』応援中!
 

バルドに時間取られるだろうから、生命のスペアと銀はるはひとまず後回しにすることになると思いますが。
4本中2本はミドルプライスなのが財布的には救いといえば救いか。

前も言った気がするけど、あかべえもLassも発売間隔狭めてミドルプライス連発してきてるなあと。
作り手も買い手もそれぞれにメリットがあるだろうし、これはこれでいいと思いますけどね。


そういえば、いつの間にか←にあるブログ内アクセスランキングで「働くオトナの恋愛事情 プレイ雑感 その1」が2位に上がってるなあと。
いまだに毎月一定数の人が見てるみたいだし、ゲームタイトルでググると2ページ目に来ることに驚きですわw


金曜日はちょうど午後から秋葉原で仕事なので、そのまま回収することができてラッキー。
少なくともバルドはプレイしたらまた雑感書くと思います。

コミケ(C90)レポ的な何か ~1日目~

年に2回の合戦の時が今回も訪れました、こんたっく。

IMG_8590.jpg

早速ですが、毎回恒例のレポ的な何か。
後で自分で見返した時の参考にするために、先にこの日の時間経過をメモっておきます。

7:15 起床
7:45 出発
9:00 国際展示場駅到着
9:20 西待機列到着
9:40 列移動開始
10:15 西3,4ホール(サークル)到着
10:50 西1,2ホール(企業)へ移動
11:10 西1,2ホール(企業)到着
11:30 入場規制解除


1日目に西の一般サークル目当てで行くのが今回初めてで、この時間に西の待機列並び始めるのも初めてだったので、ぐるっと回って橋の方まで回されたときは結構不安になりました。
ただ、10時前に列が動き始めてからは順調に進んでいったし、ビッグサイトを正面にしたところでサークル列と企業列に分岐。
さすがに1日目は企業目的の人が大多数で、サークル目的の人は少なかったのでここで一気に前に進みました。
結果的に、↑にあるとおり10:15分にはビッグサイト内の目的のエリアに到着。
今回は10時半~11時に行ければいいかなと思ってたので、この展開は御の字。
開場前から中に入るまでの待ち時間も1時間程度だったので、無駄な体力も消費せずに済んだのも大きかった。
この日は日差しがそこまで強くならず、風も吹いていたので過ごしやすかったのもあり難かったです。
本当に自分がコミケ行く日は夏冬ともに比較的天候に恵まれていて有り難いなあ。

まずはサークルで事前に目星を付けていたものを買い物。
早い時間に入れたので、大して並んで待つことなく順調に買い物を済ませることができました。
近くで他にいい本ないか探しましたが、特になかったので西ホールのサークルをぐるっと回ることに。

そこでひと際人だかりが目立つサークルが。

IMG_8591.jpg   

そういえば参加してたんでしたっけね。
とんでもなく混むことが予想できたし、わざわざ並んでまで買うことないなと思って行く気なかったんですっかり忘れてました。
一応表に回って本人がまだいたことは一応確認。
この後企業へ向かう途中で列の最後尾見つけました。
推測だけど、多分外を何往復もして列作ってたんだろうなあ。
正直一般入場で並ぼうとは思わないですね。
結局2時間くらいで完売してサクチケ組でも買えなかった人が出たとか聞きましたが、まあそうなるわなと。

企業に行く時、若干待たされる時間ありましたが、そんなに移動時間かからなかったかなと。
今回から西3,4ホールを一般サークルが使うようになり、企業へ行くときには外のスロープ降りて行くだけだったので。

S0513106.jpg S0453099.jpg S0463101.jpg S0473102.jpg S0493104.jpg S0633120.jpg S0523107.jpg S0573113.jpg S0593115.jpg S0613117.jpg S0773137.jpg S0753134.jpg S0713130.jpg S0693127.jpg S0783138.jpg S0673125.jpg S0663124.jpg S0653123.jpg S0643121.jpg S0683126.jpg S0853145.jpg S0793139.jpg S0813141.jpg S0833143.jpg S0843144.jpg S0993160.jpg S0863146.jpg S0903150.jpg

S0983159.jpg

 S0933154.jpg S0943155.jpg S0953156.jpg S0963157.jpg 

「Planetarian」は10年くらい前に原作ゲームが出た当時、自分がよく閲覧してたブログの管理人が作品にベタボレだったなあというのをふと思い出しました。

戯画とアクアプラスで頼まれものも含めて買い物。
どっちも大して並びませんでした。
バルドTが片方売り切れていた以外は特に買いもらしもなく。
まあ元から「そんなに並ばずに余ってて買えたらいいなあ」くらいに思っていたものだったし。

企業エリアはもっと人が密集しててもっと動きづらい印象があったんですけど、心なしか今回はスペースに余裕を感じました。
西の一般サークルからの移動も楽だし、今回からの配置は自分的には大歓迎でしたね。

その後一息入れた後、東のサークルをぐるっと回って帰宅。
コスプレはあんまり面白いやつには遭遇できませんでした。
KIRIMIちゃんの切り身被ったフリーザ様がサークルスペースうろちょろしてるのを見かけたのが一番面白かったですw

そんな感じで2時前に離脱。
今回は大した労力も使わずに十分な成果だったかなと。

一応買ったものまとめ。

S0064007.jpg  

サークル関連。
いつも通り緑成分多め……ですけど今回は割と他のものも買いました。
一休さんのところはいつも通りとして、今回は制服本と唐揚げ本と全キャラ落書き本も押さえておきたかったので、ちゃんと全部買えてよかったなと。

S0074008.jpg 

企業関連。
上で言った通り、戯画とアクアプラスでだけ買い物。
かずさの抱き枕カバーは頼まれもの。
雪菜は……2つ目です^^;

で、

IMG_8600.jpg 

この並びヤバくないですか?w

いや~、なんか変な汗出てきますね。
いい眺めのはずなんですけど……w


そんな感じのC901日目でした。
土日は行かないので、一足先に自分の今回の夏コミは終了です。

週末は肉じゃー!肉!zzz

適当語り(主にPCゲー)

気が付けば6月も最後の週末ですね。
ボーナス支給で久しぶりに自分の通帳見ました、こんたっく。

金曜の夜はアキバへ。
本来は定時であがってのんびり向かうはずだったんですが、割とギリギリの時間になってしまいました。
木曜期限の仕事が押して金曜へ、なおかつ金曜の退社時間になっても自分のところに回ってくる気配なかったので、自分が進められるところまで進めてた資料ぶん投げてさっさと退社( ゚∀゚)
どうせ残ってもすることなかったし、月曜でええわと。

で、なんとか時間に間に合って祖父地図へ。

CltcjcgUYAEYHUK.jpg 

さくっとバルドのスコアランキング大会で缶バッジ回収。
スコアはまあ…バッジ回収できる程度のスコアだったということでw
上位ランカーと比べるとさすがにね。

Cltj_lvUsAE-6OB.jpg 

お隣でオーガストの短冊やってたんでついでに。


この日はやたらアキバでのerg関連のイベント多いなあと思ったら、この日が6月最後の金曜だったんですね、そりゃそうなるか。

というわけで、ソフトハウスキャラの新作「プラネットドラゴン」攻略。
ダンジョン系ではなく経営系、荷物を運んで資金を稼ぎつつミッションをこなす(ストーリーを進める)のが主な内容です。
キャラのゲームやるのはかなり久しぶりな気が。
(思い返したら「アウトベジタブルズ」が最後ですね。その後の2作はやってないや)

プレイ前はインストール容量が2GBもない点に一抹の不安を覚えましたが、その懸念は当たらずとも遠からず。
昨晩のいちに一周終わらせましたが、かかった時間は約5~6時間ほど。
で、まず気になったのが「クリア後の評価がなかった」こと。
1周目は自由にやらせて、2周目から本気出すパターンなのかな?と思いきや、引き継ぎ特典も大したことない(あればゲーム進行が楽といえば楽なんだけど)し、イベント回想も9割がた回収できるし、回想枠見るとエンドも1つしかないっぽい?
「シーン」ある面子の中だと若干ハツユキが回収面倒くさそうな気がしますけど、それ以外は全部埋まりますね。
確かにこれは容量いらないわけだ。

と、ボリューム面では若干の不満がありつつも、システム面は結構好きですよ。
ただ、景気の影響の効果をイマイチ実感できなかったり、ゲーム進行に特別期限が設けられている様子はなかったので、あんまりゲームを攻略してる感はなかったですけどね。
ゲーム中の主人公の職業よろしく、運送会社のごとく淡々と荷物運びや依頼をこなしていくような感じ。
攻略中も、「いつもだったら、『期限内にいくら稼げ』だの『ノルマこなせ』だの言われるのに、こんな悠長に進めてていいのかなあ」と思いながら進めていましたが、本当にこんなにヌルゲーだったとは。
まだ1周しかやってないし、イベント回収以外にやり込み要素があるのかもしれませんが、現状そんな気配は感じないし周回プレイする気もあんまり起きないので、ひとまずここで打ち止め。


6月は銀はるが延期になったので、やるとしたらあとは「オトメ*ドメイン」くらいかな。(※体験版始めてわずか数分、自分には合わないと感じたのでやりません。
仕事の方は今週は小休止、来週になったらまた繁忙期って感じになりますzzz

聖鍵遣いの命題 プレイ雑感

こんたっく。珍しくひと月で2作目のプレイ雑感。
新規ブランドUnicoЯnのデビュー作「聖鍵遣いの命題」です。
(読み方は「せいけんつかいのプロポジション」、略称は「せかぽじ」)

このご時世、この業界でブランド新規立ち上げっていうのもなかなかどうして。
喜ばしいことではあるんですけどね。
なんか最近は新規ブランドの立ち上げを目にする機会が多い気がします。
中身はどうなのか分かりませんが。

最近は雑感と言いつつ、結構深く語りすぎてるような気がするので、今回は本当にサラッとプレイして感じたことをつらつらと書く(つもり)。

プレイ時間は5~6時間ほど?。正直言って短いです。
章ごとに各ヒロインにスポットを当てる感じで話が進んでいって、「一通り各ヒロイン回こなした後に、真相に近づく展開かー」と思いきや、各ヒロイン回を一通りやったところで終わります。(最後の章が全体回を兼ねてる感じ)
説明不足とは言わないけど、あっけないと言わざるを得ない。
今度は「じゃあこの後にヒロインとの個別ルートか」と思いきや、個別ルートはシーン回想に追加される形に。
珍しいと思う反面、どう見てもとってつけたようなオマケ感が。
「この作品自体が物語のチュートリアルっぽいなあ」と思っていたら、公式の反応見る限りだと続編が出そうな感じではあるので、あながち間違った印象ではなかった模様。
そもそも遺跡の探索が終わってないっぽいしね。

公式が銘打ったジャンルは「古代文明の謎に挑む学園活劇ADV」
このゲームの趣旨を表しているといえば表していますが、このゲームの楽しみ方としてはキャラゲーになるでしょうか。
学園生活の描写はほとんどないけど、主要キャラはほとんど学生で学園モノっぽいノリを感じるし、基本的なキャラ同士の掛け合いは割といいテンポで進んでいきます。
ただ、キャラ1人1人に愛着というか魅力を感じるにはいかんせん尺が足りない気がします。
冒険モノやバトルモノとして楽しもうとする場合もしかり。
最初は若干鼻についた主人公も話を追うごとに段々嫌味を感じなくなってきたし、もっと練れば良くなりそうな感じはするんですけどね。
ちなみに、ヒロインの中だとサキが一番かなあ。

とまあ、今回はさくっとこんな感じ。
続編が出る前提で話をするなら、メーカーも含めて今後に期待はしてもいいかなといったところ。
逆にこれ単発で終わりだとしたら、ボリューム不足って感じかな。

聖鍵遣いの命題《プロポジション》

BALDR HEART(バルドハート) 本編体験版 プレイ雑感

こんたっく。
当ブログでもちょこちょこ触れてきた戯画新作の「BALDR HEART」ですが、本日(17日)体験版公開となったようです。
で、早速有言実行の体験版プレイ。
そしてその雑感なんかをば。
主に①ストーリー・キャラクターと②戦闘について語ります。

まず、体験版は5章まで、約2時間ほどで終わります。
これは過去の作品も大体そのくらいのボリュームだったので想定通りですね。

①ストーリー・キャラクター


といっても、この短い時間でキャラ個々の魅力や印象について語れっていうのもなかなか難しものがありますw

まず主人公のですが、可もなく不可もなく。
甲(バルドスカイ)、エドワード(バルドスカイゼロ)と2作続けて記憶喪失の主人公が続きましたが、今回はバッチリ記憶持ってます!
でも、あることがきっかけでいきなり自分のシュミクラムの兵装を呼び出せなくなってしまいます。
で、そこで今回から導入された新たなシステム、「兵装(フェイ)」システムの出番というわけですね。
今までのシリーズはただ単に兵装のレベルが上がって、それに応じて順番に武器開放するという流れでしたが、今回はそれ自体にキャラ付けを行ったというかなんというか。詳しい説明は公式を見てくださいw
フェイたち自身はシュミクラムの武器に宿る付喪神みたいな感じなのかな?微妙に違うかも…w

割と自分はこのシステムいいと思いますけどね。
エ○メンタルジェレイドとかロ○トチャイルドみたいに、女の子が武器化あるいは合体して戦うっていう設定割と好きなので。
各フェイごとのキャラ設定とか多少の相関関係みたいなものはあったりするみたいですが、体験版をする限りでは実際にシナリオに絡んでくるのは妖精さん(一応キャラ名)くらいなのかな?
フェイをメインにしたスピンオフ作品みたいなものも作ろうと思えば作れそうですね。戯画さんどうでしょう?

さて、若干人から離れたところの紹介になってしまったのでヒロインに目を向けてみます。
公式でもヒロイン扱いされている4人(月詠茉緒ユーリ)も出てきました。
出てきましたが…各々の見せ場がほとんどないのでなんとも。
公式のキャラ紹介見た方が体験版やるよりキャラの理解に役立つと思います。
月詠が出てきたときは、「今度は主人公じゃなくてヒロインの記憶がないんかい!!」って思わず心の中で突っ込んでしまいましたけどw

他のキャラできになったことといえば、体験版の感じだと直翔が主人公のライバルキャラになるんでしょうか?
そうだとしたら、キャラとしての魅力とか色々物足りない感じがします…。
ジルベルト(バルドスカイ)みたいに当て馬で終わりそうなレベル。
確かに嫌味なキャラなのでプレイヤーのヘイトは稼いでくれるでしょうけど、体験版でもプレイヤーが操作する蒼にあっさり負けてしまってなんだかなあと。
個人で主人公を圧倒できるキャラが敵側に出てきてなんぼだっていうのは常々思ってます。
これに関しては、いまだに自分がゲンハ(バルドフォース)の幻影を追ってる感が否めないのがいけない気もしますけどね。
いかんせん、キャラがよすぎた。

その点で言えば、直翔よりもフレイアの方がいい敵役になりそうかなと。
なんとなく軍人時代の千夏(バルドスカイ)みたいな活躍を期待したくなる。
体験版にも出てきておらず、今のところ立ち絵とキャラ紹介でしかうかがい知ることができないので、製品版でどうなるか分かりませんけどねw


作品の全体的な雰囲気は割と好感触。
事前に「今回は学園モノの色を強くしてる」って明言してますしね。
従来のバルドシリーズの雰囲気と比べると、その点若干異質に感じる部分もありますが、バルドスカイの空気や世界観に引きずられ続けていたバルドスカイゼロよりはマシなんじゃないかなあ。(といっても、根幹の重苦しいところは変わりなさそうな気がしますがw)
基本的な用語や軍要素はそのまま。

あとは、かぐや姫の主人公の過去の記憶だったり妖精(フェイ)の話だったり、色んな話がカットインしてきます。
少し頭の整理させてくれ、と思わず言いたくなるw
この辺もどこまでちゃんと本筋の話に繋げていけるかですね。


②戦闘

バルドシリーズの醍醐味といえばシュミクラム戦ですが、前作(バルドスカイゼロ2)からまたいくつか変更点があります。

ab9f5d007fd0bdce60c4a9e9708ec47c.png 

①設定できる兵装の数が16個に
②ヒートゲージが一本化
③FCの発動がアクションボタン2個同時押し
④FEI-アクションの追加


目立つのはこんなところ。
変更というよりは、バルドスカイ以前の仕様に「戻った」という方が感覚的には正しいのかも。
個人的にはバルドスカイゼロの体験版の頃から戻せ(特にFCの発動)と主張していたので、これは良い変更だと思います。
コンボのパターンが増えたかと思いきや、ヒートゲージ管理に若干苦労しそうだなという気も。
言うて、そこまでこだわれるほどの腕前は自分にはありませんが()

戦闘グラフィックについては概ね問題ないかと。
兵装が成長する前だとヒートゲージ管理ちゃんとしないと狭いマップではリンチされそうで嫌だなあとなんとなく思ったり。

一番嬉しかった変更は、戦闘開始の合図が「エンゲージ」から「オープンコンバット」に戻ったことですね。
やっぱりこれじゃなきゃ気持ちが乗らないですよ。



見返してみると、思った以上に褒めてて自分でビビる(汗)
でも、実際にやっててそんなに不満点とか感じなかったんだよなあ。
戦闘面も改悪と思えるようなところもなかったし。バルスカゼロの時とは大違いだww

あとは製品版のシナリオ次第ですね。
最初に公式のディザーサイトを見た時は、これまでの作品との雰囲気の違いに少なからず抵抗感がありましたが、今ではどういう出来になるのか気になるし、ちょっと期待しています。

適当語り

特に何もない一週間でした。こんたっく。

先週は月曜休み&水曜半日外仕事だったので一週間過ぎるのが早かった。
今週~来週にかけては仕事の方が忙しくなる感じ。
ただ、去年の手帳見る限り土日出勤するまでには忙しくならないのかな。
7月に入ったら本格的になったらまた忙しくなるけど。


今週はずっと漫画読んでました。
久しぶりにこんなに読み漁った気がする。
デスゲーム系の作品増えてんだなーっていうのが印象的でした。
あとは、なんか青年コミックの内容が心に刺さることが昔より多くなったというか。
自分の生活と重なる部分が増えてきたからですかねー。
創作物(他にゲームとかアニメとか)は所詮フィクションでしかないんですが、なんか生々しさを感じるようになったというか。
作品にもよるんでしょうけどね。
そんな感じで、なぜか無駄にメンタルダメージ受けることもあったりw
ひとつ言いたいのは「デスゲーム系での全滅オチは勘弁してくれ」ってことかな。
救いがあるなし以前に何にも残らない&結局意味ねえじゃんって気持ちになって、「今まで読んでたのは何だったんだろう」という虚無感が半端なくなるので。
「みんな幸せ大団円」なオチはさすがに興ざめだけど、作者一人勝ちな展開はどうにも腑に落ちないのです。


PCゲーの方も新しく一本始めましたが、1章だけやって攻略停止中。
バトルものですが、割と嫌いではない感じなんですけどねえ。
一度攻略止めてしまうと再開するための踏ん切りが付きにくいのが難しいところ。

週末は土曜にSuaraのツアーファイナル(東京公演)に行って、日曜は久しぶりに同人イベに行くかもしれない予定。
アルバムやCDをいくつか借りて聴いてるところ。
タイアップ曲より最新アルバムの方聴かなきゃいけないのは分かってるんですが、ついタイアップ曲ばっかり聞いてしまってるっていうね。
i-Podにまとめてぶち込んでシャッフルして聴いてるんですが、タイアップ曲って割と露骨に分かるもんなんだなあとw
これとは全く関係ない(?)ですが、最近はergメーカーのライブやコンサートも増えましたね。
今週末はうぃんどみるがあって、7月にはパープルソフトウェアがあったかと。
どっちもそこまでメインで追ってるメーカーじゃないので行かなかった&行く予定ないですけどね。
後者の恋桜&秋色は生で聴いてみたい欲ありますが。

じゃあどこのメーカーのライブなら行ってみたい(開催してほしい)かと言われれば、やっぱり戯画になるのかな。
ほとんどI'veのライブと変わりないことになりそうですがw
Selenは完全に別の形に引き継がれてしまったので、完全に望みが断たれましたね。(しつこい)

戯画といえば少し前に新作「BALDR HEART」のOPムービーが公開されていますね。



やっぱり今回は歌のパワー不足が否めない感じが…。
ムービーは相変わらずの神月社さんクオリティで、かなり魅力を引き上げてるとは思うんですけどね。
24日に秋葉原でイベントあるらしいので、それまでに仕事のヤマを越えていれば行ってみようかな。
確か23日納期だったから大丈夫なはず。
そういえば5月の体験会の時のもらった缶バッジ、いまだに仕事用鞄の中に入れっぱなしにしてて時々うっかり外に出そうになるんだよなあww
(そんなこと言ってるならこの後すぐ外に出しとけよって話ですが)


そんな感じ。結局今週は目的のブツが届かなかったので引き続き待ちの状態ですzzz
(追記:今日の夕方発送通知が来ていたので、週の中頃までには受け取りできそうです)

サクラノモリ†ドリーマーズ プレイ雑感その3+まとめ

さて、早いもので、「サクラノモリ†ドリーマーズ」のプレイ雑感は今回でラストになります。
ストーリーの最後までと、全体のまとめをざっくばらんと。


○11章~終章(14章)
11章はヒロインとデートしたりえっちぃことしたり。
割と普通にギャルゲーやってます。
あれだけ悩んだり苦しんでいた主人公ですから、色んなしがらみから解放されてヒロインといちゃつく様を素直に祝福してあげましょう。

12章で秀典の過去が明らかになると同時に、倒したはずのジョーカーの影が再び現れ、13章で最終決着、そして終章へって感じになります。
これでひとまず完結。


総評ですが、トータルで見るとなかなか評価しづらい。
ぶっちゃけると、サスペンス系読み物として作品を見てみると評価はやや厳しくならざるを得ないかもしれません。
後述するポイントのほかにも場面展開の順番などなど、気になるところは結構あったり。
ストーリーの先が分かりやすいのはこの際あんまり評価には影響しないかな。
良くも悪くも予想しうる範疇で終わったので、ストレスがあまりない代わりに、感動やサプライズもなかったというか。
あとは、ergというよりどことなくラノベっぽい感じがするのがイマイチ自分の中での評価繋がらなかった原因かも。感覚でしかないけど。

飛び抜けてコレといったキャラはいませんが、ヒロインはどれもそれなりに好感は持てるキャラになってると思います。
主人公がどうしても刺々しくなってしまうので、それとのバランスを取るためにある程度常識人で落ち着いたキャラにする必要があった結果かもしれませんが。


さて、あとは個人的に気になったマイナスポイント


①サブキャラのテキストウィンドウでの名前表記
前にも少し触れましたが、ちゃんと名前があるキャラなのに「○○の母」「○○の姉」とかって表記されるのはどうよ。
シナリオの中身云々を語る以前にしようとしてどうなんですか、これ。こんなの初めて見たぞw

②「Others' view」
このゲームでは時折、主人公以外の、つまり他者目線で物語が進むシーンがあります。

が、


その実、数クリックですぐ主人公視点に戻るので、別にわざわざ「Others' view」なんて断り入れる必要ないと思います。
ザッピング機能が活きるストーリー展開ならともかく、これはあまり要らなかったかなあ。
あ、でもデートや海に行く前に着ていくものとかで悩むヒロインたちの姿はよかったですね。


システム周りだと、場面の切り替えがもたついたりスキップボタン押した時に反応するまで多少時間がかかったりする点が気になりました。
あと、ヒロインの個別ルートを決める選択肢が少ないうえに間が空くので、シーンを丸ごとスキップできる機能があるとよかったかも。


トータルのプレイ時間はどのくらいになりますかねえ。
他の作業しながらで正確な時間は分かりませんが、初見の1周目で10~12時間くらい?
色々不満を語る部分が多かったのは事実ですが、「つまらなかったか?」「駄作、凡作か?」って聞かれるとそこまででもないような気がします。
プレイ中はあまりだれることなく読み進められましたし、わざわざ平日の夜の時間まで使ってプレイして3~4日で終わらせているあたり、プレイしてる最中はそれなりに充実していたんじゃなかろうか。
地雷というほどのものでもないし、フルプライス分の価値はあると思います。一応。
評価を付けるとするなら「佳作」くらいにはなるのかな。

キャラデザが気に入ったとか、ちょっと影のある主人公のゲームをやってみたいとか、雰囲気に惹かれたっていうのなら買ってもいいのかな。
間違っても、バトル方面に期待して買うのはNGです。(そもそも公式のジャンルにサスペンスって書いてあるからね)

サクラノモリ†ドリーマーズ プレイ雑感その2

さて、「サクラノモリ†ドリーマーズ」の雑感の続きです。

○2章~5章
2章で新たにヒロインの美冬が追加。
美冬も暮羽同様一見するとクールキャラっぽいですが、割とそうでもなかったり。
というかおっとり系の真幌と元から好感度MAXの初音は置いておいたとしても、ヒロインがどいつもこいつも割とちょろい。
個人的にはサスペンス系で小難しい話が続く中、面倒くさい性格のヒロインがいたり恋愛面でもややこしかったりするとやる気減退なので、このくらいでいいと思います。
意図されたものか分かりませんが、割といい塩梅だったんじゃないかな。
あとは黒幕と思われるジョーカーとの接近があったり。

余談ですが、1章ではなんだかんだで喫茶店で事件が起きたり決着を付けることになるんですが、事件後すぐに新しい喫茶店が入って、変わらず盛況しているとのこと。
しかも訳アリ物件なのもあって場所代が安かったのか、値段も以前より安く抑えられていて学生にもさらに人気……

っておい!w

「お前ら酷い事件があった店でよく呑気に飯食えるなあ」とw
詳しい事情を知らない一般客なら、多少の気味悪さも感じつつ値段と味に釣られるっていう理屈も分かる。
ただ、主人公たちは事件の真相を知っていて、しかも散々胸糞悪い光景も見せつけられたはずなんだが……。
普通の感覚なら、躊躇するものだと思いますけどね。


3章はヒロインたちと遊園地デートなる、数少ない癒しシーンが。
ストーリー全体が重苦しい雰囲気で進んでいくので、息抜きにはいいかなと。
せっかくのお楽しみもつかの間、またすぐきな臭い方向に話が進んでいくんですけどね。
っていうか、割と立ち絵アリのキャラがばっさばっさ死んでいくのが何とも。
しかも、街中では頻繁に失踪事件や不慮の事故が起きて半ば日常化しているとはいえ、これまで関わりのあった人がいなくなってもすぐに誰も気にしなくなるという力技。
いや、短期間でクラスメイトが2人もいなくなったらさすがにリアクションがもっとこう……ね?
葛木は自分の部屋のマネキンに盗んできた体操服を着せるような変態野郎でしたが、なんか現実にいそうだなとなんとなく思いました、まる

4章…は特に大した進展はないかな。
主人公が前々から怪しいと思っていた教師の塚田を本格的に調査しようと決意するくらいか。

5章は4章から出てきた亜利砂が相手の話。
ここまでやってみて、勧善懲悪といかないまでも(そもそも主人公たち(主人公)が善と言いきれるわけでもないし)、因果応報な結果に落ち着いてるのは割と好印象だったり。
どの犯人も最終的には悪霊(ボダッハ)に取りつかれていたとはいえ、どいつもこいつも精神的にイっちゃった連中ばっかりなので、特に良心が痛むことなく。
亜利砂なんかは改心して、以降主人公の周りをちょろちょろまとわりつくウザカワキャラになったりするかとも思ったんですけどね。
容赦なくブスリといきましたよ、ブスリと。

で、新キャラとして暮羽の姉の芹那登場。
サクラノモリ・ドリーマーズ(何回見ても恥ずかしい字面だ)とは別に単身でボダッハ狩りをしているようです。


文章量のバランスも加味して、ついでにもう1日分。


○6~10章
亜利砂の件が片付いて再び塚田の調査再開、からのジョーカーの正体を突き止めて倒すまで。
要するに一連の事件解決ってことです。
いやあ、たまげたなあ。
ジョーカーを倒すにいたるまでにもう1つくらい事件挟むのかなーとも思いましたが、ここまでの尺を考えれば割とこのくらいの長さが妥当といえば妥当なのかも。

ジョーカー(黒幕)の正体はそこまで意外な人物ではなかったですね。
半分くらいの人は「あいつかなあ」と最初の段階で予想はついていそう。
若干ミスリードを誘おうとするような表現が所々あったような気もしましたが、全体的にその辺はちょっとテキストが弱いかな。
「下手なもったいぶり」程度で若干空回りだった気がしないでもないです。

あとはまどかとの別れもしっかりと。
「死んだ幼馴染(元恋人)の幽霊」ですからね。
そもそもの設定が卑怯ですよ。
何も感じないわけないやんけ。

10章はヒロインのルート確定までの繋ぎ回?って感じかな。
こう言ってしまうと実も蓋もないけど。


次の章からは個別ルートになるんですかね?
ここからまともにギャルゲーやれんのかい?っていう気がしないでもないですがw
もしくは、秀典の過去の調査を依頼したり、まだ完全に事件が解決していないようなことを匂わせる部分もあったりで、もう一山あったりするのかもしれません。

サクラノモリ†ドリーマーズ プレイ雑感その1

こんたっく。久しぶりにゲーム雑感です。

今回はMOONSTONEの「サクラノモリ†ドリーマーズ」です。
ジャンルは「学園アクションスリラーADV」になってますが、異能アクションバトル的な要素もあったりします。
いつもだったらリアルタイムで区切りが付いたごとに更新するところですが、今回は既に全編プレイ済みです。
大外れだった時が悲しかったので^^;
バトル要素が入ったものは当たり外れ大きいですからね。
体験版が良くても体験版詐欺のケースもあるし、油断してはいけない。
タイトルに厨二の象徴の一つ「†」が入っていることにも一抹の不安を覚えますが…。

そんな中、なぜこのゲームを購入したかというと、ありていに言えば「メーカー買い」になるんですかね。
MOONSTONEといえば、「Gift」以降の萌え系のイメージが強いと思いますが、自分の中だとそれ以前の「あした出逢った少女」「何処へ行くの、あの日」のようなサスペンス系作品のイメージが強かったので、そういうことなら久しぶりにやってみようかなと。

前置きはさておき、ざっくりと本編の感想に入ります。
ネタバレ等は特段考慮しないつもりなので、気になる人は注意。
それと、細かいキャラ紹介は公式見てねってことで大いに端折る予定。
(区切りは実際にプレイした時の区切りで)

○序章~1章

序章はゲーム本編を基準にすれば3年前の話。
舞台となる街の背景や主人公を取り巻く環境(+過去の事故)の大まかな説明。
ヒロインは従姉の初音以外はまだ出てきません。
公式のキャラ紹介にもあるのでぶっちゃけますが、序章の終盤で幼馴染のまどかが死にます(殺されます)。
で、主人公がその犯人への復讐を決意するといったところで導入部分終了。

1章はサクラノモリ・ドリーマーズの仲間(ヒロイン)たちとの出会いと最初の事件。
舞台となる主人公たちのいる桜之杜では、人の失踪や不慮の事故など不可解な事件が起き、その頻度も高まっている様子。
なんでも、悪霊(ボダッハ)に取りつかれて行われた殺人は痕跡が残らず、それが人の失踪の真相なんだと。
主人公は過去の事故以来ボダッハが見えてはいたのですが、ただなんとなく嫌な存在と認識しているだけでそれに対する正確な知識は持ち合わせておらず、クラスメイトの失踪をきっかけに知り合った暮羽からそのことを聞きます。
そして同時に、ボダッハを倒す存在も。

犯人ひいてはホバッハに取りつかれた人を倒すには夢の中の世界で決着を付ける必要があるみたいですが、なんと夢の中で死んでも現実世界ではノーダメージとのこと。なんというご都合展開!!っていうか、昨今のゲームではバトルものの設定までヌルゲー化してるのかよ!!wwというのが率直な感想。
そのかわり精神面にしっかりダメージを負うらしいんですけどね。
だから、夢の世界では腕っぷしよりも心の強さが大事なんだとか。
あと、夢の中の世界で戦うには夢の中の世界へ導入してくれる人物が必要なのと、2人組で戦うようにしてるんだとか。
前者を真幌が、後者を暮羽と主人公が担うとのこと。
で、先に出たご都合ルールを活かして(?)、最初の戦闘でいきなり暮羽が死にます。(夢の中でのことなので現実ではちゃんと生きてますが)
いや、いくら実戦が約2年ぶりだからって経験者がいきなりそんなあっさり死んだらダメだろww(本人は「夢の中の世界でやられるのはこれが初めて」とか強がり的なこと言ってますが)
主人公なんか初実戦ながら、腕を切り落としてまで戦闘続けるというガッツを見せつけたというのに。
しかも、夢の中の世界で死んだ暮羽は現実世界に戻った後すぐ夢の世界に入り直すしw
死んですぐ夢の世界に入り直すと酩酊状態のような感覚に陥るという若干のデメリットがあるものの、「そんなんでえーんかい」という感じが正直ぬぐえない。
これはこの先の展開が大いに不安になりますねえ…。
全体的には、なかなかどうして好きな方なんですが。

さて、今回早速登場したヒロインの暮羽ですが、意外と悪くないかなと。
こういう凛とした大和撫子タイプは性格キツめでクールなのが相場ですが、そんなことはなく割と親しみやすい感じです。
真幌はこの時点ではいまいちコレといった印象がないです。
弟がかつて主人公と同級生で、その弟もすでに死んでいるっていう繋がりくらいですかね。

それにしても、チーム名の「サクラノモリ・ドリーマーズ」って、もう少しいい名前なかったんですかね…。

秀典と教師の塚田の目がうつろで怪しいなあと思いつつ、この日はここまで。

働くオトナの恋愛事情 プレイ雑感 その4(まとめ)

こんたっく。

休み明けの仕事後ですが、アスカルート終了。
CGもシーン回想も全部埋まったし、変な隠しルートとかなければひとまずこれで攻略終了になるのかな。
(アスカ以外のヒロインの個別ルートの雑感は過去の記事を参照してください。優里香→雑感その1、美優&ともえ→雑感その2、紗夜子→雑感その3

アスカは結構小悪魔的な感じで主人公を振り回してくるのかと思いきや、案外そうでもなかったですね。
むしろ初めからデレッデレ。
まあ、それも彼女の過去を考えれば当然のことなんですけど。
個別ルートの率直な感想を言えば、一番ergらしいご都合的な展開だったのかなという印象を受けました。
(他のルートも多分に漏れず、ご都合展開なのですが^^;)
ちなみに、アスカの隠し事はユーザー視点からすればすぐに分かると思います。

それと、アスカと紗夜子は13話、他の3人は14話と若干話数が違います。
昨日紗夜子ルートやったとき、若干オチが唐突に感じたのは、14話だと思いこんでいたところ、13話で終わってしまったからかもしれないですね。

紗夜子ルートやってた時に、犬プレイがあるかと思ったらなかったので拍子抜け?しましたが、こっちには「猫」がいました。
猫下着は最近イラスト界隈で流行ってる(と思う)猫ランジェリーの先を行き損ねましたね。惜しいw


さて、改めてゲームの総評に入ります。

トータルで振り返ってみて、自分の中では良作判定してもいいかなと思います。
体験版の雰囲気を大きく損なわずやってくれたので。

ただ、前にも少し触れましたが、もっと深く読み応えのあるシナリオとか大人の世界の話とかを期待した人からすると、評価はもう少し下になると思います。(テキスト自体がダメだったというわけではないです)
加えて言えば、ゲームに対する評価が良い人も悪い人も、尺の長さに不満を覚える人は結構いるんじゃないかなあと。
自分の場合は、良い意味で尺に不満(=もう少しこのゲームの雰囲気を味わいたかった)っていう感じでしたけど。
各ヒロインごとに一応ヤマ場らしいものは用意されていますが、結構あっさり乗り越えていっちゃいます。
そのヤマ場でもう少し粘らせたり、あと一つ二つヤマ場を増やしてくれてもよかったのになあとは思いました。
まあ、これ以上各ヒロインのルートが延びても冗長気味かなあ…っていうのもありましたし、話が深くなりすぎると雰囲気ゲーとしての居心地の良さみたいなものが失われてしまう気もするので、その辺のバランスはなんとも難しいね、という理解はしているつもりですけど。
FDかアペンド配信なんかでなんとかならないものかと思いつつ、次回作に今作のコンセプトを若干アレンジしたような作品が予定されていてFDは期待薄だし、アペンド配信やるとしても毎月やるネタがあるんかいって話。
そういう点では、季節ごとにイベントがある程度用意されている学園モノは強いなw

全ヒロイン攻略した後ですが、ヒロインの中では自分はやっぱり優里香が一番好きかな。
他のヒロインも結構満遍なく好きですけどね。
性格をテンプレ性格に無理矢理当てはめようとせず、みんな反応が素直で、自分の気持ちにストレートなところも好感が持てました。
見ていて変にやきもきしたりストレスを感じたりしないし、このくらいシンプルで分かりやすくていいんですよ。
その辺が各キャラやゲームの雰囲気を受け入れやすくしていたのかもしれません。
あとは男キャラ(課長とマスター)の存在も。
やっぱり味のある男キャラがいてこそ、作品も引き立つものだと思いました。

BGMはOP曲をはじめ、バーの雰囲気に合ったジャズっぽい曲が多く良曲揃いでした。
OPのフルを早く聴きたいですが、霜月さんのアルバム待ちになるのかねえ。
発売前の段階で分かってはいましたが、やっぱり特典のサントラにOPのフルは入れてほしかった。

あとこのゲームはメインヒロイン以外と浮気Hができる(シーンによっては選択肢で回避可)んですが、個人的にはインストラクターアナウンサーがよかったなと。完全に個人的趣味です、はいw

あとは、用語集でカクテルの勉強ができたりもしましたし、堕落した社会人へのいい啓蒙にもなったりしたんじゃないですかね?
「引きこもってゲームばっかりしていないで、新しい世界に一歩踏み出してみろよ」みたいなw
このゲームで初めて「ニコラシカスタイル」の存在を知りましたが、ちょっと自分は飲めそうにないですねw
自分が一番好きなカクテルといえば、「キティ(赤ワイン×ジンジャーエール)」かなあ。
焼酎とかウィスキーよりワインの方が身体に合う(気がする)のは生まれの問題なんですかね?w
ジンジャーエールも単品だと普段飲まないけど、この時だけは飲める。


少なくはない本数のPCゲーを過去にやっていて、最近の作品には目新しさを感じずあまり惹かれることがなかった自分が久しぶりに興味を持った作品としては、結構よかったと思います。
チャプターごとに区切られていて、ゲームの雰囲気と相まって気楽にプレイできるという点でも、前みたいにじっくり腰を据えてPCゲーをやることが若干億劫に感じ始めてる今の自分にとって、割とハマった作品のような気がします。
シナリオの濃淡とゲーム内の雰囲気とのバランス調整とか、改善すべきというかまだまだ煮詰めていってほしい部分はあります(人によってこの辺の感性は違うし、完全にいちユーザーのわがままなんですけど)が、結構自分はこの系統はアリだと思ってます。
次回作もなんとか上手く作ってほしいなあと期待しています。

『働くオトナの恋愛事情』を応援しています!
※2/3追記
2/12~15に人気投票実施、1位になったヒロインのサブストーリーのアペンドパッチが配布されるそうです。
1位にならなかったヒロインを好きな人にとっては逆に辛くなりそうですが…。
というわけで、ここを見ていて特に投票先が決まっていない人は是非優里香に投票お願いします|д゚)
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる