予想外

まさかこの時期に辞令が出るとは……。

同じ担当内の他の人が異動になるのは知ってて、その人の業務を引き継ぐのが本筋だったからさすがに自分も異動で今の担当離れることになるとは思わんかったわ。
というか、そんなの全く知らないで予定組んでたので、来週出張で3日間不在なのがきつい。
引き継ぎどうすんねん、ボケ。

「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」感想(初日舞台挨拶回)

こんたっく。また間が空いてしまって久しぶりの更新です。

滅多に映画に行くことはない(映画館まで行くのが面倒くさい)自分ですが、今日は久しぶりに行ってきました。

「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」!!

IMG_0811.jpg

ついでに言うと、公開初日、初回上映の舞台挨拶回でした。

早速ですが観賞後の感想。
当然ですが、ネタバレありなので、嫌な人は回避してください。
キャラ設定など個々の作品に関する詳しい説明や解説は省きます。
そもそも作品知ってる人じゃないと興味持たないだろうし。

先に結論から言うと「良かった」です。
観るまでは「ギャバン THE MOVIE」の出来がちょっと物足りなかった(特にアクション)のと、「シャリバン、シャイダーのVシネマ撮った坂本監督だし、大丈夫だろう」という感じで、不安と期待が半々だったので、安心しましたw


全体的な話の作りというかお互いの立ち位置は、「突っ走るギャバンをデカレンジャーがフォローする」っていう感じですかね。
アクションの見せ場もどちらかというとギャバンの方が印象に残る気がします。
なので、「今作はデカレンの方に期待して、ギャバンはあまり興味ない、知らない」という人にとっては若干物足りなく感じるかもしれないですね。
個人的には、ギャバンとデカレンのそれぞれの色が立ち位置として表れていてよかったなと思っていますが。
特にデカレッドは他と比べてやや出番が少ないながらも、ギャバンのピンチに現れたりとかなり美味しい役として動いていたと思います。


アクションについては、「極力CGを使わずワイヤーアクションにこだわる」が持ち味の安定の坂本監督で良かったです。
上のデカレッドが助けに来るシーンとか、さすがにCG使うシーンもありましたけど。
あの避け方どこかで見たことあるなーと気になっていましたが、あれってバイオ5のウェスカーの避け方に似てますね。
今これ書いてる最中に思い出しましたw

終盤のギャバンとデカレンの戦い方もいい対比だったと思います。
ギャバンがマッドギャランとの1対1の殴り合いだったのに対して、デカレンは障害のあるステージでの銃を用いたチーム戦。
デカレンの方はサバゲーというかFPSみたいだなあと思いながら観てました。
名乗りが戦いながらだったのは賛否両論あるのかな。
面白いなと思う反面、ちゃんと名乗ってほしかったという気持ちもあります。
あと、全員でポーズ決めるところはてっきりお約束の爆発があると思ったのになかったww

生身のアクションはデカレンの男性陣がみんな背が高いのに対して、ギャバンが小さいのが目立ちましたねw(オーコメでも石垣さん自身が言ってました)
これもある意味いい対比だったのでしょうかw

当初は上映時間が90分弱ということで、どれだけストーリーとアクションのバランスを取るのか気になっていましたが、振り返ると作品中ずっとアクションシーンだったと感じるくらい濃厚で充実していたと思います。

あ、ボスも戦うよw(残念ながらスワンさんは戦いませんでしたが)

あと、ギャバンとシェリーがいかにも仕事のパートナー以上の関係みたいに描かれていましたが、ギャバン、お前地球に惚れた女残してきてるだろうよww(ギャバン THE MOVIEのラストで吹っ切ったようにも読み取れますが)
シェリーがギャバンに掘れてるのは確定事項ですけど。

「変身ポーズが割と似ている」というのは、オーコメで言われて「なるほど」と思いました。

ちなみに、事前に「ギャバン THE MOVIE」「デカレンジャー 10 YEARS AFTER」のほかにシャリバン、シャイダーのVシネマも見ておいた方がいいということでしたが、観てて納得しました。
冒頭の麻薬取引だったりトラックに振られるシーンだったり、オマージュしてるシーンがありましたね。

余談ですが、一つ懺悔をすると今回どこかでシャリバンとシャイダーが出てくるんじゃないかと期待していましたwww
大葉さん(初代ギャバン)ですらあのくらいの出番だったので、さすがに今回は入り込む余地がなかったですねw
いや、一応出てくることは出てくるんですけど。(後述します)


以上がギャバンVSデカレンの感想。
以下、「ガールズ・イン・トラブル」の方も簡単に。


ギャバンVSデカレンの前日譚という位置づけの話で、ギャバンVSデカレンに出た女性陣のほかに、シャリバン、シャイダーの相棒のシシーとタミーも出ます。
冒頭は何度も死んで(殺されて)生き返ってを繰り返すループもの的な作りになっていて、若干ホラーというかオカルティックな感じ。
ネタバレすると、全部シミュレーションだったんですけどね。

ギャバンVSデカレンでデカイエロー、ピンクと紅牙が顔見知りな感じだったり、なぜ初めから敵がシェリーの変身能力目当てだったのかなど、こっちを観て「ああ、そういうことだったのね」と初めて分かることもしばしば。
なので、観るならやはりセットで観た方がいいと思います。
ギャバンVSデカレンでデカレンのアクションシーンが物足りないと思う人はこっち補充しましょう。(といっても出てくるのは女性陣限定なのでイエローとピンクだけですが)


舞台あいさつでは各々が語る見どころや撮影の裏話、(あるとしたら)次回作以降でやりたいことなど。

IMG_0813.jpg IMG_0815.jpg IMG_0814.jpg

最後に本編のストーリー以上に重大なネタバレ(※これから観ようと思ってる人は、本気でここから先は見ない方がいいです)









物語のラストでギャバンがスペース・スクワッドの初代キャプテンに任命されましたが、そこで(多分)候補に挙がってるメンバーのカットが出てきます。
出てきたメンバーは以下のとおり。(※パンフレットの最後のページにもまとめられていますが、作中には他にも出てきています)

スーパー戦隊:ファイブマン、フラッシュマン、メガレンジャー、ギンガマン、デンジマン

メタルヒーロー:シャリバン、シャイダー、ジャスピオン、ジライヤ、ビーファイター、ビーファイターカブト、エクシードラフト、ジャンパーソン、ブルースワット、ジバン

メタルヒーローで一番好きなシャリバンが出てきたのは嬉しかった(むしろ宇宙刑事なので出ないわけがない)ですが、ジライヤがいたのは大きな嬉しい誤算でした。
後から思えば、紅牙がいた時点で出ないわけがなかったんでしょうけど。

劇中でジャスピオンのカットがありましたが、まさか最後にこれだけ出てくるとは思いませんでしたw
今後の作品に、ここにできた全員が出てくる保証はないですけどね。

そうなると、今度は出番がいつになるのか気になるわけで。

順当に行くならギャバンの次はシャリバンなんですが、宇宙刑事をいきなり続けて出すかなあという気も。
間に他のメタルヒーローを挟むか、他のメタルヒーローと共演という形も考えられるのかな、と思っています。
(その辺は今後何作に分けてやっていくかの兼ね合いもあるんでしょうけど)

シャリバンがスーパー戦隊と組むならどれがいいかと自分で考えてみた時に、Vシネマの時の共演者繋がりでゴーバスアバレンか、いやそもそもシャリバン自身がゲキレンじゃん(中の人的な意味で)と思いましたが、オーコメでは顔見せで出てきたスーパー戦隊はみんな何かしら「宇宙」に関係があるということで、今後のシリーズに出てくるのもそういった戦隊が対象になるなら、残念ながら望みは薄いということになってしまいますね。
その点、デンジマンはまず間違いなく大葉さんが絡んでくると思いますけどね。カットに出てきたのもデンジブルーだしw
ま、出てくれればなんでもいいんですけどね。



いや~、この日は映画館で見たのと、家に帰って昼飯食いながら見たのと、この記事を書きながらオーコメ版で観たのを合わせて、全部で3回も観ましたw
特撮ファンでなくとも、「小さい頃に特撮を観た」という人にはぜひ見てもらいたいな、と。

IMG_0816.jpg

「話の大筋は考えているが、次回作以降をやれるかどうかはまだ正式には決まっていない」とは言ってましたが、ここまで風呂敷広げてやらない選択肢はないでしょう。
大井に期待したいと思います。

適当語り

気が付けば6月になってもう1週間経ちそうですね、こんたっく。

とりあえずここ2週間の週末の覚え書き。

先週はZOZOマリンへ、今週は東京ドームへ。

IMG_0748.jpg IMG_0742.jpg
S0158352.jpg S0198356.jpg S0308415.jpg S0268386.jpg

マリンは連敗でしたが、東京ドームは3連勝でした。
一昨年の借り(3連敗&森脇休養)は返せたのかなと。
今年は負け試合しか観ていなかったのもさることながら、寒い内容の試合しか観ていなかった(金曜のロッテ戦除く)ので、久しぶりに現地で興奮する試合を観ることができました。外野席で飛び跳ねてはしゃいだw
まあ、あの展開で追いついて、さらには延長戦で勝てるとは誰も思ってなかったでしょうね。

これで今年の現地観戦成績は3勝3敗の五分。
次に現地行くのは7月のメラドの予定。
今年の夏の陣はどうしようかなあ。
今のところ、そこまで是が非でも行きたいっていう状態ではない。

そういえば今週末はオールスターの先行抽選がありますね。
マリンなんで今年は当てたいなあ。


あと、土曜日は久しぶりに焼き肉したり。

IMG_0775.jpg IMG_0773.jpg IMG_0776.jpg
(肉焼いてる写真が、タン塩並べてるやつしかなかったw)

ちなみに今日は有休だったので、今週は4連勤でちょっと気が楽。
割とやるべきことはあるんですけどね……。

北海道出張は7月以降に先延ばしになったけど、執行猶予期間が伸びただけで気が重いことには変わりないzzz

萌えゲーアワード語り

珍しく連日の更新です。

何もしてないのに土曜日からブログのアクセス数がちょっと伸びていて、気になって調べたら、萌えゲーアワード2016の結果が発表になっていたみたいですね。
受賞作の雑感をいくつか書いていたから、それを見に来た人達がいたのかなと。

ちなみに、自分が書いていた雑感は以下の3つ。

「銀色、遥か」(tone work's)→雑感1
「働くオトナの恋愛事情」(あかべぇそふとすりぃ)→雑感1
「サクラノモリ†ドリーマーズ」(MOONSTONE)→雑感1

軽く振り返りつつ、それぞれについてコメント。

「銀色、遥か」は割と妥当かなと。
雑感の中でも自分にしては珍しくシナリオ面について褒めちぎったような記憶があります。
ただ、そこでも指摘しましたが、テキスト量のあるシナリオにとっては割と致命的な「話の起伏のなさ」が足を引っ張るだろうなとは思っていて、そういったとこをも含めて他の人にどこまで評価されるかなと思っていましたが、それなりの評価は得られていたようで。

「働くオトナの恋愛事情」も、なかなか見ないコンセプトと設定を活かして、いい雰囲気の作品に仕上げてくれたので自分の中では割とお気に入りの作品。
ただ、受賞したジャンルが「エロス系作品賞PINK」なのは、なんか気持ち違うw
他に該当するものがなかっただけかもしれないけどね。
決してエロが売りというわけじゃないというところは、これから手を出そうと思ってる人には勘違いしてほしくないかな。

「サクラノモリ†ドリーマーズ」は……うーん、どうなんだろうww
キャラ萌え作品が多くはびこる昨今では割と目新しく映った&自分の中の「MOON STONEというメーカーが作る作品といったらコレ」という感じの作品にはなっていたけど、ここまで評価されるほどかというとちょっとどうかなあ。
システムやプレイ環境周りも、昔からあるメーカーとしてはどうなのっていうところも目についたし。
そういえば「2」が出るんだよなあと思って公式見に行ったら、まどかメインの作りになるんですね。
多分ユーザーからの要望が結構あったんだろうなあと推測。
人にとっては結構嬉しい一作になるとは思いますが、自分が手を出すかとなると、うーん……。


他に記事にまとめていた作品にはBALDR HEART聖鍵遣いの命題がありましたが、こちらは特にノミネートされず。
BALDR HEARTは分割したりせずに一本でまとめていて結構悪くないと思ったんですけどね。
ただ、こういったところに顔を出すにはパワー不足だったか。
聖鍵遣いの命題は明らかに続編ありきというか、話の中身が一般的なゲームと比較すると体験版に毛が生えた程度の内容しかなかったので残当。


その他の受賞作品について、思いつく限り一言ずつ。

「ワガママハイスペック」
頭のネジが飛んだ知り合いが推してた作品なのもあって、萌えゲーアワード内のユーザー投票でトップを獲得した時もネタにしか見えなかった。しかし、大賞まで取るとは……。確かにゲーム以外の色んなところに顔を出していたなあという印象はあった。その辺の楽しみは、ゲームをやっていない自分には分からなかったんでしょうな。

「まいてつ」
発売前から「まあヒットするんだろうな」という感じはあった。FLATとしての新作は?

「千恋*万花」
なぜか自分の周りはゆず信者が多い。ただ、自分の好みとはちょっと違う。

「Re:LieF」
やるやる詐欺で結局やらずじまい。発売前の販促とかには結構顔出してたんですけどね。過去の傾向からして、ここまで評価されてしまうと自分の中で変なフィルタがかかってしまうので、残念ながら今後やる機会はないと思う。

「ハナヒメ*アブソリュート」
体験版はやってみたものの、ゲームバランスがいまいち「?」な感じだったので購入回避。その辺改善されてこの評価なんですかね。

「放課後3」
「1」は確かもう10年以上前の作品ですよね?古参の抜きゲーメーカーが元気に新作出してるの見ると、なぜか安心するw

「オトメ*ドメイン」
体験版始めていきなりヒロインがボトラーしはじめたので速攻ゴミ箱行き。主人公が女装してることから元々キツイだろうなとは思っていましたが、思わぬ方向からKO食らいましたww


【総括】
タイトルに「*」使うの流行なの?


久しぶりにゲーム語ってるついでに気になる新作情報を2点

前作の「あかときっ!」も結構好きだったので楽しみにしてます。
その前に「Re;Lord」の最終章出るんだっけか。まだ2を途中で積んでる段階なんですよねえ…(目そらし)

んでもって、もう一つ

はあ~~(ため息)
またスタッフ入れ替えかよ、勘弁してくれよ。
「働くオトナの恋愛事情」→「働くオタクの恋愛事情」ほどの差はないけどさあ。
せっかく良さげなジャンル見出してもこういう扱いで浪費するのはなんか勿体ないなあと思ってしまうわけで。
結局、唯々月たすく呼び戻した「新妻LOVELY×CATION」もバグの話ばっかりで肝心の作品の評判聞かないしでなんだかなあ。


最後に余談ですが、4月に出る新作どうなったんだったかな~と思って今更HP見に行ったら、Lassが本格的にダメそうで悲しい。
ミドルプライスで純愛と凌辱エロ出す路線は見込みあると思ったんだけどなあ。
http://lass.jp/lasspixy/puremarriage/serika/index.html

適当語り

こんたっく。

気が付けばGWから早や2週間、つまり最後の更新から2週間3週間経ってしまったわけですね。
しかし、これといってブログの記事にするようなネタもなく……。

今後は定期的に北海道の片田舎まで出張に行かないといけないことになって「うわー、面倒くせー」ってことになったくらい?
マイルカード作らないと()

あとはこの土日がいずれも30度近い暑さを見せて、そろそろ仕事着もポロシャツに替え時かななんて思うんだけど、朝晩の涼しさと何より電車の中の冷房の寒さを考えると、まだちょっと躊躇してしまいますね。

う~ん、ネタがないw
アクセスカウンター
これまでの訪問者数 現在の閲覧者数 ↑2016/9/12設置。色々模索中。※記事のタイトルが表示の仕様上見切れたりしてしまうので、確認したい場合は「人気ページランキング」をクリックしてください
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
モブログ
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログ概要
ヌルオタが本音と本性を晒すチラ裏ブログ。 主な話題は戯言のほか、野球やゲームが中心になります。 転勤の結果、2年ぶりに帰ってきました。
(ヘッダー画像は全部で10種類)

有益な情報の発信よりも、自分に対する備忘録の意味合いが強いブログです。だから、「チラ裏ブログ」
※旧ブログから引き継いだ(2013年9月23日以前の)記事内にあるリンク先は旧ブログになっています。ご了承ください。
プロフィール

Tac(久遠@白熊、E-ton)

Author:Tac(久遠@白熊、E-ton)
挨拶は「こんたっく(※こんにちはorこんばんは+Tacです)」。ブログ創設5周年を目前に、移転を決意しました。
twitterと名義が異なっているのは仕様ですw

3DSのフレコは「1478-4228-6867@クオン」になります。登録は自由ですが、登録しましたら、コメントなりメールフォームなりでフレコと併せてご連絡をお願いしますm(__)m

過去の遺産(旧ブログ)
2008年11月~2013年9月の約5年間更新。一部では「エロゲーのレビューサイト」とか言われていたりw2013年9月22日以前の記事はこちらの方が見やすいと思います。※時々こっちの記事のバックアップとしてログを更新しています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メアド
リンク
応援バナー
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる